スポンサード・リンク

(* ̄∇ ̄*)ゴルジ腱器官と反射の話

2017年11月5日 0

ゴルジ腱器官にはIb線維が分布している。筋が収縮するとIb知覚線維が腱器官の線維に挟まれて興奮する。 筋が収縮する。 ゴルジ腱器官のⅠb知覚線維が興奮する。 脊髄内で介在ニューロンとシナプスする。 介 […]

( ̄* ̄)固有受容性姿勢制御の話

2017年1月21日 0

“(-“”-)”題名:固有受容性姿勢制御の話 深部感覚:空間における姿勢の気づきや運動感覚、位置感覚、運動の抵抗感覚、重量の感覚、努力感覚、筋収縮のタイ […]

( ̄∇ ̄*)ゞ橈骨神経の話

2017年1月18日 0

( 一一)題名:橈骨神経の話 橈骨神経は、後神経束の延長である。 腕神経叢中最大の枝である。 上腕および前腕後面の皮膚や筋を支配する。 手では皮膚の一部を支配する。 腋窩を出た後、上腕深動脈と伴行して […]

( ・ε・)神経と伝導速度の話

2017年1月7日 0

(#^.^#)題名:神経と伝導速度の話 神経は伝導速度の相違からA、B、Cの3群に分けられ、さらにA線維はα、β、γ、δ線維に細分される。 A線維は体性有髄求心性・遠心性線維であり、B線維は有髄遠心性 […]

(〃ω〃)神経線維と種類の話

2016年11月18日 0

“(-“”-)”題名:神経線維と種類の話 神経線維 A(有髄)α A(有髄)  β  γ A(有髄)  δ B(有髄)(自律神経) C(無髄) 感覚神経 […]

ヽ( ̄▽ ̄)ノ脊髄と伝導路の話

2016年8月19日 0

(^o^)題名:脊髄と伝導路の話 運動性(下行性)伝導路 錐体路に属するもので脊髄を下行する伝導路:随意運動 外側皮質脊髄路(錐体側索路) 線維は終脳(大脳半球)皮質からおこり、延髄の錐体を通り錐体交 […]

(≡^∇^≡)手根管の話

2016年7月21日 0

( *´艸`)題名:手根管の話 屈筋支帯と手根骨(大菱形骨・小菱形骨・有頭骨・有鈎骨・豆状骨)によって1つの管が形成されるが、これを手根管とよぶ。 手根管は中隔(大菱形骨に至る)によって橈側の小管と尺 […]

(;・∀・)神経細胞の話

2015年10月15日 0

(^o^)題名:神経細胞の話 神経機能を担う神経細胞(ニューロン)は、一般細胞に比べ特異な形態をした細胞である。 細胞は大きくわけて細胞体と1本の軸索および数本の樹状突起からなる。 また細胞体には木の […]

(T_T)α-γ連関の話

2015年9月30日 0

(*゚▽゚*)題名:α-γ連関の話 筋には感覚受容器として筋紡錘と腱紡錘(腱受容器,ゴルジ終末)とがあり、筋の状態(筋の長さ)を脊髄に伝える。 筋紡錘らせん型終末からの線維はⅠa群、散型からの線維はⅡ […]

(/。\)顔面神経の話

2015年9月13日 0

(^_-)題名:顔面神経の話 主として顔面の表情に筋に分布する運動線維と、中間線維(味覚を伝える知覚線維と顎下線、舌下線、涙線、鼻腔及び口腔の線の分泌を支配する副交感神経からなる)が合して顔面神経が構 […]

(つд;*)錐体路と感覚路の話

2015年5月20日 0

(=_=)題名:錐体路と感覚路の話 ●中枢神経と末梢神経 神経系をその構造面から考えると脳及び脊髄を中枢神経(Central Nervous System)中枢神経から出て身体各部に信号を送る経路を末 […]

(  ̄▽ ̄)中枢性パターン発生器の話

2015年4月28日 0

(・.・;)題名:中枢性パターン発生器の話 歩行運動をはじめとして、呼吸、咀嚼、嚥下、眼球運動などのような自動性の強い運動において、それぞれ特有のりズムないしは出力パターンがあり、多数の運動細胞集団が […]

(* ̄∇ ̄*)橈骨神経の話

2015年3月22日 0

(#^.^#)題名:橈骨神経の話 橈骨神経は、後神経束の延長である。 腕神経叢中最大の枝である。 上腕および前腕後面の皮膚や筋を支配する。 手では皮膚の一部を支配する。 腋窩を出た後、上腕深動脈と伴行 […]

ヽ(・∀・)ノ神経伝導の話

2015年2月17日 0

(p_-)題名:神経伝導の話 興奮伝導 神経細胞のように長い軸索を持った細胞に活動電位が発生するときは、細胞全体の膜電位が一挙に変わることなく、細胞の一部に起こった活動電位が軸索に沿って伝播する。これ […]

(*ToT)神経の話

2015年1月26日 0

(p_-)題名:神経の話 神経は中枢神経系と身体各部にある末端器管をつなぐ糸状の器管であり、情報の伝達を行っている。 その基本単位は神経線維で、その中で興奮伝導の働きをするのが軸索である。 神経線維は […]

(。>д<)交叉伸展反射の話

2015年1月26日 0

(ー_ー)!!題名:交叉伸展反射の話 ネコの足底を刺激すると同側の後肢に屈筋反射が起こり、刺激を強くすると同側の屈曲協同運動となる。 さらに刺激を強くすると他側に伸展反射が起こるようになる。 これを交 […]

(θωθ)刺激伝導系の話

2015年1月20日 0

(=o=)題名:刺激伝導系の話 心筋の興奮は細胞から細胞へ伝達されるが、房室間は結合組織性の膜で境されていて、筋繊維の連絡はなく、興奮は伝播していかない。ただ刺激伝導系だけが房室間の興奮連絡をする。刺 […]

(・。・)立ち直り反射の話

2014年12月29日 0

(^O^)題名:立ち直り反射の話 ネコを逆さに落すと空中で立ち直る。 これを立ち直り反射という。 立ち直り反射は(i)迷路から起こる反射、(ii)体表面に加わる非対称的刺激から起こる頭部立ち直り反射、 […]

(*゚ー゚*)脳の解剖と生理の話

2014年12月28日 0

(~_~;)題名:脳の解剖と生理の話 ●終脳 終脳は左右両側の大脳半球からなり、間脳や中脳を覆っている。 大脳半球の表層は灰白質ででき大脳皮質といわれ、深部は白質で大脳髄質といわれる。深部の中にも灰白 […]

(≡^∇^≡)高齢化と自律神経系の話

2014年12月20日 0

(*´ー`*)題名:高齢化と自律神経系の話 加齢に伴う身体的・生理的変化が生じ、臓器の機能低下がもたらされることある。 その一つに、心機能や自律神経機能の低下があり、これらの機能低下は高血圧関連疾患や […]

(゜〇゜;)アセチルコリンの話

2014年11月29日 0

(//∇//)題名:アセチルコリンの話 運動神経が骨格筋に接続する部を神経筋接合部という。 神経筋接合部および自律神経節のほか、中枢神経で伝達物質がアセチルコリンであることが確立しているのは運動ニュー […]

v(・∀・*)化学伝達物質と受容体の話

2014年11月26日 0

(^O^)題名:化学伝達物質と受容体の話 すべての自律神経節前線維末端からはアセチルコリンが放出され、節後線維の細胞体に作用する。 交感神経節後線維からは一般にノルアドレナリンが放出されるが、例外とし […]

ヽ(^。^)ノシナプス伝導の話

2014年11月26日 0

(*゚▽゚*)題名:シナプス伝導の話 神経線維の末端である神経終末は、他の細胞と接触しており、この部分をシナプスという。 シナプスは機能的に、シナプス前部、シナプス間隙、シナプス後部の3つに分けられる […]

(・_・)神経因子と筋力増加の話

2014年11月18日 0

(@_@;)題名:筋力トレーニングと筋力増加の話 筋力トレーニングによる筋力の増加には筋収縮組織の形態学的な変化と運動単位の活動様式などの神経因子の変化が関与していると考えられている。その中でも短期的 […]

(^◇^)末梢神経の話

2014年9月26日 0

(* ̄o ̄)題名:神経細胞(ニューロン)の話 主要部分となる神経細胞体、分岐をもった複数の神経突起である樹状突起、神経細胞体から伸びる軸索から構成される。基本的な働きは樹状突起で受容したインパルスを細 […]

(^◇^)反射と反応の話

2014年9月7日 0

(/_;)題名:反射と反応の話 モロー反応 0~4ヶ月 背臥位で後頭部支え、急激に手を離す→上肢の伸展、外転、後に上肢内転 ガラント反射 0~2ヶ月 腹臥位空中支持、脊椎側方を指でこすり刺激→刺激側へ […]

(T_T)脊髄と灰白質の話

2014年6月30日 0

(・.・;)題名:脊髄と灰白質の話 I~Xまでの10層に区別される(レックスRexedの層)。 第I~W層が後柱に相当する。 第I~W層の細胞は、脊髄神経の後根からの知覚線維とシナプスする。 例えば、 […]

\(゜o゜;)/正常運動と特徴の話

2014年3月8日 0

(^q^)題名:正常運動と特徴の話 (1)正常な筋緊張 Davidoff(1992):神経障害患者の評価では、患者が自然に弛緩した状態で、抵抗を加える徒手検査法を用いて、筋緊張を決める。 Bernst […]

(・∀・)腱反射の話

2014年2月8日 0

( ̄▽ ̄)題名:腱反射の話 腱反射の反射弓は感覚ニューロンと中枢神経系内に細胞体をもつ運動ニューロンによって形成され、1回のシナプス伝達を介する単シナプス反射である。 【特徴】 ・反応が出現する時間が […]

(^○^)反射と反応の話

2013年11月11日 0

(´∀`)題名:反射と反応の話 脊髄レベルの姿勢反射は反射中枢の上位が、第4脳室の基底に至る領域によって中継される反射であり、相性の原始反射であって、下肢の筋が完全な屈曲または伸展のどちらかのパターン […]