スポンサード・リンク

(。-∀-)手術療法の話

2017年5月13日 0

●手術を受ける患者の特徴: (1)肺がんである場合は、腫瘍が占めた部位によって、無症状からせき、たん、血痰、発熱、胸痛、呼吸困難など、さまざまな症状を示す。臨床症状を自覚せずに過ごしてきた人にとっては […]

( v^-゜)♪髄液検査の話

2016年11月4日 0

(--〆)題名:髄液検査の話 <髄液検査> 髄液は脳室系の脈絡叢で産生されて、側脳室から第三脳室、中脳水道を通って第四脳室へと流れ、そこからクモ膜下へ達する。中枢神経組織は髄液によって保護されており、 […]

(^^)d血液検査の話

2016年5月4日 0

(・.・;)題名:血液検査の話 ●技術の概要 血液は、細胞成分である血球と、液体成分である血漿からなり、酸素や二酸化炭素、栄養素、ホルモン、老廃物などを運搬する役割を担っている。血球は骨髄でつくられ、 […]

o(^o^)o脳波検査の話

2016年4月14日 0

(#^^#)題名:脳波検査の話 1)検査の意義と方法 (1)意義 脳の電気的活動を頭皮上から増幅して記録する検査法で、外部からの刺激に対する変化あるいは、薬剤に対する変化を調べる。脳の病変が疑われると […]

(≧▽≦)液体窒素療法の話

2016年4月11日 0

(*’ω’*)題名:液体窒素療法の話 1.治療の目的 病変組織を超低温(-60~-200℃)に作用させ、凍結破壊させることを目的とする。自己免疫を促進し、免疫反応による組織壊死 […]

(゜∇^d)!!消毒薬の話

2016年3月3日 0

(^0_0^)題名:消毒薬の話 1.消毒薬とは何か 感染症をおこさない水準にまで病原微生物を死滅させ、減少させることを消毒といい、これに用いる薬を消毒薬という。 一方、すべての微生物を死滅・除去するこ […]

(〃∇〃)クベースの話

2015年12月18日 0

(^◇^)題名:クベースの話 ■解説 保育器は、新生児の保温を主とした全身管理目的の医療機器である。クベース使用の主目的は、ハイリスク新生児を低体温から発生する悪循環や合併症の予防である。大別して、開 […]

(*´∀`)看護の特徴と目的の話

2015年12月10日 0

(^0_0^)題名:看護の特徴と目的の話 ●急性期看護の特徴と目的 急性期とは生体の恒常性が急激に保たれなくなった状況をいい、生命の安全を優先する看護を行う時期である。「健康状態の急激な変化であり、生 […]

( ´△`)小児とオムツ交換の話

2015年11月10日 0

(^o^)題名:小児とオムツ交換の話 ■小児の排便 小児の食事は母乳や人工乳、離乳食、幼児食と児の成長・発達に応じて内容が変わり、また食事内容の変化と消化管機能の発達に伴い、小児の便の性状と回数は変化 […]

(゜▽゜*)緩和ケアと化学療法の話

2015年10月1日 0

( `ー´)ノ題名:緩和ケアと化学療法の話 緩和療法としての化学療法の理解は難しい。さらにその実践となるといっそうその難しさは増してくる。結論としては、現状では、重要な第2相や第3相臨床試験の結果を注 […]

(´∇`)ガウンテクニックの話

2015年5月17日 0

( `ー´)ノ題名:ガウンテクニックの話 滅菌がウンの着用は、手術の直接介助時等手術室においては、特に重要な技法である。 一般病棟においては、医師が中心静脈カテーテル挿入、気管切開などの処置を行う際に […]

(*^。^*)滅菌法の話

2013年5月5日 0

(^_-)題名:滅菌法の話 1)滅菌と消毒 滅菌とは、微生物をすべて殺しつくし、無菌状態にすることである。 これに対して消毒は、対象とする病原体を取り除くことであるから、非病原性の微生物が生き残ってい […]