スポンサード・リンク

(^O^)転倒と評価法の話

2017年9月10日 0

転倒歴、歩行障害、バランス障害および下肢筋力の低下は、他の要因と比べて転倒に対する相対リスク比(オッズ比)が高いことが報告されている。 転倒予防教室などでは、Timed Up & Go Tes […]

(@_@;)ロコモティブシンドロームの話

2016年5月4日 0

(・_・;)題名:ロコモティブシンドロームの話 日本整形外科学会では運動器の機能不全のみならず運動器障害による要介護の状態や要介護リスクの高い状態を表す概念として「ロコモティブシンドローム(運動器症候 […]

(^_-)大腿骨頸部骨折と栄養の話

2016年5月4日 0

(・_・;)題名:大腿骨頸部骨折と栄養の話 大腿骨頸部骨折の問題点は、骨折後の安静臥床中に心身機能の低下を引き起こし、退院時までに歩行が自立できず、要介護状態に陥るリスクが高い。 効率的に歩行能力を回 […]

(* ̄∇ ̄)ノ栄養と身体測定の話

2016年3月15日 0

(。^。^。)題名:栄養と身体測定の話 高 齢者で栄養障害をもつ頻度は意外に多く、いわゆるタンパク質の欠乏とエネルギーの欠乏が複合して起こるProtein-Energy Malnutrition(PE […]

(´・ω・`)COPDと身体活動の話

2016年3月9日 0

(^◇^)題名:COPDと身体活動の話 COPDに対する呼吸リハは、社交活動、運動療法、作業療法、理学療法、酸素療法、栄養療法、薬物療法、患者教育(禁煙・身体活動性の維持)、精神的サポートで構成されて […]

(≡^∇^≡)脳卒中片麻痺者とブリッジ運動の話

2016年2月28日 0

《*≧∀≦》題名: 脳卒中片麻痺者とブリッジ運動の話 脳卒中片麻痺者(以下、片麻痺者)の起立や歩行時に、麻痺側下肢の分離運動が不十分な場合や、股関節伸展筋の筋収縮が不十分な場合には、麻痺側の股関節伸展 […]

(●^o^●)脳卒中片麻痺者と骨盤運動の話

2016年2月28日 0

(´д`|||)題名: 脳卒中片麻痺者と骨盤運動の話 脳卒中を呈する症例における座位保持能力は健常者と比較して低いです。 静的座位バランスは動作能力や歩行予後と相関があります。 脳卒中片麻痺者は運動麻 […]

( ̄▽ ̄;)ストレッチングと神経筋の話

2016年2月26日 0

(|| ゜Д゜)題名:ストレッチングと神経筋の話 スポーツ現場では、筋に対しては弾力性を高めて、筋の損傷を予防し、関節包や靭帯を伸張させて、関節可動域を改善させるとともに、神経-筋反応時間の短縮を含め […]

(о´∀`о)脳卒中患者とバランスの話

2016年2月26日 0

(・.・;)題名:脳卒中患者とバランスの話 脳卒中後の片麻痺患者は転倒頻度が高いです。 立位バランス能力との関係が指摘されています。 片麻痺患者の立位バランスの一般的な特徴として、左右荷重量の非対称性 […]

(o^O^o)片麻痺患者と短下肢装具の話

2016年2月19日 0

(*≧∀≦*)題名:片麻痺患者と短下肢装具の話 脳梗塞や脳出血は日常生活に支障をきたす代表的な中枢神経疾患であり、特異的な病態の痙性といわれる伸張反射障害が股・足関節に生じ易い。 健常者を対象に、プラ […]

(*´з`)姿勢制御と動作の話

2016年2月9日 0

( `ー´)ノ題名:姿勢制御と動作の話 姿勢制御には支持基底面内で身体重心の移動量を最小限にする姿勢安定性と、動作課題に関与する身体の複数の体節間の関係、また、身体と環境との関係を適切に保持する姿勢定 […]

“(-“”-)”転倒と高齢者の話

2015年11月10日 0

(*^。^*)題名:転倒と高齢者の話 高齢化率は上昇を続け、2030(平成42)年には 23.1 %,2055(平成67)年には40.5%に達すると予想されています。 前期高齢者(65歳以上74歳以下 […]

(^o^)肝疾患と精神疾患の話

2015年11月9日 0

(~o~)題名:肝疾患と精神疾患の話 慢性肝炎患者では精神的負担や身体的過労によって不適応状態に陥りやすいとの報告があります。 統合失調症患者でも肝硬変患者でも、生物学的アミン類とその代謝物質の血中濃 […]

(@_@;)踵部と感覚の話

2015年10月29日 0

(・.・;)題名:踵部と感覚の話 末梢神経伝導速度は加齢による変化はないです。 下肢の反応時間は60歳から低下します。 振動覚においては70 歳から低下します。 大腿部の筋量は男性では50歳代、女性で […]

(^ム^)二重課題と歩行の話

2015年10月25日 0

(@_@;)題名:二重課題と歩行の話 歩行時に生じる滑りや躓きは転倒原因のひとつです。 身体動揺を引き起こす外力は、主に下肢関節の衝撃吸収能によって制御されます。 歩行時にヒトは身体動揺を経験すると、 […]

(~_~メ;)変形性膝関節症と歩行の話

2015年10月23日 0

(@_@;)題名:変形性膝関節症と歩行の話 本邦における膝OAの潜在患者数は2530万人、有疾患者数は780万人と推定されて います。 膝OA患者は健常者と比較して歩行速度が有意に低下することを報告さ […]

(^_-)脳卒中とロボットの話

2015年10月21日 0

(#^.^#)題名:脳卒中とロボットの話 ロボットスーツ Hybrid Assistive Limb(以下、HAL)はCYBERDYNE 社によって開発された身体装着型の動作支援ロボットです。 HAL […]

(・_・;)脳卒中患者と予後予測の話

2015年10月21日 0

(~_~;)題名:脳卒中患者と予後予測の話 回復期リハビリテーション(リハ)病棟では、入院時に予後予測に基づいた適切なリハプログラムを作成し、集中的なリハを実施することが重要であると述べられています。 […]

( ;∀;)足関節と不安定性の話

2015年10月20日 0

(´・ω・`)題名:足関節と不安定性の話 足関節捻挫後において構造的な不安定性や機能的な不安定性を有する場合があり、さらに両方が混在するケースに分類することが出来る。 足関節の機能的不安定性を有する場 […]

(+_+。)筋線維と伸張の話

2015年10月13日 0

( ̄□ ̄;)題名:骨格筋と伸張の話 骨格筋の伸張は、スポーツや健康増進など、広く一般的に行われており、筋緊張の緩和、関節可動域の増加などの効果がある。 骨格筋の抗張力を発揮する要素は、アクチン-ミオシ […]

(*^▽^)延髄内側梗塞の話

2015年10月12日 0

( ´ー`)題名:両側延髄内側梗塞の話 両側延髄内側梗塞症例の中に、発症時軽微ながら進行し重篤な転帰を辿るものが少なからず存在する。 しかし臨床像、MRI を含めた補助検査による、予後予測は未確立であ […]

(@_@;)姿勢と呼吸機能の話

2015年10月2日 0

(・.・;)題名:姿勢と呼吸機能の話 円背姿勢では呼吸筋が姿勢保持筋として働き、吸気において呼吸困難性が高ると述べられている。 骨盤後彎座位により吸気時の全胸郭容量と下部胸郭容積が低下したと報告されて […]

(@_@;)温熱療法とコラーゲン線維の話

2015年10月2日 0

(・.・;)題名:温熱療法とコラーゲン線維の話 温熱療法の局所効果としては、鎮痛作用、筋緊張低下作用、コラーゲン線維の伸張性増加作用などが挙げ られている。 これらが関節可動域の向上に関与するとされて […]

(^-^)脳卒中と嚥下障害の話

2015年9月24日 0

( ̄▽ ̄)題名:脳卒中と嚥下障害の話 脳卒中治療ガイドラインによると、急性期の脳血管障害では70%程度の割合で嚥下障害を認めるとされ、経口摂取を開始する前には、意識状態や流涎、水飲み時の咳や喉頭挙上な […]

(*^_^*)心不全と運動療法の話

2015年9月24日 0

(゚∀゚)題名:心不全と運動療法の話 心不全症例に対する運動療法は運動耐用能を改善させるが、心機能とは関連がなく、骨格筋量・機能などの末梢機序を介する効果であるとされている。 近年心不全症例に対して、 […]

(´д`)内発的動機と目標設定の話

2015年9月22日 0

(*^_^*)題名:内発的動機と目標設定の話 内発的動機づけとは自身の内部から生じる自律的・自発的な動機づけであり、具体的には達成感や有能感が含まれる。 これには目標を設定することが重要であるとされ、 […]

(〝⌒∇⌒〝)嚥下と運動の話

2015年9月16日 0

(^_-)題名:嚥下と運動の話 嚥下筋は頸部の運動性や座位姿勢保持に関わる体幹機能等からの影響を受けることが指摘されており、顎引き姿勢(chin-down)は誤嚥予防に有効であると言われているが、その […]

(*’O’*)ペダリング動作の話

2015年8月19日 0

((+_+))題名:ペダリング動作の話 Closed kinetic chain exerciseであるペダリング動作は、負荷量や回転数、運動時間の設定が簡便であることや膝関節に対するストレスが低い。 […]

(´>ω∂`)脳卒中とボツリヌス治療の話

2015年8月17日 0

(+_+)題名:脳卒中とボツリヌス治療の話 ボツリヌス毒素は、食中毒をきたす毒素であり、ボツリヌス菌より産出される。 本邦では、1996 年に眼瞼痙攣に対して承認され、その後、適応疾患が増え、2010 […]

(*´∇`*)Head up tilt試験の話

2015年8月15日 0

(^o^)題名:Head up tilt試験の話 一般的に副交感神経を刺激すると気管が狭窄するといわており、慢性閉塞性肺疾患(COPD)では、気道平滑筋の緊張、 気道分泌の亢進がみられる。 COPDは […]

1 2 3