スポンサード・リンク

(≡^∇^≡)間欠性跛行の話

2017年9月18日 0

●神経性間欠跛行 本症にきわめて特徴的な症状である。 神経性間欠跛行は、歩行により出現する自覚症状と他覚所見から、馬尾型、神経根型、そして混合型の3群に大別できる。 この神経性間欠跛行は、姿勢要素があ […]

(о´∀`о)異常歩行と特徴の話

2017年3月13日 0

1.脳血管障害片麻痺の歩行 ・通常麻痺側の立脚期が短く、ほとんどが非麻痺側での支持期となり両脚支持期が延長する。 ・麻痺側の支持期には、股関節周囲や下部体幹の動的支持能力の低下や下肢機能の低下により不 […]

(。-∀-)歩行と筋の話

2017年2月27日 0

歩行周期 立脚相(1サイクルの約60%) 腫接地:踵が床についた時期をいう。ここから、立脚相が始まる。この時期を歩行周期の始点としている。 足底接地::踵接地後に同側の足底が床につく時期をいう。歩行周 […]

o(*⌒―⌒*)o正常歩行と加齢的変化の話

2017年1月22日 0

(・_・;)題名:正常歩行と加齢的変化の話 ●正常歩行 (重心の移動) 人間の歩行は身体の個々の部分の運動が三次元空間で同時に重なり合う複雑な現象であり、その分析はなんらかの原則に基づかないかぎり不可 […]

(´・ω・`)歩行と空間的変化の話

2016年10月18日 0

( *´艸`)題名:歩行と空間的変化の話 1)骨盤(重心) 骨盤の移動は重心の移動として同様に促えることができる。 重心は骨盤内で第2仙骨の前縁にある。男性では身長に対して下から約55%、女性は約50 […]

(^ム^)二重課題と歩行の話

2015年10月25日 0

(@_@;)題名:二重課題と歩行の話 歩行時に生じる滑りや躓きは転倒原因のひとつです。 身体動揺を引き起こす外力は、主に下肢関節の衝撃吸収能によって制御されます。 歩行時にヒトは身体動揺を経験すると、 […]

(゜ロ゜;正常歩行の話

2015年9月2日 0

(^ω^)題名:正常歩行の話 歩行周期は踵の接地から同側の踵の接地までの時間をいい、これは立脚相と遊脚相より構成されている。 立脚相は、足が地面に接地している時期をいう。 これには踵接地、足底接地、立 […]

(//∇//)脳卒中と装具の話

2015年8月9日 0

(・_・;)題名:脳卒中と装具の話 「脳卒中治療ガイドライン 2009」において、装具を用いた早期からの立位歩行訓練が推奨グレードAと認定された。 また麻痺が重度の場合、長下肢装具(以下 LLB)を用 […]

(*´∇`*)歩行と脳活動の話

2015年3月30日 0

(・.・;)題名:歩行と脳活動の話 歩行時の脳活動は空間的側面での研究が多く、歩行時には補足運動野、感覚運動野、線条体、小脳、視覚野などが活性化し、大脳皮質や皮質下の構造が歩行の制御に関係することが報 […]

( ´ ▽ ` )異常歩行の話

2013年12月10日 0

(゚∀゚)題名:異常歩行の話 異常歩行は正常範囲から逸脱した歩行をいい、その発生原因によって次のように分類する。 ①身体構造上の原因によるもの ②疼痛によるもの ③神経および筋系の障害によるもの &n […]

(*^ー^)小児歩行と特徴の話

2013年12月5日 0

(´;ω;`)題名:小児歩行と特徴の話 歩行運動の成熟過程は中枢神経系の成熟、連動学習と深く関係している。 中枢神経系の制御によって運動発達が完成してゆく過程は、中枢から末梢へ、頭部から尾部へ、粗大運 […]