スポンサード・リンク

(/▽\)♪低出生体重児と未熟児の話

2017年11月3日 0

 出生直後から子宮外での生活への生理的適応過程が終了するまでの期間の児を新生児といい、その新生児を出生体重により分類したものである。 低出生体重児 :出生体重2500g未満の児 極低出生体重児:出生体 […]

(◎皿◎)肺炎患児の話

2017年11月1日 0

肺炎とは  肺炎は、病因微生物の感染に伴う炎症であり、肺胞あるいは肺胞間質に炎症性細胞浸潤が起こり、微生物と炎症細胞の反応によりさまざまなサイトカインが産生される。その反応として発熱などの全身症状とと […]

(^〇^)ネフローゼ症候群患児と看護の話

2017年10月25日 0

1.腎臓の仕組みと働き ①腎臓の仕組み *腎臓 腎臓は第12胸椎から第3腰椎の高さに位置して、後腹膜腔内に左右一個ずつある。大きさは長さ約10cm×幅約5cm×厚さ約3cm、重量は約120g。 腎臓は […]

(* ̄▽ ̄*)熱性けいれんの話

2017年10月19日 0

熱性けいれんとは  38度以上、特に39~40度の発熱に伴うけいれんで、さらに、けいれんの原因となるような中枢神経感染症、水分・電解質不均衡、器質的異常等に明らかな異常がみられない場合に熱性けいれんと […]

(T_T)小児ネフローゼ症候群患者と腎生検の話

2017年9月20日 0

ネフローゼ症候群とは、高度の蛋白尿と低蛋白血症を主徴とし、多くの場合、これに起因する高脂血症や浮腫の症状を伴う糸球体疾患の一群とされています。 ネフローゼ症候群は、さまざまな原因により発症するが、原発 […]

(*^_^*)小児と輸液の話

2017年9月10日 0

●小児の輸液の特徴 輸液とは、血管内、皮下、腹腔内に、大量の液体を投与することである。小児は、体内の水分・電解質および酸塩基平衡状態の調節機能が未熟であり、下痢や嘔吐、脱水により、容易にバランスがくず […]

(/o\)小児期伝染性疾患の話

2017年4月5日 0

 感染症のうち、人から人へと病原・微生物が伝播していくものを伝染性疾患という。小児の疾病には伝染性のものが多く、成人は小児から感染を受けることは少ないが、小児どうしは互いに感染源となりうる。そこで、こ […]

(´;ω;`)小児先天性心疾患患児の話

2017年4月5日 0

先天性心疾患とは  奇形のなかで最も多いものの1つとされ、何らかの原因で、出生時に心臓に奇形を有しているものである。心臓の奇形の発生原因には、発育停止説、感染説、遺伝説など種々考えられるが、まだ完全に […]

(〃^ー^〃)熱性痙攣の話

2017年4月5日 0

<病態> 熱性痙攣は、中枢神経感染症および急性代謝疾患以外の原因による38℃以上の発熱によって生ずる痙攣発作を意味するもので、最も頻度の高い小児神経疾患の1つである。 <原因> ・内因:年 […]

ヽ( ̄▽ ̄)ノ小児慢性腎炎患児の話

2017年3月13日 0

慢性腎炎とは  発症の原因は、溶連菌やB型肝炎ウイルスなど一部を除いて、大部分は原因不明のことが多い。 慢性腎炎は、(1)急性腎炎の発症から異常所見または高血圧が一年以上持続しているもの、(2)発症に […]

(p^-^)p小児白血病患児の話

2016年9月23日 0

(*^。^*)題名:小児白血病患児の話  小児期の悪性腫瘍のなかで最も発生頻度が高く、年間1000人の発症がある。発症のメカニズムについては、癌遺伝子についての研究が進んでいる。急性白血病の80%は、 […]

(* ̄∇ ̄)ノ栄養と身体測定の話

2016年3月15日 0

(。^。^。)題名:栄養と身体測定の話 高 齢者で栄養障害をもつ頻度は意外に多く、いわゆるタンパク質の欠乏とエネルギーの欠乏が複合して起こるProtein-Energy Malnutrition(PE […]

(^〇^)川崎病患児と看護の話

2016年2月9日 0

(^〇^)川崎病患児と看護の話 ●看護のポイント ①心血管系の炎症による心機能障害の合併は、冠状動脈瘤の破裂や不整脈、心筋梗塞による突然死をきたす場合があり、患児の状況を的確に把握し、突然死を未然に防 […]

(*≧∀≦*)小児と身体測定の話

2016年1月31日 0

(^ム^)題名:小児と身体測定の話 ●目的 身体測定は、健康な小児を対象とした健診の場や、定期的な外来通院中、入院中の小児に対してよく用いられるアセスメントの1つである。 新生児・乳児では頭囲や胸囲の […]

(#^.^#)先天性股関節脱臼の話

2015年10月31日 0

(^O^)題名:先天性股関節脱臼の話 出生前および出生後(出生時)に大腿骨骨頭が関節包の中で脱臼している状態を先天性股関節脱臼と称します。 この疾患の概念には出生前・後の股関節脱臼はもちろん、亜脱臼や […]

(/o\)二分脊髄の話

2015年9月28日 0

(´∀`)題名:二分脊髄の話 二分脊髄とは脊椎骨の癒合不全を指す言葉であるが、その原因は神経管の閉鎖障害によるもので疾患の本態は脊髄の奇形である。 二分脊椎には、開放型(脊髄髄膜瘤)と閉鎖型(髄膜瘤、 […]

(〃ω〃)髄膜炎の話

2015年9月17日 0

( ^)o(^ )題名:髄膜炎の話  髄膜とは、硬膜、くも膜、軟膜よりなり、くも膜、軟膜を総称してLeptomeninxと呼び、髄膜炎は、通常、Leptomeninxとこれに囲まれているくも膜下腔に炎 […]

(^0^)不明熱と看護計画の話

2015年8月30日 0

(^J^)題名:不明熱と看護計画の話  不明熱とは、いろいろ検査し治療を行なっても原因が不明で2週間以上あるいは入院後1週間以上高熱が続くことをいう。小児の体温は成人よりやや高く、日内変動も1.0℃程 […]

(ノ_<。)ペルテス病の話

2015年8月14日 0

(^O^)題名:ペルテス病の話 ペルテス病は発育期に大腿骨近位骨端部(骨端核)が阻血性壊死をきたす疾患である。壊死は最終的には完全に修復されるが、その修復過程で壊死に続発する大腿骨頭の陥没変形、扁平巨 […]

(ノ_<。)小児下痢症患児の話

2015年6月25日 0

(^0_0^)題名:小児下痢症患児の話 下痢とは  下痢とは、糞便中の水分量が増加することを意味する。正常の糞便中の水分は70%前後であり、85%前後になると軟便から泥状便、90%以上では水様便となる […]

(*´∇`*)痙直型CPの特徴と治療原則の話

2015年6月24日 0

(´・ω・`)題名:痙直型CPの特徴と治療原則の話 多くの痙直型CPは、痙縮の影響で自発的な運動の広がりが阻害される。 また代償運動、連合反応の出現により症状が増悪する。 一方、相反抑制された体幹の低 […]

(〃ω〃)重症心身障害児と看護の話

2015年5月20日 0

(@_@;)題名:重症心身障害児と看護の話 バイタルサイン測定 重症心身障害児は生理的機能の発達が未熟であり、適応力の幅が狭いことなどから少しの外的変化にも対応できず、体調を崩し状態を悪化させることが […]

(^_-)脳性麻痺の話

2015年3月29日 0

(^0_0^)題名:脳性麻痺の話 受胎より周産期、新生児期までに生じた、中枢神経系の障害による運動を主とした障害が中心となり、これに付随し た様々な症状が合併する。 脳の変性疾患など、進行性の疾患は除 […]

d=(^o^)=bクラインフェルター症候群の話

2014年12月28日 0

( 一一)題名:クラインフェルター症候群の話 クラインフェルター(Klinefelter)症候群は性染色体異常の一つで、過剰なⅩ染色体をもつ男性に起こる性腺機能不全症である。 身体を構成する細胞中に2 […]

(* ̄ー ̄)先天性股関節脱臼と先天股脱の話

2014年12月27日 0

( 一一)題名:先天性股関節脱臼と先天股脱の話 概念 出生前および出生後(出生時)に大腿骨頭が関節包の中で脱臼している状態(関節包内脱臼)を先天性股関節脱臼と称する。以前は先天股脱と称されていたが、奇 […]

(* ̄ー ̄)小児と乳頭癌の話

2014年11月21日 0

(ー_ー)!!題名:小児と乳頭癌の話 小児の乳頭癌はびまん性硬化型乳頭癌や濾胞型乳頭癌など特殊な組織型を示すものが多い。 その臨床的な特徴は成人のそれとかなりの差異を示す。 頸部リンパ節転移が激しく、 […]

(´∇`)核黄疸の話

2014年11月18日 0

(ー_ー)!!題名:核黄疸の話 新生児期に黄疸が出現し、その値が異常に高くなることによって脳の、特定部位の基底核、海馬回を中心にビリルビンの沈着、黄染がみられ、神経細胞が破壊されることにより、脳性麻痺 […]

(*^。^*)先天性内反足の話

2014年11月5日 0

(~_~メ)題名:先天性内反足の話 発症頻度は約1500人に1人といわれているが、最近は減少傾向にある。男女比は2:1と男性に多く、片側例と両側例はほぼ同数を占める。 原因 胎児が子宮内で異常な肢位を […]

ヽ( ̄▽ ̄)ノ脳性麻痺の話

2014年10月19日 0

(~_~メ)題名:脳性麻痺の話 1.定義(by 昭和43年厚生省CP研究班会議) 『脳性麻痺とは、受胎から新生児期(生後4週間以内)の間に生じた脳の非進行性病変にもとづく、永続的なしかし変化しうる運動 […]

(‘-‘*)クループと看護計画の話

2014年9月26日 0

(^O^)題名:クループと看護計画の話  喉頭および気管の感染による急性喉頭炎の中で、声門下浮腫から濃い分泌物による上気道閉塞を伴う呼吸困難の著明なもの、すなわち閉塞性喉頭炎である。喉頭および気管のジ […]

(*^O^*)カナバン病と特許問題の話

2014年4月23日 0

(=_=)題名:カナバン病と特許問題の話 カナバン病の特許問題について。 カナバン病は生後まもなく脳や神経の発達に異常をきたし、筋肉を始め身体機能が発達せず10歳前後で死に至る。 両親から原因となる遺 […]

(^w^)フェニールケトン尿症の話

2014年1月10日 0

(*_*)題名:フェニールケトン尿症の話 フェニールケトン尿症は常染色体の劣性遺伝によっておこります。 米国では16,000人に1人の割合で、男女の別なく発生する。 この疾患は血液検査で簡単に診断でき […]

1 2