スポンサード・リンク

(=⌒ー⌒=)ノ深部静脈血栓症の話

2017年11月15日 0

 静脈うっ血と血液性状の変化により、静脈に血栓が形成された状態である。 静脈血栓症は血栓性静脈炎とも言われ、多くは二次的に静脈壁に炎症所見を伴う。静脈血栓症は全身の表在性や深部のどの静脈にも起こりえる […]

( ^∀^)僧帽弁疾患の話

2017年11月1日 0

僧帽弁疾患とは  弁膜症には閉鎖不全と狭窄症がある。 僧帽弁狭窄症は、原因としてリウマチ熱が考えられているが、その既往が明確なものは約半数である。男性よりも女性に多く、1:3~4の割合である。リウマチ […]

(´・ω・`)心筋梗塞の話

2017年10月29日 0

非常に強い胸痛発作がある。 典型的な異常所見はST上昇、異常Q波、冠性T(T波の逆転)など示す。 心筋に含まれていた酵素が血液中に流出して、血中濃度が上昇する。 血流が遮断されると当然造影剤の流れも遮 […]

ヽ(^○^)ノ閉塞栓動脈硬化症の話

2017年10月29日 0

四肢の主幹動脈が徐々に狭窄あるいは閉塞し、その末梢組織の循環障害をきたす疾患である※1慢性動脈閉塞症のひとつ〔他に※2Buerger(バージャー)病(TAO)などがある〕中年以降の男性に好発し、高血圧 […]

(゜m゜;)心不全の話

2017年10月20日 0

心不全とは「心機能低下により、全身の組織代謝に必要な血液量を駆出できない状態、あるいはそれが心室充満圧の上昇によってのみ可能な状態」である。 心臓はポンプとして、臓器、組織が必要とする血液を送り出して […]

(/o\)血管内手術とアンギオの話

2017年10月20日 0

経皮的に大腿動脈より頭蓋内血管にカテーテルを挿入し、目的の血管を閉塞・開通・拡張する治療である治療後、血栓形成、閉塞予防のため抗凝固療法を行なう 対象及び目的 脳動脈瘤:瘤内にコイルを留置し出血を予防 […]

(* ̄ー ̄)不整脈の話

2017年10月17日 0

不整脈には徐脈性不整脈と頻脈性不整脈にわけられ、ほとんど自覚症状を示さないものから、動悸、胸痛、失神発作(アダムストークス発作)をきたして死にいたるものまで色々ある。不整脈の背景には明らかな異常をみと […]

(*^▽^*)心不全の話

2017年9月11日 0

心臓の種々の機能障害により心臓が全身の組織(臓器)の需要に対する十分な血液を駆出できなくなった状態です。 心機能低下によるものを低拍出性心不全(大半の心不全)、全身臓器の需要の増大によるものを高拍出性 […]

ヽ(^。^)ノ高血圧の話

2017年5月27日 0

 収縮期と拡張期の血圧が上昇する動脈系小血管の異常状態である。世界保健機構(WHO)の基準では高血圧とは収縮期血圧が160㎜Hg以上、拡張期血圧が95㎜Hg以上のものと定義されている。(血圧にかなり個 […]

(^w^)解離性大動脈瘤の話

2017年1月22日 0

(^_-)題名:解離性大動脈瘤の話  大動脈中膜の変性・嚢包中膜壊死のため、中膜が内外2層に解離し、その間(偽腔)に血腫を形成するものである。病因として、高血圧、動脈硬化、マルファン症候群、妊娠、外傷 […]

(*^-^*)心筋梗塞の話

2017年1月21日 0

(;O;)v題名:心筋梗塞の話 主として冠状動脈の粥状硬化症を基盤としておこり、それに血栓、出血が加わって冠閉塞がおこり、冠血流が完全に途絶、又は減少し、末梢の心筋組織が急速に虚血、壊死に陥ったもので […]

\(◎o◎)/下肢静脈瘤の話

2017年1月7日 0

($・・)/~~~題名:下肢静脈瘤の話  静脈、特に表在皮静脈が迂曲、拡張した状態、通常は一次性静脈瘤を指すが、深部静脈閉塞の結果それに従って側副血行として拡張した、いわゆる二次性静脈瘤および先天性血 […]

(ノ_<。)悪性リンパ腫の話

2016年12月17日 0

( `ー´)ノ題名:悪性リンパ腫の話  リンパ節ないしリンパ組織をもつ臓器に発生する非上皮性悪性腫瘍である。生物学的特性からホジキン病(HD)と非ホジキンリンパ腫(NHL)に大別され、日本ではNHLが […]

(´・ω・`)心不全の話

2016年10月8日 0

(^0_0^)題名:心不全の話 心不全とは、心臓の構造的・機能的異常により血液を全身に送り出すポンプとしての働きが低下し、末梢組織の需要を満たすだけの血液を駆出できなくなった状態慢性化すると血行動態の […]

(*´∇`*)心電図検査の話

2015年12月19日 0

((+_+))題名:心電図検査の話 1)検査の意義と方法 心筋細胞は興奮し、収縮するときに電力を生じる。 この電気的な活動が心臓内を通過するときに外部より記録したものが心電図である。 心電図は、①心筋 […]

(*~ρ~)白血病と看護計画の話

2015年10月28日 0

(^ム^)題名:白血病と看護計画の話  白血病は、白血球の自律性増殖を特徴とする造血器腫瘍です。 正常では骨髄中にしかみられない幼若な細胞が末梢血に出現します。 白血球の成熟度により急性と慢性に分類さ […]

v(・∀・*)ペースメーカー移植術の話

2015年10月25日 0

(@_@;)題名:ペースメーカー移植術の話 ペースメーカーとは 心筋は自動能によって興奮し、心収縮を起こします。 この機能が障害された時、心筋に人工的に電気刺激を与え、心収縮を起こさせるものをいいます […]

( ̄ー ̄*)狭心症と看護計画の話

2015年10月25日 0

(・.・;)題名:狭心症と看護計画の話 冠状動脈硬化を基礎に発症する病態で、心筋梗塞と共に虚血性心疾患に分類され、胸痛を主症状とする症候群です。 冠状動脈硬化があると動脈の狭窄が起こり、労作時に高まっ […]

( ̄▽ ̄)虚血性心疾患の話

2015年9月27日 0

o(^▽^)o題名:虚血性心疾患の話 虚血性心疾患ischemic heart disease は冠状動脈のアテローム動脈硬化を素因にもつ疾患群であり、心筋が代謝に必要なだけの血液を受け取ることができ […]

(*^_^*)心不全と運動療法の話

2015年9月24日 0

(゚∀゚)題名:心不全と運動療法の話 心不全症例に対する運動療法は運動耐用能を改善させるが、心機能とは関連がなく、骨格筋量・機能などの末梢機序を介する効果であるとされている。 近年心不全症例に対して、 […]

(*^ー^)狭心症の話

2015年9月17日 0

(⌒▽⌒)題名:狭心症の話 狭心症は、冠状動脈の一過性の狭窄や攣縮などのために生じる短時間の心筋虚血により引き起こされる胸痛を主症状とする疾患であり、可逆的な疾患である。1.4:1で男性に多い。心筋虚 […]

(*^。^*)人工呼吸と心臓マッサージの話

2015年9月5日 0

(?_?)題名:人工呼吸と心臓マッサージの話 突然意識を失って倒れた人を蘇生させるための応急手当は、心臓マッサージだけで効果があり、従来勧められてきた人工呼吸は必要ないことが、日本救急医学会関東地方会 […]

o(*⌒―⌒*)oレイノー現象の話

2015年8月23日 0

(p_-)題名:レイノー現象の話 レイノー現象とは、発作的に四肢末梢に乏血を起こし、皮膚に蒼白、チアノーゼをきたし、次いで回復すると逆に充血、発赤が起こる現象。 原因不明(一次性または原発性レイノー病 […]

(´∇`)エコノミークラス症候群の話

2015年8月22日 0

(~_~;)題名:エコノミークラス症候群の話 エコノミークラス症候群であるが、これは肺塞栓症との関連性が言及されている。 また4 の肺塞栓は脂肪塞栓との関連性が言及されている。 肺塞栓症は静脈系の血管 […]

(*^_^*)血友病の話

2015年8月19日 0

(´・ω・`)題名:血友病の話 血液凝固第Ⅷ因子あるいは第Ⅸ因子の活性の先天的欠乏により、血液凝固異常に基づく出血傾向を主徴とする疾患である。 第Ⅷ因子活性が欠乏している血友病を血友病Aといい、第Ⅸ因 […]

(^_-)心臓病とバチスタ手術の話

2015年8月14日 0

(^o^)題名:心臓病とバチスタ手術の話 心臓病の種類によって症状はかなり異なります。 拡張型心筋症は、心臓が拡張し十分な血液を送り出すことができなくなります。 そのため、胸痛、チアノーゼ、夜間発作性 […]

Σ(゜Д゜)心筋炎の話

2015年8月12日 0

(>_<)題名:心筋炎の話 心筋炎は、ウイルス、リケッチア、細菌、真菌、寄生虫によって起こるほか、放射線、薬品、毒物などによっても起こる。 日本および欧米では、ほとんどの急性心筋炎の原因は […]

ヽ( ̄▽ ̄)ノ心タンポナーデの話

2015年8月10日 0

(+_+)題名:心タンポナーデの話 心タンポナーデとは、心臓の外側を取り囲む2層の心膜の隙間(心膜腔)に滲出液や血液などの液体がたまり、心臓特に右心系を圧迫する結果静脈圧が上昇して心臓のポンプ機能に著 […]

ヽ(・∀・)ノ心房細動の話

2015年8月10日 0

ヽ(・∀・)ノ題名:心房細動の話 心電図上P波は欠如し細動波(f波)が認められる。 すなわち心房の各部分の無秩序な電気的興奮により、心房全体としての収縮を失った状態である。 PR間隔は通常全く不整で、 […]

(* ̄ー ̄)低色素性貧血の話

2015年7月30日 0

(ー_ー題名:低色素性貧血の話 鉄欠乏性貧血の症候は、鉄欠乏を示す症候、ヘム合成障害による低色素性小丘性貧血の症候、組織鉄欠乏の症候および鉄利用亢進の症候からなる。 低色素性小球性貧血になると、貧血の […]

( ̄δ・ ̄)再生不良性貧血と看護計画の話

2015年7月29日 0

(+o+)題名:再生不良性貧血と看護計画の話  再生不良性貧血は、抹消血における汎血球減少ならびに骨髄の低形成を最も大きな臨床血液学的な特徴とする貧血である。近年、血球発生のメカニズムに伴う研究が著し […]

1 2