スポンサード・リンク

(/▽\)♪低出生体重児と未熟児の話

2017年11月3日 0

 出生直後から子宮外での生活への生理的適応過程が終了するまでの期間の児を新生児といい、その新生児を出生体重により分類したものである。 低出生体重児 :出生体重2500g未満の児 極低出生体重児:出生体 […]

(◎皿◎)肺炎患児の話

2017年11月1日 0

肺炎とは  肺炎は、病因微生物の感染に伴う炎症であり、肺胞あるいは肺胞間質に炎症性細胞浸潤が起こり、微生物と炎症細胞の反応によりさまざまなサイトカインが産生される。その反応として発熱などの全身症状とと […]

(^〇^)ネフローゼ症候群患児と看護の話

2017年10月25日 0

1.腎臓の仕組みと働き ①腎臓の仕組み *腎臓 腎臓は第12胸椎から第3腰椎の高さに位置して、後腹膜腔内に左右一個ずつある。大きさは長さ約10cm×幅約5cm×厚さ約3cm、重量は約120g。 腎臓は […]

(* ̄▽ ̄*)熱性けいれんの話

2017年10月19日 0

熱性けいれんとは  38度以上、特に39~40度の発熱に伴うけいれんで、さらに、けいれんの原因となるような中枢神経感染症、水分・電解質不均衡、器質的異常等に明らかな異常がみられない場合に熱性けいれんと […]

(T_T)小児ネフローゼ症候群患者と腎生検の話

2017年9月20日 0

ネフローゼ症候群とは、高度の蛋白尿と低蛋白血症を主徴とし、多くの場合、これに起因する高脂血症や浮腫の症状を伴う糸球体疾患の一群とされています。 ネフローゼ症候群は、さまざまな原因により発症するが、原発 […]

(*^_^*)小児と輸液の話

2017年9月10日 0

●小児の輸液の特徴 輸液とは、血管内、皮下、腹腔内に、大量の液体を投与することである。小児は、体内の水分・電解質および酸塩基平衡状態の調節機能が未熟であり、下痢や嘔吐、脱水により、容易にバランスがくず […]

(〃^ー^〃)熱性痙攣の話

2017年4月5日 0

<病態> 熱性痙攣は、中枢神経感染症および急性代謝疾患以外の原因による38℃以上の発熱によって生ずる痙攣発作を意味するもので、最も頻度の高い小児神経疾患の1つである。 <原因> ・内因:年 […]

(/o\)小児期伝染性疾患の話

2017年4月5日 0

 感染症のうち、人から人へと病原・微生物が伝播していくものを伝染性疾患という。小児の疾病には伝染性のものが多く、成人は小児から感染を受けることは少ないが、小児どうしは互いに感染源となりうる。そこで、こ […]

(´;ω;`)小児先天性心疾患患児の話

2017年4月5日 0

先天性心疾患とは  奇形のなかで最も多いものの1つとされ、何らかの原因で、出生時に心臓に奇形を有しているものである。心臓の奇形の発生原因には、発育停止説、感染説、遺伝説など種々考えられるが、まだ完全に […]

ヽ( ̄▽ ̄)ノ小児慢性腎炎患児の話

2017年3月13日 0

慢性腎炎とは  発症の原因は、溶連菌やB型肝炎ウイルスなど一部を除いて、大部分は原因不明のことが多い。 慢性腎炎は、(1)急性腎炎の発症から異常所見または高血圧が一年以上持続しているもの、(2)発症に […]

1 2 3 4