スポンサード・リンク

(/o\)運動負荷試験の話

2017年4月4日 0

運動負荷試験について ①運動強度は十分低いレベルから始める ②運動強度の増加は徐々に行い、各段階における被検者の状態をよく観察する。 ③運動負荷試験の禁忌状態や、行うべきでない徴候が出現すると中止する […]

( ̄▽ ̄;)ストレッチングと神経筋の話

2016年2月26日 0

(|| ゜Д゜)題名:ストレッチングと神経筋の話 スポーツ現場では、筋に対しては弾力性を高めて、筋の損傷を予防し、関節包や靭帯を伸張させて、関節可動域を改善させるとともに、神経-筋反応時間の短縮を含め […]

ヽ(^。^)ノ高齢者の転倒骨折と痴呆の話

2016年1月8日 0

!(^^)!題名:高齢者の転倒骨折と痴呆の話 ●はじめに 今回、高齢者の骨折にアプローチしていく中で、痴呆が問題点の回復の遅延を起こしている要因であると考えたために高齢者の転倒骨折と痴呆の関係を調べ以 […]

“(-“”-)”転倒と高齢者の話

2015年11月10日 0

(*^。^*)題名:転倒と高齢者の話 高齢化率は上昇を続け、2030(平成42)年には 23.1 %,2055(平成67)年には40.5%に達すると予想されています。 前期高齢者(65歳以上74歳以下 […]

(´・_・`)進行性筋ジストロフィーとADLの話

2015年10月11日 0

(´;ω;`)題名:進行性筋ジストロフィーとADLの話 Ⅰ.はじめに 進行性筋ジストロフィーとは、「骨格筋の変性、壊死を主病変とし、臨床的には進行性の筋力低下と筋萎縮を示す遺伝性の疾患である」と定義さ […]

(*^O^*)疼痛と運動療法の話

2015年9月16日 0

(--〆)題名:疼痛と運動療法の話 A.痛みの病態生理 1.痛みの意義 痛みとは生体に対する警告信号であり、痛みによって生体は安静の必要性を認識し、その後の治癒が促進される。 つまり生体を守るために痛 […]

(//∇//)食事動作と動作分析の話

2015年9月8日 0

(^q^)題名:食事動作と動作分析の話 1.全体的印象 <全体像> 左上肢の肘関節に軽度屈曲制限、手関節に軽度掌背屈制限あり、左下肢も膝関節に軽度屈曲制限、足関節の背屈制限がある。座位は、安静時は安定 […]

o(*⌒―⌒*)o高齢者と特徴の話

2015年9月1日 0

(*゚∀゚*)高齢者と特徴の話 ●老化は加齢に伴って生じる不可逆的な全身機能の低下である。 ●老年期は加齢の影響(生理的老化)に伴ってそれまでの生活習慣を基盤とした疾患が生じやすい。 ●健康状態や生活 […]

ヽ(^。^)ノ廃用性筋萎縮の話

2015年8月31日 0

(+_+)題名:廃用性筋萎縮の話 不動(関節固定などにより筋活動の有無に関係なく動かない)または不動(麻痺などにより筋の動きが生じない)により二次的に生じる廃用性症候群は、さまざまな原因疾患によりもた […]

(^_^)転倒と寝たきりの話

2015年8月9日 0

( ̄▽ ̄)題名:転倒と寝たきりの話 寝たきりの原因疾患としては脳血管障害を第一にあげるものが多い。 しかし、脳血管障害で救命された症例の多くはリハビリテーショ ンによ り歩行能力を回復する。 特別な訓 […]

(*^.^*)廃用症候群の話

2015年7月31日 0

(T-T)題名:廃用症候群の話 廃用症候群とは『生体の骨、関節、人体、筋肉、または心肺機能などには、絶えず重力、加重、運動という負荷が掛かりその機能を保っている。 それが、長期臥床などで荷重が掛からな […]

(・∀・)神経筋再教育の話

2015年7月25日 0

( ´ ▽ ` )題名:神経筋再教育の話 ●はじめに 神経筋再教育は、1940年代より使用されている用語であるが、その治療原則や方法について議論されることは少なくないようである。 PNF、Bobath […]

(;つД`)感覚検査の話

2015年7月22日 0

(;つД`)題名:感覚検査の話 A.感覚検査総論 1.感覚検査の意義 ①脊髄損傷の高位・横断位診断(デルマトームに一致した感覚障害、感覚解離) ②末梢神経損傷の損傷部位診断(末梢神経支配に一致した感覚 […]

v(^o^)筋力検査の話

2015年7月21日 0

( ´ ▽ ` )題名:筋力検査の話 A.筋力検査総論 1.筋力について A.筋力(muscular strength) ・随意的な最大筋収縮力 ・筋断面積に比例し1cm2あたりの筋が発揮する最大張力 […]

( TДT)リハビリテーションの話

2015年7月18日 0

((+_+))題名:リハビリテーションの話 このような高齢化社会の移行や社会背景、それを取り巻く環境の変化の中でリハビリテーションの在り方も多様性を迫られ、社会生活に根付いた対応を考えていく必要がある […]

( ゜o゜)知覚検査の話

2015年7月11日 0

(@_@;)題名:知覚検査の話 1.  目的 正確な診断や損傷した神経の治療経過や原因診断を正しく評価することができる。   2.  検査法 知覚 検査法 検査上の注意 判定 表在感覚 触覚 […]

(´д`)姿勢反射検査の話

2015年7月6日 0

(*^_^*)題名:姿勢反射検査の話 ●姿勢反射とは 姿勢反射群には、大別して以下の2種類がある。 ・正常な運動発達の中で一時的に出現し次第に消失していく反射(原始反射や緊張性姿勢反射)。これらはCN […]

(^O^)関節リウマチとADLの話

2015年6月15日 0

(*゚▽゚*)題名:関節リウマチとADLの話 1.ADLに影響を与える因子 (1)疼痛 ・RA患者の活動能力は疼痛の状態によって大きく左右される。疼痛は病態、薬剤、天候(季節、気温、湿度)の影響を受け […]

( ̄^ ̄)高齢者とADLの話

2015年6月12日 0

( ´ ▽ ` )題名:高齢者とADLの話 退院後在宅へ帰った患者の約半数は、入院中よりもはるかに元気になり在宅で生き生きと暮らしている半面、約半数は活動性が低下し、寝たきりに近い状態になっていたと報 […]

v(・∀・*)下肢切断者とADLの話

2015年4月6日 0

!(^^)!題名:下肢切断者とADLの話 ●ADLにおける下肢の働き ADL動作において下肢は、①動作が行われる場所への移動(歩行など)、②動作が行われる姿勢の保持とその変更(しゃがむなど)、③下肢へ […]

(o^・^o)モビライゼーションと効果の話

2014年12月30日 0

(´・ω・`)題名:モビライゼーションと効果の話 安静肢位あるいは実際の安静肢位におけるたわみを取り除く範囲内での牽引のモビライゼーションは、治療の選択肢として、症状をコントロールするためにまず試みら […]

(๑≧౪≦)運動失調とリハビリテーションの話

2014年12月15日 0

(^_^)題名:運動失調とリハビリテーションの話 ・目的 小脳の非進行性の部分的障害によっておこる協調運動障害は、大脳半球の代償きのうにより、かなり回復するものとされている。単純な屈曲・伸展から開始し […]

(^w^)生活習慣病の話

2014年12月14日 0

( *´艸`)題名:生活習慣病の話 生活習慣病とは、偏った食生活や運動不足、ストレス、喫煙など、毎日の好ましくない生活習慣の積み重ねによって引き起こされる病気の総称である。 糖尿病、高脂血症、高血圧は […]

(゜ロ゜)がん患者と廃用症候群の話

2014年11月20日 0

(=_=)題名:がん患者と廃用症候群の話 がん患者においての廃用症候群は生命予後にも直結する重大な問題である。 がんのリハビリの目的は、「がんとその総合的な治療過程において受けた身体的および心理的な種 […]

(σ≧▽≦)σ関節可動域測定の話

2014年10月25日 0

(^_-)題名:関節可動域測定の話 A.関節可動域測定総論 1.関節可動域測定の目的 ①正常値・健側の値からROM制限の有無を知る ②測定値からその患者のADLの制限を推測する ③患者の訴え・最終域感 […]

(´・c_・`)脳卒中片麻痺患者とADLの話

2014年10月13日 0

(~o~)題名:脳卒中片麻痺患者とADLの話 Ⅰ.片麻痺患者ADL障害の特徴 ①上肢の残存能力とADLは関係あるが比例はしない ②患側上肢が利き手か否かで影響を受ける ③健側上下肢の機能は必ずしも正常 […]

(*≧∀≦*)廃用性筋萎縮の話

2014年10月8日 0

(・.・;)題名:廃用性筋萎縮の話 ●病態 不動(関節固定などにより筋活動の有無に関係なく動かない)または不働(麻痺などにより筋の働きが生じない)により二次的に生じる廃用症候群は、さまざまな原因疾患に […]

(ーー;)高齢者と疾患の話

2014年3月23日 0

(ーー;)題名:高齢者と疾患の話 ●非骨傷性頸髄損傷 受傷機序 高齢者は頚椎症や脊柱管狭窄症を合併しているケースが多くそれらが基盤になりそこに外力が加わっと時に骨棘や黄色靱帯の膨隆による挟み込みが起こ […]

(・∀・)感覚検査の話

2014年3月20日 0

(^ω^)題名:感覚検査の話 ●感覚の障害 普段、意識する事はあまりないが、感覚機能は日常生活や動作において種々の役割を成している。 感覚障害と動作障害の例は以下の6つがある。 末梢神経損傷は切り傷、 […]

(^_^)不動と拘縮の話

2014年3月1日 0

(*_*)題名:不動と拘縮の話 病態 拘縮は、皮膚、筋肉や関節構成体である関節包や靭帯の変化により、正常の関節の動きが制限された状態といわれている。 拘縮の発生機序について組織学的研究として、 固定期 […]

(^-^)痴呆と老人の話

2014年1月23日 0

(^-^)題名:痴呆と老人の話 A.老化性痴呆対策 痴呆老人の問題はすでに大きな社会問題になっている。今日では痴呆性老人の問題に対する関心や理解はかなり高まり、痴呆性老人に対する施策も着実に進展してき […]

(〃^ー^〃)筋緊張検査の話

2014年1月6日 0

(*´▽`*)題名:筋緊張検査の話 A.筋緊張検査総論 1.筋緊張(muscle tonus)の定義 安静時における筋の緊張状態 ①安静時筋緊張 ②姿勢・体位性筋緊張 ③運動時筋緊張   2 […]

1 2