スポンサード・リンク

(^〇^)肝硬変症の話

2017年10月17日 0

長期間にわたる慢性肝疾患(慢性肝炎)の結果、肝が高度に線維化をきたし、肝硬変結節が形成されて硬くなった状態をいう。 しばしば、肝硬変結節から「肝がん」(肝細胞がん)が発生する。 慢性肝炎の門脈の線維化 […]

o^・^o内視鏡的胃粘膜切除術の話

2017年10月10日 0

 Endoscopic Mucosal Resectionの頭文字をとってEMRと呼ぶ。これは、胃内視鏡を用いて胃の粘膜を切除する方法で、手術ではあるが、開腹することなく行う方法であり、傷が無く、痛み […]

(。-∀-)消化器ドレナージ管理の話

2017年10月9日 0

1.ドレナージの目的 1)予防的ドレナージ 体液の貯留による腹腔内膿瘍などの術後合併症を防止したり、通過障害や内庄上昇を予防するために挿入する。術後出血・縫合不全などの情報を得るためのインフォメーショ […]

(゜ロ゜)大腸癌の話

2017年9月27日 0

 虫垂を含めて盲腸からS状結腸までに発生する癌を結腸癌と言い、直腸、肛門管に発生するものを直腸・肛門管癌という。この両者を合わせて大腸癌と総称する。後発部位は、直腸・肛門管癌が50%と多く、ついでS状 […]

(ノ_<。)経皮内視鏡的胃瘻造設術の話

2017年9月20日 0

開腹手術をせずに内視鏡を使い、腹壁と胃壁の間に瘻孔(胃瘻)をつくる方法です。 カテーテルを通して直接胃に栄養剤を注入する栄養療法として使用されるほか、イレウスに対する減圧目的としても使用されることもあ […]

(*^。^*)慢性肝炎の話

2017年9月18日 0

慢性肝炎とは  急性肝炎に罹患後 6か月以上肝内に炎症が持続し、臨床症状、肝機能検査の異常が存在するものを臨床的に慢性肝炎という。慢性肝炎の成因として、わが国では肝炎ウイルスによるものが圧倒的に多い。 […]

( v^-゜)♪膵臓癌の話

2017年4月4日 0

原因不明。60歳以上の男性に多い。膵管上皮由来の腺癌(膵管癌)が多く、腺房細胞癌が次ぐ。部位別割合は、膵頭部癌が約2/3、体尾部癌・全体癌が約1/3である。周囲臓器に直接浸潤し、リンパ行性・血行性に肝 […]

(・。・)イレウスの話

2017年2月28日 0

イレウスとは  腸管において、種々の原因により腸内容物の通過障害を起こした状態をいう。腸管の閉塞が完全で症状が著名なものをイレウス、閉塞が不完全なものを亜イレウスという。原因として術後や炎症による癒着 […]

(^∇^)胆石症の話

2016年11月11日 0

( ^)o(^ )題名:胆石症の話 胆石症とは  胆管・胆嚢・総胆管内に結石が生じることをいう。結石の存在部位により、胆嚢胆石(75%)、胆道胆石(20%)、肝内胆石(5%)と呼ばれる。 胆石には種々 […]

(/o\)胃癌の話

2016年3月7日 0

(´◉◞౪◟◉)題名:胃癌の話 ●解剖生理 <胃の構造> (1)胃の形状 胃は、左上腹部にあり、消化管の最も広がった部分である。 第11胸椎の高さで食道からつながり、右下方で十二指腸につながる。 全体 […]

(^o^)肝疾患と精神疾患の話

2015年11月9日 0

(~o~)題名:肝疾患と精神疾患の話 慢性肝炎患者では精神的負担や身体的過労によって不適応状態に陥りやすいとの報告があります。 統合失調症患者でも肝硬変患者でも、生物学的アミン類とその代謝物質の血中濃 […]

(*´∀`)ヘリコバクター・ピロリ菌の話

2015年11月8日 0

(^o^)題名:ヘリコバクター・ピロリ菌の話 ●ヘリコバクター・ピロリ菌 胃の中に細菌が存在していることは約100年前より報告されています。 病気との関連ははっきりとしていなかったということです。 胃 […]

(/ロ゜)/食道静脈瘤と症状治療の話

2015年11月1日 0

(・_・;)題名:食道静脈瘤と症状治療の話  食道静脈瘤とは、食道下部の粘膜組織に見られる拡張、屈曲した静脈のことで微細交通枝で血流的には少ない静脈粘膜下の静脈に本来流れる以上の血流が流れるために起こ […]

(@_@;)食道静脈瘤と看護の話

2015年11月1日 0

(・_・;)題名:食道静脈瘤と看護の話 内視鏡により食道静脈瘤が確認されたら、その程度を把握し危険性を予測します。 また、門脈圧亢進による肝腫大、腹水、脾腫、黄疸、腹壁静脈の怒張、消化管潰瘍などを認め […]

( 〃▽〃)クローン病の話

2015年10月27日 0

(^_-)題名:クローン病の話  原因は不明であるが、自己免疫異常、細菌、ウィルス感染、遺伝的素因など考えられているが詳細は不明です。 主として若年成人に好発し、消化管壁(特に腸管壁)の全層性の炎症で […]

(´д`|||)肝移植の話

2015年10月26日 0

( ゚Д゚)題名:肝移植の話 1.肝移植の現状 肝移植はアメリカ合衆国において研究がはじまり、1980年代に免疫抑制剤の進歩とともに末期肝臓病に対する治療として確立されてきました。 肝移植という治療法 […]

(#^.^#)経管栄養法と栄養物注入の話

2015年10月20日 0

(^^)/題名:経管栄養法と栄養物注入の話 ◎事前の評価 ①共通の評価 (1)カテーテルに注射筒を接続し、吸引される内容物が胃液であること(前回の食事が消化されていることを意味する)を確認する。その後 […]

((+_+))経管栄養法と援助の話

2015年10月20日 0

(p_-)題名:経管栄養法と援助の話 ●援助の基本知識 ◎栄養物の種類と特徴 栄養物の種類は、①天然の食品素材を用いた濃厚流動食、②軽度の消化・吸収障害があっても摂取でき、経口でも摂取可能な半消化態栄 […]

(T_T)肝硬変の話

2015年9月20日 0

(ー_ー)!!題名:肝硬変の話  肝実質の破壊、炎症、線維増生による再生結節と小葉構造の改築の結果、肝臓は硬く、表面もごつごつしてくる。その結果、肝内血管を圧迫し血行動態に異常(門脈圧亢進、肝血流減少 […]

(´・c_・`)慢性肝疾患の話

2015年9月13日 0

(~_~メ)題名:慢性肝疾患の話 1)緒言 慢性肝疾患とは、肝組織に壊死がみられ肝機能に障害が認められるものである。発生機序については、わが国ではウィルス性によるものとアルコール性によるものが主なもの […]

Ψ( ̄∇ ̄)Ψ劇症肝炎の話

2015年9月10日 0

(--〆)題名:劇症肝炎の話 劇症肝炎とは  劇症肝炎は、元々肝疾患を有しない人に急激な肝障害が生じ肝臓の広範壊死に基づいて発症より8週間以内に急速な肝不全症状が現れる肝炎で、肝萎縮、進行性の黄疸、精 […]

(゜゜;)肝不全の話

2015年8月23日 0

(゚∀゚)題名:肝不全の話 肝不全とは、肝細胞の機能異常が進行し、肝の機能がもはや維持できなくなった予後重篤な臨床像であり、意識障害、黄疸、腹水、消化管出血、腎不全や出血傾向などがさまざまな組合せでみ […]

(⌒▽⌒)/胆嚢癌と看護計画の話

2015年8月22日 0

(^ム^)題名:胆嚢癌と看護計画の話 ●胆嚢癌  胆嚢粘膜に原発する癌で統計的に女性に多く、胆石に合併する例が約60%にみられる。腺癌がもっとも多く、胆嚢粘膜より発生し、内腔を拡大して胆管内に進展する […]

((+_+))慢性B型肝炎と治療の話

2015年8月18日 0

(#^.^#)題名:慢性B型肝炎と治療の話 肝臓は再生可能な器官である。 肝硬変や癌になる前に治してください。 慢性B型肝炎の治療の目的は、主に疾患の進行を抑制すること、肝硬変・肝癌への進行を防止する […]

(。-∀-)胃癌の話

2015年7月5日 0

(=_=)題名:胃癌の話 統計的に胃癌はどんな特徴をもっていますか? 日本人の食生活の変化、癌検診の普及、早期発見・治療の進歩により、胃癌の死亡率は年々減少し、男性の癌死亡率の中では肺癌に次いで2位に […]

O(≧∇≦)O胃癌の話

2015年6月24日 0

(^◇^)題名:胃癌の話 胃癌とは  胃に発症した悪性腫瘍のこと。日本において胃癌の死亡率は諸外国と比較して高い。発症率の男女比は男性に多く50~60歳代が最も多い。原因は、環境因子による種々の遺伝子 […]

Σ(゜Д゜)肝臓癌の話

2015年6月23日 0

“(-“”-)”題名:肝臓癌の話 原発性肝癌と転移性肝癌とに分類される。肝臓癌の95%が転移性肝癌である。 原発性肝癌とは、肝細胞より発生した癌腫を肝細 […]

(//∇//)消化器系手術と術後管理の話

2015年6月6日 0

( ^)o(^ )題名:消化器系手術と術後管理の話  手術が終わって病室に戻った患者は、待っていた家族にも会い、「手術が無事に終わった」という一種の安堵感をもつ。一方、損傷の加わった術後の生体内には、 […]

《*≧∀≦》急性膵炎の話

2015年5月15日 0

(#^^#)題名:急性膵炎の話 急性膵炎は、なんらかの機序により活性化された膵酵素により、膵組織が自己消化され、膵組織が浮腫あるいは壊死をきたした状態である。 本症の成因として、胆石症、胆道感染、アル […]

(〃ω〃)肝硬変の話

2015年5月15日 0

“(-“”-)”題名:肝硬変の話 肝硬変は、肝細胞の変性・壊死と肝実質の結節性再生および小葉構造の改築を示す病態をいう。 原因は、肝炎ウイルス、アルコー […]

o(T□T)o痔核の話

2015年5月9日 0

(^_-)題名:痔核の話  肛門は消化管の出口で、括約筋で締められており、奥のほうへは直腸でつながっている。その境は歯状線という波形になっている。痔核とは、この歯状線より上にできるものを内痔核、下方に […]

m(。≧Д≦。)mアルコール性肝障害の話

2015年4月13日 0

(^o^)題名:アルコール性肝障害の話 アルコール性肝障害には、その病型として脂肪肝、アルコール性肝炎、肝線維症および肝硬変があり、その他に慢性肝炎様の組織変化を認めることもある。 アルコール性脂肪肝 […]

1 2