スポンサード・リンク

( 〃▽〃)痛みと評価の話

2017年12月13日 0

痛みは触ったり、圧迫されたときに作用する神経系と同じ感覚神経系に支配される。痛みは生体の防御機構を維持するうえで重要な感覚であり、生体の警告信号として、呼吸・循環器系、筋・骨格系、神経系において種々の […]

(゜ロ゜)失語の話

2017年12月12日 0

「発語に関する筋や末梢神経には異常がなく、知能や意識の低下もなく、聴力の障害もないのに、言語による表現や文字の理解ができないもの。」   ≪運動性失語(ブローカ失語:Broca Aphasi […]

(T_T)反射性交感神経性ジストロフィーの話

2017年12月12日 0

今日、左片麻痺で右上腕骨骨折を呈した患者の治療を見学した際、右手のストレッチ中にその部位に疼痛を訴えられていたが、それは反射性交感神経性ジストロフィー(reflex sympathetic dystr […]

(´・ω・`)切迫流産の話

2017年12月12日 0

 胎芽あるいは胎児およびその付属物は全く排出されておらず子宮口も閉鎖している状態で少量の出血がある場合、下腹部痛の有無にかかわらず切迫流産と呼ぶ。 病態アセスメント  切迫流産は全妊娠の20~30%に […]

(〃^ー^〃)肝癌の話

2017年12月10日 0

肝臓および胆嚢の構造 (1)肝臓 肝臓は腹腔の右上部で横隔膜の直下にあり、赤褐色、重さ約1.2kgの実質臓器である。左方の小部分が正中線より左方にある。上面(横隔面)は一般に凸隆し、横隔膜の円蓋に適合 […]

(。-∀-)気管切開の話

2017年12月10日 0

局所麻酔下に皮膚、筋膜と切開していき、気管前壁を露出する。気管壁を縦に約2cm切開し、気管カニューレを挿入する。気管カニューレは人口呼吸器に接続できる。喉頭から気管までの狭窄、閉塞、痰の喀出困難、呼吸 […]

(´∇`)転換性障害の話

2017年12月10日 0

 無意識領域下に抑圧されたストレスや葛藤が、知覚あるいは随意運動系の身体症状に変換された反応である。その症状は一般身体疾患によっては十分に説明できない。現在では疾患単位ではなく、転換反応といった反応の […]

(*´▽`*)急性期脳卒中とリハビリテーションの話

2017年12月10日 0

●目的と基本的態度 急性期では救命、再発や病巣の拡がりの防止、合併症の予防、その他、不慮の事故の防止など、病型、病態に合わせて慎重にリスク管理をしながら理学療法を進めていかなければならない。 急性期の […]

(^◇^)深部感覚性運動失調の話

2017年12月6日 0

●深部感覚性運動失調による疾患 深部感覚性運動失調(症) 1) 脊髄性運動失調の特徴 固有受容器である筋紡錘や腱紡錘からの求心路病変による運動感覚や筋緊張のフィードッバックの障害と考えられます。 主に […]

(*^.^*)多発性骨髄腫の話

2017年12月5日 0

骨髄腫は、骨髄の形質細胞が腫瘍化して無制限に増殖するもので、形質細胞腫とも呼ばれる。 Bリンパ球から分化した形質細胞はγ―グロブリン産生細胞であることから、骨髄腫の患者の血清中には単一種の異常免疫グロ […]

(///ω///)脳卒中と予後予測の話

2017年12月5日 0

脳血管障害の予後を推定することは、治療および介護の面からはもちろんのことリハビリテーションの計画を立てるうえからも極めて重要である。 脳卒中の発症時には、脳血管代謝に突然大きな変化が生じるとともに、体 […]

(*´∇`*)糖尿病の話

2017年12月5日 0

インスリン作用(血糖を下げる)の絶対的(小児・若年)あるいは相対的(中年以降)不足によって、糖の代謝障害をきたす疾患である。 インスリン依存型糖尿病(IDDM)とインスリン非依存型糖尿病(NIDDM) […]

d(^-^)子宮癌の話

2017年11月18日 0

子宮は解剖学的に子宮頸部と子宮体部という、2つの部分に大別されます。 そのうち子宮頸部に原発した癌を子宮頸癌、子宮体部に原発した癌を子宮体癌と呼びます。 子宮頸癌のリスクは、性交開始の年齢が若いほど、 […]

( ・∇・)解離性障害の話

2017年11月18日 0

従来のいわゆるヒステリーに相当するものが、解離を中心とする神経症性障害。これまでは精神症状を解離症状と身体症状を転換症状としり分類が一般的だったが、ICD‐10では過去の記憶、同一性と直接的感覚の意識 […]

(゜ロ゜;ノ)ノ変形性膝関節症の話

2017年11月18日 0

●はじめに 高齢者の膝関節疾患中、最も一般的な疾患であり、統計では中年以後の年齢層では症状の有無にかかわらず25~40%が本症に羅患しているといわれている。本症の病態は関節軟骨の変性と摩耗が主体である […]

(=⌒ー⌒=)ノ深部静脈血栓症の話

2017年11月15日 0

 静脈うっ血と血液性状の変化により、静脈に血栓が形成された状態である。 静脈血栓症は血栓性静脈炎とも言われ、多くは二次的に静脈壁に炎症所見を伴う。静脈血栓症は全身の表在性や深部のどの静脈にも起こりえる […]

(゜ロ゜;ノ)ノ摂食障害の話

2017年11月13日 0

摂食障害とは  臨床で問題となることが最も多いのは神経性食思不振症と大食症である。神経性食思不振症は痩せ願望、成人することへの拒否、成長モデルのもてなさの反映などに基づいて意図的に不食行動をとり、著明 […]

(#^.^#)ミニメンタルステート検査の話

2017年11月13日 0

ミニメンタルステート検査(MMSE)は痴呆のスクリーニングに国際的に広く用いられているもので、見当識、記銘力、計算、逆唱などに加えて、動作の支持、読み書き、図形模写など動作性、視覚性の要素も加わってい […]

(゜ロ゜;甲状腺癌の話

2017年11月11日 0

 甲状腺癌は、体内の甲状腺刺激ホルモンの増加が原因とみられ、病理組織学的により乳頭腺癌・濾胞癌・髄様癌・未分化癌・悪性リンパ腫の5種類に分けられ、それぞれ臨床上の特徴など病態に違いがあるという特徴があ […]

( v^-゜)♪精神分析療法の話

2017年11月11日 0

S.Freud(フロイト)によって、19~20世紀初頭にかけて創始された。 精神分析療法は力動的精神療法の母胎であり典型である。 現実のなかでなんらかの心理的困難に直面し解決できないと、われわれの心( […]

ヽ( ̄▽ ̄)ノ多発性硬化症の話

2017年11月9日 0

脱髄性疾患の中心的疾患であり、中枢神経に多巣性に脱髄をきたす。 発症頻度は欧米では人口10万に20~60人で北緯40度以北に高頻度に発症する。 わが国では欧米の1/10程度である。 発症年齢は15~5 […]

(/ー ̄;)成長期とスポーツ障害の話

2017年11月9日 0

離断性骨軟骨炎 関節軟骨直下の骨組織が何らかの原因で母床より離断し、壊死組織となったものである。離断した骨軟骨下組織を被う関節軟骨は、表面上ほとんど変化がなく連続性が保たれている場合もあるが、症状があ […]

(*´∀`)シャルコー・マリー・トゥース病の話

2017年11月8日 0

本疾患名はCharcot、Marieらによって報告された遺伝性運動感覚性ニューロパチーに対して名付けられた。 その後広く遺伝性運動感覚性ニューロパチーをシャルコー・マリー・トゥース病と総称するようにな […]

( ̄▽ ̄;)腎不全と慢性腎不全の話

2017年11月7日 0

腎不全とは、腎機能の低下(特にGFRの低下)によって、高窒素血症が生じたり、水・電解質、酸-塩基平衡などが障害される。 腎不全はネフロンの機能が低下するが可逆的である。 慢性腎不全はすべての疾患が原因 […]

(^◇^)球麻痺症候の話

2017年11月7日 0

①概念 球麻痺(真性球麻痺):延髄から出る運動性脳神経orそれにより支配される筋群の麻痺をいう。 偽性(仮性)球麻痺:上位運動ニューロンである皮質延髄路の病変による核上性障害をいう。 主症候はいずれも […]

( ☆∀☆)頚髄損傷と急性期の話

2017年11月7日 0

急性期では医学的管理と看護のもとに、受傷部の整復、固定の為ベッド上での安静臥床を余儀なくされる。理学療法は全身および局所状態の改善と二次的障害の予防に努め、早期に身体機能を取り戻し将来の自立に備えるこ […]

d(⌒ー⌒)!膠原病と治療の話

2017年11月7日 0

1.薬物療法 膠原病は炎症反応・疼痛・発熱をはじめとする多彩な自覚・他覚症状を呈する。これらの症状は苦痛を軽減し改善するためには薬物療法が行われる。 (方法) 与薬法は経口・静注・パルス療法・関節腔内 […]

(/▽\)♪低出生体重児と未熟児の話

2017年11月3日 0

 出生直後から子宮外での生活への生理的適応過程が終了するまでの期間の児を新生児といい、その新生児を出生体重により分類したものである。 低出生体重児 :出生体重2500g未満の児 極低出生体重児:出生体 […]

( ^∀^)僧帽弁疾患の話

2017年11月1日 0

僧帽弁疾患とは  弁膜症には閉鎖不全と狭窄症がある。 僧帽弁狭窄症は、原因としてリウマチ熱が考えられているが、その既往が明確なものは約半数である。男性よりも女性に多く、1:3~4の割合である。リウマチ […]

(◎皿◎)肺炎患児の話

2017年11月1日 0

肺炎とは  肺炎は、病因微生物の感染に伴う炎症であり、肺胞あるいは肺胞間質に炎症性細胞浸潤が起こり、微生物と炎症細胞の反応によりさまざまなサイトカインが産生される。その反応として発熱などの全身症状とと […]

(´・ω・`)心筋梗塞の話

2017年10月29日 0

非常に強い胸痛発作がある。 典型的な異常所見はST上昇、異常Q波、冠性T(T波の逆転)など示す。 心筋に含まれていた酵素が血液中に流出して、血中濃度が上昇する。 血流が遮断されると当然造影剤の流れも遮 […]

ヽ(^○^)ノ閉塞栓動脈硬化症の話

2017年10月29日 0

四肢の主幹動脈が徐々に狭窄あるいは閉塞し、その末梢組織の循環障害をきたす疾患である※1慢性動脈閉塞症のひとつ〔他に※2Buerger(バージャー)病(TAO)などがある〕中年以降の男性に好発し、高血圧 […]

(´д`|||)ギラン・バレー症候群の話

2017年10月29日 0

急性に四肢の脱力が出現する、運動神経の障害を中心とする炎症性のニューロパチー(末梢神経障害)である。原因は不明であるが、前駆症状の上気道炎や胃腸炎、下痢などの感染症に髄患したのち1~3週間後に発症する […]

1 2 3 26