スポンサード・リンク

(●^o^●)筋緊張の話

2017年2月22日 0

錐体路障害→痙縮 痙縮とは:筋の伸張速度に依存した伸張反射の亢進状態と解釈され、関節を他動的に速く動かそうとすればするほど伸張された筋の収縮抵抗が増す(相動性伸張反射亢進状態)。 痙縮は全ての筋に見ら […]

(*^▽^*)筋収縮の話

2017年2月18日 0

筋収縮とは筋の張力が発生することであり、必ずしも短縮を意味しない。 筋収縮はそのとらえ方により①求心性、遠心性、静止性、②等尺性、等張性、③相動性、持続性、緊張性の3通りに分けられる。   […]

(#^.^#)筋肉と骨格筋の話

2016年9月21日 0

((+_+))題名:筋肉と骨格筋の話 骨格筋(Skeletal muscle) 平滑筋(Smooth muscle) 心筋 (Cardiac muscle)   ・人体には400個あまりの骨 […]

(≡^∇^≡)手根管の話

2016年7月21日 0

( *´艸`)題名:手根管の話 屈筋支帯と手根骨(大菱形骨・小菱形骨・有頭骨・有鈎骨・豆状骨)によって1つの管が形成されるが、これを手根管とよぶ。 手根管は中隔(大菱形骨に至る)によって橈側の小管と尺 […]

(*≧∀≦*)速筋繊維と遅筋繊維の話

2016年4月17日 0

(^ム^)題名:速筋繊維と遅筋繊維の話 人の筋肉は速筋繊維fast twitch fiberと遅筋繊維slow twitch fiberからなる。 骨格筋はⅠ型Ⅱa型、Ⅱb型に分類され人の速筋繊維はⅡ […]

( ̄▽ ̄;)ストレッチングと神経筋の話

2016年2月26日 0

(|| ゜Д゜)題名:ストレッチングと神経筋の話 スポーツ現場では、筋に対しては弾力性を高めて、筋の損傷を予防し、関節包や靭帯を伸張させて、関節可動域を改善させるとともに、神経-筋反応時間の短縮を含め […]

(+_+。)筋線維と伸張の話

2015年10月13日 0

( ̄□ ̄;)題名:骨格筋と伸張の話 骨格筋の伸張は、スポーツや健康増進など、広く一般的に行われており、筋緊張の緩和、関節可動域の増加などの効果がある。 骨格筋の抗張力を発揮する要素は、アクチン-ミオシ […]

(*^▽^*)筋力と筋断面積の話

2015年8月11日 0

(・.・;)題名:筋力と筋断面積の話 MMT は検者の主観的要素が関与する。 fairからnormalでは信頼性に乏しいということが報告されている。 断面積などから筋力予測できるとの報告がある一方で、 […]

( ̄O ̄)表情筋と浅頭筋の話

2015年6月17日 0

(*^。^*)題名:表情筋と浅頭筋の話 表情筋(浅頭筋) 主として顔面の皮下にあり、骨から起こって皮膚に停止する皮筋である。眼、耳、鼻、口などの開口部の開閉のために発達したもので、ことばを話し、豊かな […]

( ´ ▽ ` )女性と骨盤底組織の話

2015年6月1日 0

(^o^)題名:女性と骨盤底組織の話 妊娠時、妊娠周期が進むにつれて体重増加と腹部の前方突出が著しくなる。 腹部の成長に伴い、腹直筋離開(白線離開)が生じることも少なくない。 妊娠中に発見された場合は […]

(*´▽`*)大腿部と解剖の話

2015年5月30日 0

( ´ ▽ ` )題名:大腿部と解剖の話 大腿切断において下肢の筋肉の位置と名称を知ることは切断の術式でも重要となる。 特に今回は膝蓋骨よりも上部について詳しく記載する。   ●前面から見ら […]

(*^▽^*)筋細胞膜と収縮の話

2015年5月26日 0

(´・c_・`)題名:筋細胞膜と収縮の話 筋細胞膜を収縮させるしくみ 筋収縮の最初の引き金になるのは筋細胞の細胞膜の興奮である。骨格筋の細胞膜は、そこにきている運動神経によって刺激され興奮する。 運動 […]

(* ̄ー ̄)筋収縮と様態の話

2015年5月22日 0

(-_-;)題名:筋収縮と様態の話 求心性収縮(短縮性収縮) 筋は負荷に打ち勝つだけの張力を発生して、筋の短縮が起こる。骨格はてこ、関節は支点として働く。テーブル上の水の入ったコップを口へ持ってゆくと […]

( ´,_ゝ`)筋収縮の話

2015年5月7日 0

(^ム^)題名:筋収縮の話 1.構造 1)筋紡錘 1錘外筋線維に対して並列配置なっている 2長さは6~8㎜の固有受容器である。 筋紡錘は線維性被膜に包まれている(リンパ液にみたされる) 内部に3~8本 […]

(* ̄ー ̄)筋紡錘の話

2015年4月14日 0

(@_@;)題名:筋紡錘 筋紡錘は、結合組織の被膜に包まれた2~12本の筋線維(錘内筋線維)と、これを支配する感覚性および運動性の神経線維から構成される。 全体の長さは6~8mmの細長い紡錘形をしてお […]

(*^O^*)6MDと開腹術患者の話

2015年4月9日 0

((+_+))題名:6MDと開腹術患者の話 開腹術患者の術後身体機能の低下において6MD、下肢筋力の有意な低下を報告されている。 日常生活で使用される水準である最大筋力の 20~35%の筋収縮を続ける […]

(^w^)等尺性収縮と等張性収縮の話

2015年2月16日 0

(・_・;)題名:等尺性収縮と等張性収縮の話 等尺性収縮(isometric contraction) ・緊張を一定にして張力を測定。筋の長さを変えることなく出される力。 ・筋が収縮しようとしても、両 […]

(。^。^。)筋線維と種類の話

2015年1月20日 0

(*^。^*)題名:筋線維と種類の話 筋線維は組織学的な性質の違い、代謝や機能の相違によって三種類にわけられる。 typeI線維はミトコンドリア酵素活性が高く、ホスホリラーゼ活性は低く、脂肪顆粒を多く […]

(・_・)神経因子と筋力増加の話

2014年11月18日 0

(@_@;)題名:筋力トレーニングと筋力増加の話 筋力トレーニングによる筋力の増加には筋収縮組織の形態学的な変化と運動単位の活動様式などの神経因子の変化が関与していると考えられている。その中でも短期的 […]

o(T□T)o後頭下筋の話

2014年11月17日 0

(^o^)題名:後頭下筋の話 後頭下筋 これらの筋は、第1、第2頸椎と後頭骨の間にある小さな筋である。 支配神経は後頭下神経(第1頸神経の後枝)によって支配されている。   首の後ろで頭と首 […]

(/o\)筋紡錘の話

2014年10月14日 0

(^○^)題名:筋紡錘の話 筋紡錘(muscle spindle) 筋紡錘は筋内にある長さが4~7㎜の固有受容器である。筋の伸展度をとらえる受容器で、筋が引き伸ばされたことを中枢へ伝える。支配神経は単 […]

(・∀・)筋疲労と軽運動の話

2014年3月5日 0

(^-^)題名:筋疲労と軽運動の話 筋疲労の回復手段においては、軽運動が効果的だという報告は多くある。 しかし、軽運動の実施時間を一定とし、負荷量を変更したときの筋疲労回復効果の違いについて比較されて […]

( ;∀;)大腿部と筋の話

2013年5月18日 0

(~_~;)題名:大腿部と筋の話 腸骨筋 起始:腸骨(腸骨窩の上方2/3) 腸骨稜(内唇) 前仙腸靱帯と腸腰靱帯 仙骨(外側) 付着:大腿骨(大腰筋の腱付着部を介して小転子へ、さらに小転子より下の大腿 […]