スポンサード・リンク

(≡^∇^≡)副腎腫瘍の話

2017年3月4日 0

副腎腫瘍とは  副腎皮質の腫瘍であるクッシング症候群・原発性アルドステロン症と、副腎髄質の腫瘍である褐色細胞腫がある。大部分は良性の腫瘍であり、副腎腫瘍摘出術により根治する。治療せずに放置した場合には […]

(*^_^*)膀胱鏡検査の話

2017年1月15日 0

(‘◇’)ゞ題名:膀胱鏡検査の話 膀胱鏡は側視鏡を用いて膀胱内を観察するのに適し、膀胱尿道鏡は、光学視管を前傾視内視鏡にかえることによって尿道も観察することが可能である。近年、 […]

(^w^)腎移植の話

2016年12月3日 0

($・・)/~~~題名:腎移植の話  末期慢性腎不全の治療法として、血液透析やCAPDと並んで、腎移植がある。血液透析やCAPDは、通院や治療手技の問題などがあり患者に多大な負担がかかる。また長期透析 […]

(*^¬^*)外照射併用前立腺組織内放射線療法の話

2016年11月18日 0

(+_+)題名:外照射併用前立腺組織内放射線療法の話  前立腺癌は一般に中等度の放射線感受性をもった腫瘍である。従来、年齢や心臓病等の合併症のために前立腺全摘除術が困難とされていた早期前立腺癌患者、あ […]

(°▽°)膀胱腫瘍の話

2016年11月12日 0

(^_-)題名:膀胱腫瘍の話  尿路腫瘍のなかでは、もっとも発生頻度が高く、男性には女性の3倍発生するといわれる。ほとんどは移行上皮または扁平上皮癌で、良性のものは少ない。膀胱底部に好発し乳頭状に発育 […]

(。>д尿路結石の話

2016年11月11日 0

(ー_ー)!!題名:尿路結石の話 安静臥床により、腎血流が増え、尿量は増加する。 その結果、カルシウムとリン酸の尿中排泄が増加し、そのために尿路結石が形成される。 疼痛、血尿、結石排出が3主徴である。 […]

v(・∀・*)腎・尿路結石症の話

2016年10月18日 0

(^_-)題名:腎・尿路結石症の話 病態概念 尿路結石とは  尿路に結石のあるものを尿路結石症という。泌尿器科において最も多くみられる疾患の一つである。結石の種類としては、シュウ酸カルシウム結石・リン […]

O(≧∇≦)O血液腹膜透析と適応疾患状態の話

2016年4月11日 0

(^J^)題名:血液腹膜透析と適応疾患状態の話 ●透析導入基準 保存的治療では、改善できない慢性腎機能障害、臨床症状、日常生活能の障害を呈し、以下のⅠ~Ⅲ項目の合計点数が原則として、60点以上になった […]

(^∇^)泌尿器疾患と手術の話

2016年4月11日 0

(・.・;)題名:泌尿器疾患と手術の話 ここでは代表的な泌尿器科手術である膀胱腫瘍と前立腺肥大症に対する手術を中心に述べる。 ■術前の検査 診断検査と手術準備のための検査に分けられる。 1)一般術前検 […]

( ^∀^)血液透析の話

2016年1月31日 0

( *´艸`)題名:血液透析の話 血液を、体外に導いて循環させ、半透膜としての特性を有する人工透析膜を介して、直接血中から溶質と水を除去する方法である。 慢性腎不全に対する維持血液透析は、通常1回4~ […]

(*^-^*)血液・腹膜透析の原理の話

2015年12月27日 0

( ;∀;)題名:血液・腹膜透析の原理の話 ●血液透析 血液透析システムは、半透膜の透析膜を収納した透析器(ダイアライザ)と、患者からの血液取り出し口であり、再び体内への戻し口でもあるブラッドアクセス […]

(;_;)腎不全の話

2015年10月2日 0

(//∇//)題名:腎不全の話 腎では、腎へ流入する血液をろ過し、そのろ液の組成をそのときどきのからだの必要に応じて量的・質的に変化させて尿の形で腎孟・尿管へと排出している。したがって、腎へ流入する血 […]

Ψ( ̄∇ ̄)Ψネフローゼ症候群の話

2015年9月15日 0

(#^.^#)題名:ネフローゼ症候群の話 ネフローゼ症候群とは  臨床症状からつけられた病名であり、大量の蛋白尿、低蛋白血症(低アルブミン血症)及び、しばしば浮腫や高コレストロール血症を伴う症候群と定 […]

(* ̄ー ̄)尿路結石の話

2015年9月3日 0

(@_@;)題名:尿路結石の話 これまで尿路結石の再発予防にはカルシウムの制限が大事であると言われてきましたが、むしろカルシウム不足によりシュウ酸の吸収と尿への排泄が増えて逆に結石形成を促進することが […]

(*゚ー゚)前立腺肥大症と看護計画の話

2015年8月30日 0

(/_;)題名:前立腺肥大症と看護計画の話  前立腺の内腺、筋、繊維組織が増殖し結節を形成した状態。発生原因は不明だが男性ホルモンと女性ホルモンのバランスの関係等下垂体・精巣系を中心とした内分泌異常が […]

ヽ(^。^)ノ精巣・睾丸腫瘍の話

2015年6月29日 0

(--〆)題名:精巣・睾丸腫瘍の話  精巣(睾丸)腫瘍は全腫瘍の0.5%、男子全腫瘍の1.1%である。ほとんどが悪性腫瘍である。25~34歳の癌死のなかでは第1位を占める。好発年齢は二相世で、1~10 […]

(^◇^)腎・尿路結石症の話

2015年6月23日 0

(@_@;)題名:腎・尿路結石症の話 尿路結石とは  尿路に結石のあるものを尿路結石症という。泌尿器科において最も多くみられる疾患の一つである。結石の種類としては、シュウ酸カルシウム結石・リン酸カルシ […]

(*^▽^*)腎・尿管腫瘍の話

2015年6月2日 0

( `ー´)ノ題名:腎・尿管腫瘍の話 腎・尿管腫瘍 病態概念 腎腫瘍とは  腎腫瘍は腎実質の腫瘍と腎盂腫瘍に分けられるが、約80%は腎実質の腫瘍である。その他まれに腎被膜より発生する腫瘍がある。腎実質 […]

(≧▽≦)尿失禁の話

2015年5月25日 0

( 一一)題名:尿失禁の話  尿失禁は尿禁制がとれた状態であり「尿の漏出が社会的ないし衛生的に問題であり、しかも他覚的に認め得る状態」をいう。尿失禁の発生は、膀胱や尿道、脊髄や中枢神経系における排尿機 […]

(`(エ)´)ノ尿路感染症と看護計画の話

2014年9月23日 0

(ー_ー)!!題名:尿路感染症と看護計画の話  腎臓・腎盂・尿管・膀胱・尿道における細菌性の非特異性炎症をいう。感染経路として逆行性感染と血行性感染とリンパ行性感染と直接感染がある。誘因としては、尿の […]

v(・∀・*)腎損傷の話

2014年9月10日 0

((+_+))題名:腎損傷の話 1.腎損傷 腎損傷とは  腎臓は上半が肋骨弓内にかくれており、左より右が低位にあるので右側の損傷が多い。原因は、現在では交通事故によることが多く、他臓器の損傷を合併して […]