スポンサード・リンク

(´∇`)パーキンソン病患者の話

2018年1月6日 0

◆症状 振戦、筋固縮、無動などが認められるが、多くは一側の上肢あるいは下肢から始まり、同側の他肢へ広がり、続いて反対側へと進行する。 このような錐体外路徴候の進展とともに自律神経症状や精神症状が経過中 […]

(^◇^)深部感覚性運動失調の話

2017年12月6日 0

●深部感覚性運動失調による疾患 深部感覚性運動失調(症) 1) 脊髄性運動失調の特徴 固有受容器である筋紡錘や腱紡錘からの求心路病変による運動感覚や筋緊張のフィードッバックの障害と考えられます。 主に […]

ヽ( ̄▽ ̄)ノ多発性硬化症の話

2017年11月9日 0

脱髄性疾患の中心的疾患であり、中枢神経に多巣性に脱髄をきたす。 発症頻度は欧米では人口10万に20~60人で北緯40度以北に高頻度に発症する。 わが国では欧米の1/10程度である。 発症年齢は15~5 […]

(*´∀`)シャルコー・マリー・トゥース病の話

2017年11月8日 0

本疾患名はCharcot、Marieらによって報告された遺伝性運動感覚性ニューロパチーに対して名付けられた。 その後広く遺伝性運動感覚性ニューロパチーをシャルコー・マリー・トゥース病と総称するようにな […]

(^◇^)球麻痺症候の話

2017年11月7日 0

①概念 球麻痺(真性球麻痺):延髄から出る運動性脳神経orそれにより支配される筋群の麻痺をいう。 偽性(仮性)球麻痺:上位運動ニューロンである皮質延髄路の病変による核上性障害をいう。 主症候はいずれも […]

( ☆∀☆)頚髄損傷と急性期の話

2017年11月7日 0

急性期では医学的管理と看護のもとに、受傷部の整復、固定の為ベッド上での安静臥床を余儀なくされる。理学療法は全身および局所状態の改善と二次的障害の予防に努め、早期に身体機能を取り戻し将来の自立に備えるこ […]

(´д`|||)ギラン・バレー症候群の話

2017年10月29日 0

急性に四肢の脱力が出現する、運動神経の障害を中心とする炎症性のニューロパチー(末梢神経障害)である。原因は不明であるが、前駆症状の上気道炎や胃腸炎、下痢などの感染症に髄患したのち1~3週間後に発症する […]

1 2 3 10