スポンサード・リンク

(≡^∇^≡)感染予防の話

2017年9月11日 0

●感染予防の意義 抵抗力が低下している患者は療養中に感染を受ける危険性が高い。※のように現在の医療の現場では至る所に感染源があることから、患者は常に安全が脅かされる状況にある。看護師の不適切・不注意な […]

(〃ω〃)感染症と対策の話

2016年7月5日 0

( ;∀;)題名:感染症と対策の話 ●感染症とは ウイルスや最近などの病原体が宿主(ヒトや動物)の体内に侵入して、臓器や組織のなかで発育または増殖することを感染という。感染によって、宿主に発熱、下痢、 […]

(* ̄∇ ̄*)感染症の話

2016年2月28日 0

“(-“”-)”題名:感染症の話 1:感染とは 微生物が動物の体表面や、組織内に付着し、安定して増殖を続けるようになった場合を感染といいます。 &nbs […]

(´∇`)赤死病の話

2015年10月20日 0

(~_~;)題名:赤死病の話 『赤死病の仮面』(せきしびょうのかめん、”The Masque of the Red Death”)は、1842年に発表されたエドガー・アラン・ポ […]

(*´ー`*)真菌感染症の話

2015年10月4日 0

(*_*)題名:真菌感染症の話 1)白癬 皮膚糸状菌による感染症には白癬・黄癬・渦状癬があるが、黄癬・渦状癬は現在わが国では存在しないため、皮膚糸状菌症と白癬はほぼ同意語として使用されている。 さらに […]

\(^-^)/日本脳炎の話

2015年8月18日 0

( ´▽`)題名:日本脳炎の話 日本脳炎ウイルスの感染による疾患である。 主に夏季に、コガタアカイエカの媒介によって、ブタから人間に伝染する。 潜伏期は7~20日である。高熱と激しい頭痛、意識障害、髄 […]

(^ー^)ノ猩紅熱の話

2015年1月20日 0

( ´ー`)ノ題名:猩紅熱の話 A群溶血性レンサ球菌(溶連菌)が飛沫感染して口蓋扁桃を侵し毒素を出すため、咽頭痛・高熱・発疹を主症状とする小児に多い伝染病。 昔は悪性の病型があったので、現在も法定伝染 […]

((+_+))風疹の話

2015年1月11日 0

(^O^)題名:風疹の話 はしかとして知られている風疹は、皮膚に発疹が存在する中で感染症である。 風疹は、空気を介して、または密着して拡散されるウイルスによって引き起こされる。 風疹(MMR)ワクチン […]

(///∇///)ハンセン病の話

2015年1月4日 0

(#^.^#)題名:ハンセン病の話 ハンセン病は、細菌によって引き起こされる慢性感染症である。 切断は最終的な結果であるが、損傷や感染症で、基本的な日常活動中に自分の手と足を損傷します。 ハンセン病の […]

(。-∀-)インフルエンザの話

2015年1月4日 0

(~_~;)題名:インフルエンザの話 インフルエンザの症状は、一般的に発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛などの全身の症状が現れている。 タミフルやリレンザは、発症後48時間以内に効果が期待できる。 ロキソニン […]

(^O^)日本脳炎の話

2014年11月23日 0

( ´ ▽ ` )題名:日本脳炎の話 コガタアカイエカなどの蚊により、伝染します。 ウィルスを持つは人や豚を刺した蚊に刺されると感染するが、日本では、まれである。 高熱や頭痛、嘔吐があらわれます。 昏 […]

(* ̄∇ ̄*)テング熱の話

2014年9月7日 0

(・_・;)題名:テング熱の話 デング熱は、 デングウイルス(Dengue virus)が原因の感染症であり、熱帯病の一つである。 予防ワクチンは無い。 一過性の熱性疾患であり、症状には、発熱、頭痛、 […]

(ノ_・,)テング熱の話

2014年9月2日 0

(・.・;))題名:テング熱の話 このウイルスには4つの異なる型があり、ある型に感染すると、通常その型に対する終生免疫を獲得するが、他の型に対する免疫は短期間にとどまる。 また、異なる型に続けて感染す […]

(o⌒∇⌒o)ウイルスの話

2014年8月28日 0

(^O^)題名:ウイルスの話 人類にとって最大の敵は「ウイルス」であるのは間違いない。 しかし「ウイルス」と呼んでいるものは人間や他の生物にとって脅威だが、それもまた地球上に何十億年と存在している存在 […]

(・_・;)回虫症の話

2014年7月7日 0

(~_~;)題名:回虫症の話 回虫という名前は犬や猫を飼われている方は一度は耳にした事があると思います。 回虫は動物の腸に寄生する寄生虫ですが、人に感染した場合は人の体内で成虫にならず、幼虫移行症とい […]

q(^-^q)エイズ脳症の話

2013年11月17日 0

(´;ω;`)題名:エイズ脳症の話 エイズ患者のほぼ1/3は精神・神経症状を伴う。 当初は免疫不全に伴うHSVなどの日和見感染によるものとみなされたが、今日ではエイズウイルス(HIV)そのものによると […]