スポンサード・リンク

( 〃▽〃)胸郭の話

2017年2月25日 0

1.胸骨 頚切痕: Th2、気管 胸骨角: Th5、第2肋軟骨 胸骨剣結合: Th9、10の椎間円板 剣状突起   2.隆椎 ここを起点に胸椎棘突起を数えよう。 X線による白人の調査では、C […]

(^◇^)軟骨組織と分類の話

2017年2月18日 0

軟骨組織は圧迫と屈曲に対して柔軟性を示す。 軟骨は(メス)で切断することができ、細胞と細胞間質(基質)とからなっている。 細胞間質の種類は軟骨の種類によって決まる。 硝子軟骨、弾性軟骨および線維軟骨が […]

(о´∀`о)手根骨の話

2016年10月29日 0

(^◇^)題名:手根骨の話 三角骨:月状骨、有鉤骨、豆状骨の間にはまって下内側(小指側)に向かってやや尖った三角錐体状である。有鉤骨に向かう面は軽度に鞍状である。不正三角形で4つの関節面をもつ。 &n […]

(。-∀-)孔の話

2016年9月9日 0

( *´艸`)題名:孔の話 孔:血管、神経、靭帯などが通る開口部である。 内頭蓋底は前頭蓋窩、中頭蓋窩、後頭蓋窩の3つのかに分けられる。 前頭蓋窩は眼窩の天井にあたる部分で、3つの頭蓋窩のなかで最も高 […]

\(^.^)/骨と構造の話

2015年9月10日 0

(=_=)題名:骨と構造の話 長管骨の場合、幹の部分を骨幹、その両端を骨端という。 骨端の断面では骨端軟骨の骨化によってできた骨端線が認められる。 骨の周囲は関節面の部分を除いて骨膜という短黄色の線維 […]

(//∇//)骨の話

2015年7月19日 0

(p_-)題名:骨の話 骨端:長管骨の両端にある最も横径の広い部分をいう。関節軟骨で覆われ、その下層には軟骨下皮質骨があり、海綿骨の骨梁へ移行する。成長期では成長軟骨層で、骨幹端と明確に境されている。 […]

( ´,_ゝ`)骨盤の話

2015年6月7日 0

( ´ ▽ ` )題名:骨盤の話 ・骨盤の構成:寛骨(腸骨、恥骨、坐骨)、仙骨、尾骨 ・寛骨の骨結合は小児期には軟骨結合であるが、成人になると骨化して骨結合となり可動性はなくなる。 ・恥骨結合は線維軟 […]

(*´ー`*)肩と靭帯の話

2014年12月27日 0

!(^^)!題名:肩と靭帯の話 関節上腕靭帯:関節包が周囲の筋の腱で補強されている以外のところで、主に深層の線維の集団で肥厚する部である。特に前壁を内面から見るときに他の部と判別できる。関節上腕靭帯に […]

f(^_^)脊柱の話

2014年10月25日 0

(~o~)題名:脊柱の話 脊柱は32~33個の椎骨が上下に連結してできる骨格で、7個の頸椎、12個の胸椎5個の腰椎、5個の仙椎、3~4個の尾椎に分類される。   頚椎cervical ver […]

\(◎o◎)/椎間板の話

2014年2月14日 0

( ̄▽ ̄)題名:椎間板の話 機能 椎間板は上下の椎体を連結する事によって、脊椎の支持性と運動性を担っている。また、荷重や衝撃の吸収・緩衝という重要な機能も併せ持っている。   構造と組成 線 […]

(´∀`)骨癒合の話

2014年1月24日 0

(^_^;)題名:骨癒合の話 骨癒合の条件 骨が癒合するためには、①骨折部の接合 ②骨折部の固定 ③十分な血流 ④適度な圧迫刺激(臍傍の活性化や血流の促進のため)が必要である。   癒合を左 […]