スポンサード・リンク

(* ̄▽ ̄*)熱性けいれんの話

2017年10月19日 0

熱性けいれんとは  38度以上、特に39~40度の発熱に伴うけいれんで、さらに、けいれんの原因となるような中枢神経感染症、水分・電解質不均衡、器質的異常等に明らかな異常がみられない場合に熱性けいれんと […]

(* ̄ー ̄)不整脈の話

2017年10月17日 0

不整脈には徐脈性不整脈と頻脈性不整脈にわけられ、ほとんど自覚症状を示さないものから、動悸、胸痛、失神発作(アダムストークス発作)をきたして死にいたるものまで色々ある。不整脈の背景には明らかな異常をみと […]

(^〇^)肝硬変症の話

2017年10月17日 0

長期間にわたる慢性肝疾患(慢性肝炎)の結果、肝が高度に線維化をきたし、肝硬変結節が形成されて硬くなった状態をいう。 しばしば、肝硬変結節から「肝がん」(肝細胞がん)が発生する。 慢性肝炎の門脈の線維化 […]

(*´-`)脳動脈瘤の話

2017年10月17日 0

●概論 頭蓋内動脈、特に脳底部の主幹動脈の壁が瘤状に拡大するもの。 原因によって、先天性、動脈硬化性、細菌性、外傷性、梅毒性などに分けられ、また形状から桑実状あるいは嚢状と紡錘状の二つに分けられるが、 […]

(ノ_<。)多発性硬化症の話

2017年10月14日 0

中枢神経系の慢性炎症性脱髄疾患であり、症状の寛解と増悪を繰り返す(時間的多発)、脱髄巣が多発する(空間的多発)のが特徴です。私達の神経活動は神経細胞から出る細い電線のような神経の線を伝わる電気活動によ […]

o^・^o内視鏡的胃粘膜切除術の話

2017年10月10日 0

 Endoscopic Mucosal Resectionの頭文字をとってEMRと呼ぶ。これは、胃内視鏡を用いて胃の粘膜を切除する方法で、手術ではあるが、開腹することなく行う方法であり、傷が無く、痛み […]

(。-∀-)消化器ドレナージ管理の話

2017年10月9日 0

1.ドレナージの目的 1)予防的ドレナージ 体液の貯留による腹腔内膿瘍などの術後合併症を防止したり、通過障害や内庄上昇を予防するために挿入する。術後出血・縫合不全などの情報を得るためのインフォメーショ […]

( ´∀`)神経性大食症の話

2017年10月7日 0

発作的に繰り返される過食と体重のコントロールに過度に没頭することが特徴である。 神経性無食欲症の経過中に過食になる場合もあるが、最初から過食をもって、神経性大食症が発症することもある。 信じがたいほど […]

(о´∀`о)炎症反応の話

2017年10月7日 0

炎症反応とは微小循環系が分布している組織の有害刺激に対応する局所性反応である。 有害刺激としては外来性の異物、物理エネルギーはもちろん、傷害された組織そのものも起炎性刺激となりうる。 通常の炎症では、 […]

ヽ(^。^)ノ点頭てんかんの話

2017年10月4日 0

 瞬間的または長くとも数秒以内に終了する痙攣発作である。ほとんどが乳児期(特に3~9ヶ月)に発症する。また、特発性のものが30%、症候性が70%(精神遅滞・脳性麻痺が多い)であり、症候性の原因として、 […]

(゜ロ゜)大腸癌の話

2017年9月27日 0

 虫垂を含めて盲腸からS状結腸までに発生する癌を結腸癌と言い、直腸、肛門管に発生するものを直腸・肛門管癌という。この両者を合わせて大腸癌と総称する。後発部位は、直腸・肛門管癌が50%と多く、ついでS状 […]

(T_T)小児ネフローゼ症候群患者と腎生検の話

2017年9月20日 0

ネフローゼ症候群とは、高度の蛋白尿と低蛋白血症を主徴とし、多くの場合、これに起因する高脂血症や浮腫の症状を伴う糸球体疾患の一群とされています。 ネフローゼ症候群は、さまざまな原因により発症するが、原発 […]

(ノ_<。)経皮内視鏡的胃瘻造設術の話

2017年9月20日 0

開腹手術をせずに内視鏡を使い、腹壁と胃壁の間に瘻孔(胃瘻)をつくる方法です。 カテーテルを通して直接胃に栄養剤を注入する栄養療法として使用されるほか、イレウスに対する減圧目的としても使用されることもあ […]

(≡^∇^≡)尿道下裂の話

2017年9月20日 0

尿道の先天異常のうち最も多く見られるもので、外尿道口が亀頭先端に開かず、陰茎腹面、陰のう、会陰に開口しており、高度のものは半陰陽の外観を呈し、出生時、性の判定を誤ることがあります。 原因として遺伝、精 […]

o(T□T)o顎変形症の話

2017年9月20日 0

顎変形症とは  原因は、先天性の要因によるものと何らかの疾患の症状あるいは後遺症として生じる後天性のものがある。発症部位によって上顎、下顎、上下顎変形症に分類される。病名としては、上下顎変形症・下顎前 […]

(* ̄∇ ̄*)森田療法と手法の話

2017年9月20日 0

森田療法とは、森田正馬によって創始された、禅の思想とかかわりの深い、東洋的・日本的な治療法である。 不安や恐怖に直面し、現在の状況をあるがままに受け入れ、逃げ出さずに、そのなかで不安・恐怖に打ち勝って […]

(*^。^*)慢性肝炎の話

2017年9月18日 0

慢性肝炎とは  急性肝炎に罹患後 6か月以上肝内に炎症が持続し、臨床症状、肝機能検査の異常が存在するものを臨床的に慢性肝炎という。慢性肝炎の成因として、わが国では肝炎ウイルスによるものが圧倒的に多い。 […]

(ノ´∀`*)糖尿病と薬物療法の話

2017年9月16日 0

膵臓のβ細胞が破壊されて、インスリン分泌が枯渇してしまう1型糖尿病ではきめ細やかなインスリン治療を行う必要があるが、インスリン分泌の低下とインスリン抵抗性の双方の関与が考えられる2型糖尿病では、さまざ […]

\(゜o゜;)/ステロイドパルス療法の話

2017年9月13日 0

ステロイドとは副腎皮質ホルモンで、副腎皮質という身体の一部の臓器から作られ、強力な抗炎症作用と免疫抑制作用を有する。そして、ステロイドパルス療法は即効作用があり、その効果は数日から1週間程度維持する。 […]

(^◇^)腎不全の話

2017年9月13日 0

腎不全とは  腎不全とは、高度の腎障害のために生体の内部環境の恒常性を維持できなくなった状態をいう。本症は、短期間で急激な腎機能の悪化をきたす急性腎不全と、慢性の腎疾患が徐々に進行して腎機能の悪化をき […]

(о´∀`о)停留精巣の話

2017年9月13日 0

精巣(精巣)は胎生期に腹腔から下降して陰嚢内にはいるが、この下降経路の途中で腹部や鼠径部に停止している状態を停留精巣(精巣)という。停留精巣の発生頻度は未熟児において最も高く約30%、満期新生児では4 […]

(°▽°)子宮癌検診の話

2017年9月12日 0

●目的 子宮がんは早期治療を行えばほとんど治癒することから、早期発見が特に重要である。 子宮がん検診は、子宮頚部及び子宮体部に発生するがんを、早期に発見し、早期の治療に結びつけることを目的としている。 […]

(≡^∇^≡)感染予防の話

2017年9月11日 0

●感染予防の意義 抵抗力が低下している患者は療養中に感染を受ける危険性が高い。※のように現在の医療の現場では至る所に感染源があることから、患者は常に安全が脅かされる状況にある。看護師の不適切・不注意な […]

(*^▽^*)心不全の話

2017年9月11日 0

心臓の種々の機能障害により心臓が全身の組織(臓器)の需要に対する十分な血液を駆出できなくなった状態です。 心機能低下によるものを低拍出性心不全(大半の心不全)、全身臓器の需要の増大によるものを高拍出性 […]

(“⌒∇⌒”)筋萎縮性側索硬化症動作とADLの話

2017年9月10日 0

Ⅰ.移動 1)歩行自立期 歩行を継続するようにする。 安全のためには、階段の滑り止め、段差の解消や手すりの設置といった家屋改造が有効な場合もあるが、家屋改造ができない場合でも、杖や歩行期の利用、既存の […]

(*^_^*)小児と輸液の話

2017年9月10日 0

●小児の輸液の特徴 輸液とは、血管内、皮下、腹腔内に、大量の液体を投与することである。小児は、体内の水分・電解質および酸塩基平衡状態の調節機能が未熟であり、下痢や嘔吐、脱水により、容易にバランスがくず […]

(ノ_<。)尿道カルンクルの話

2017年9月2日 0

女性尿道の腫瘍のなかではもっとも多く、中年以降の女性の外尿道口に発生するもので、便秘、多産などが関係するといわれます。 主として尿道後壁から発生する米粒大からイチゴ状の鮮紅あるいは暗赤色の柔軟な小腫瘍 […]

o(T□T)o臍帯血移植の話

2017年8月25日 0

わが国では、1999年4月にCBTが保険承認となった。 CBTとは、胎盤および臍帯などの臍帯血に含まれる造血幹細胞を供給源として行う造血幹細胞移植である。 臍帯血中には骨髄や末梢血よりもさらに未分化な […]

(*´-`)脳出血の話

2017年8月23日 0

●概論 脳実質内に出血が生じたものをいいます。 一定以上の出血により血腫を形成します(脳内血腫)。 原因疾患としては、高血圧性脳内出血が50~60%を占めます。 血圧に対する普段からの意識や生活習慣の […]

(゜▽゜*)骨肉腫の話

2017年7月1日 0

 原発性骨悪性腫瘍中で最も多く見られるが、全国でも年間200例前後しか新たな症例の発生はないため、専門的施設での治療を要するまれな腫瘍である。好発年齢は、10歳代が最も多く、とくに15~19歳に好発す […]

(*´ー`*)乳癌検診の話

2017年6月21日 0

■目的 乳がんによる女性の死亡数は急速に増加しており、将来は女性の悪性新生物罹患率の第1位を占めるものと予測されている。また、乳がんは自己検診が可能ながんであり、その方法と乳がんに関する正しい知識の啓 […]

(゜ロ゜)甲状腺機能亢進症の話

2017年6月21日 0

甲状腺で過剰に甲状腺ホルモンが生成され、それが血中に分泌されることにより体内の代謝が亢進し、いろいろな臨床症状が生じた状態である。この疾患は糖尿病についで多く、女性は男性の4~5倍かかりやすく、思春期 […]

1 2 3 24