スポンサード・リンク

(^o^)末梢神経障害と病理学的分類の話

2017年3月3日 0

末梢神経障害(ニューロパテー)の病理学的分類は、軸索が障害される軸索変性(axonaldegeneration)と髄鞘が障害される節性脱髄(segmen、taldemyelination)に分類される […]

Ψ( ̄∇ ̄)Ψ頚髄損傷と発生原因の話

2017年2月27日 0

1)外傷性脊髄損傷の発生原因(日本パラプレジア医学会全国集計) 交通事故  :43.7%⇒四輪車45.8%、単車30.1%、自転車15.5%、歩行者5.9% 転落    :28.9% 転倒    :1 […]

v(・∀・*)進行性核上性麻痺の話

2017年2月24日 0

脳幹・大脳基底核・小脳に神経細胞脱落・神経原線維変化をきたす。=つまり病変部に萎縮が起こる。 淡蒼球・視床下核・中脳被蓋の変性をきたすのでパーキンソン様症状が出る。(黒質で産生されたドパミンは軸索輸送 […]

(゜▽゜*)ニューロパチーの話

2017年2月22日 0

末梢神経障害を一括してニューロパチーという。 障害のレベルから、末梢神経レベル・神経叢レベル・神経根レベル・脊髄障害を合併するものに分けられる。 末梢神経レベルの障害ではさらに、単一の末梢神経が障害さ […]

v(・∀・*)脊髄損傷と福祉機器の話

2017年2月17日 0

完全損傷:必要な自助具・福祉用具等 C1-3 人工呼吸器、特殊な電動車いす、環境制御装置、電動ギャッジベッド C4 特殊な電動車いす、ヘッドポインター、環境制御装置、電動ギャッジベッド C5 電動車い […]

( ´△`)筋萎縮性側索硬化症の話

2017年1月16日 0

(^ム^)題名:筋萎縮性側索硬化症の話 上位および下位運動ニューロンが変性する疾患で中年以降発症する。有病率は10万人当たり2~3人で男性のほうが女性より1.5~2倍多い。予後が悪く2~5年でほとんど […]

(^◇^)パーキンソン病と変性疾患の話

2017年1月15日 0

(´・ω・`)題名:パーキンソン病と変性疾患の話 ○疾患像 1診断 1817年にJ.Parkinsonは振戦、筋固縮、姿勢反射障害を特徴とする1つの疾患群を記載した。パーキンソニズムは1つの症候群であ […]

(〃ω〃)三叉神経痛と顔面けいれんの話

2016年12月3日 0

(・_・;)題名:三叉神経痛と顔面けいれんの話 病態概念 三叉神経痛とは  脳神経外科において、時に顔面痛を訴え来院する患者に遭遇することがある。疼痛の初期は洗顔、歯磨き、ものを噛むというときにピリッ […]

( v^-゜)♪脊髄損傷の話

2016年10月29日 0

(^O^)題名:脊髄損傷の話 1.頚髄損傷の概要 頚髄損傷は、麻痺高位により、四肢麻痺を呈する。発生原因は第1位が交通事故、第2位が転落、第3位が転倒によるものである。麻痺高位は頚髄損傷が約75%、胸 […]

(´・c_・`)重症筋無力症の話

2016年10月14日 0

(*^。^*)題名:重症筋無力症の話  神経筋接合部(終板接合部)のアセチルコリンレセプター(以下、AChR)に対する抗体(以下、抗AChR抗体)によりおこる自己免疫疾患である。症状の特徴は、骨格筋の […]

( ・∇・)頚髄損傷と合併症の話

2016年9月6日 0

(^_-)題名:頚髄損傷と合併症の話 1)褥瘡 褥瘡は脊髄損傷に最もみられる合併症であり、尿路障害とともにリハビリテーションの最大阻害因子となり、ときには敗血、骨髄炎、関節炎、アミロイドーシスなどの原 […]

(*^¬^*)頚髄損傷とADLの話

2016年7月23日 0

(*´з`)題名:頚髄損傷とADLの話 1)食事動作 人間が生命を維持するための基本的動作であり、急性期より可能な限り早く自立をはからなくてはならない。たとえ箸の使用が困難なレベルであっても、特徴的な […]

(´д`|||)尺骨神経麻痺の話

2016年7月21日 0

( 一一)題名:尺骨神経麻痺の話 ●原因 開放創が多い。上腕骨顆上骨折や内上顆骨折などの骨折に合併する非開放性損傷もある。 絞扼性神経障害・・・肘部管症候群 (遅発性尺骨神経麻痺) 尺骨神経症候群(G […]

( ; ゜Д゜)脊髄損傷の話

2016年3月7日 0

!(^^)!題名:脊髄損傷の話 脊髄が損傷を受けると損傷脊髄神経節以下の四肢、体幹の運動麻痺、感覚障害、自律神経障害を生じる。 胸腰髄損傷では対麻痺、頸髄損傷では四肢麻痺を生じる。 脊髄損傷においては […]

v(・∀・*)小脳性運動失調の話

2016年2月28日 0

(+_+)題名:小脳性運動失調の話 ●小脳の解剖・生理 小脳の位置 小脳は側面から見ると、脳の後ろ1/4の場所に、脳幹に背負われたような格好(脳幹の後方)で位置している。 小脳は、後頭蓋窩といわれる頭 […]

(*´з`)大脳性運動失調の話

2016年2月26日 0

( *´艸`)題名:大脳性運動失調の話 ●大脳の解剖・生理 大脳の位置 大脳は頭蓋骨内の前方・両側方・後方の大半に位置します。   大脳の構造 大脳は正中部を縦走する大脳半球裂で左右の半球に […]

( ´,_ゝ`)パーキンソニズムと嚥下障害の話

2015年11月4日 0

( ・∇・)題名:パーキンソニズムと嚥下障害の話 臨床的に振戦、無動、筋強剛、姿勢反射異常など錐体外路系の特徴的な症状を呈するものをパーキンソニズムと呼称します。 パーキンソニズムを呈する症例で最も代 […]

o(*⌒―⌒*)oパーキンソン病と嚥下障害の話

2015年11月4日 0

((o( ̄ー ̄)o))題名:パーキンソン病と嚥下障害の話 パーキンソン病の死因は肺炎が多いです。 嚥下障害は肺炎発症のリスク因子です。 パーキンソン病の嚥下機能はパーキンソニズムが重症であるほど悪い傾 […]

( ・∇・)筋萎縮性側索硬化症と理学療法の話

2015年10月22日 0

(ー_ー)!!題名:筋萎縮性側索硬化症と理学療法の話 ●病態 上位及び下位運動ニューロンの変性により起こる運動ニューロン疾患(MND)の一つで狭義の意味では同義として用いられる原因不明の進行性疾患です […]

(≧∇≦o)腕神経叢損傷の話

2015年10月14日 0

(~_~メ)題名:腕神経叢損傷の話 腕神経叢損傷は第5頸髄神経から第1胸髄神経は前枝と鉤歯に分かれるが、前枝は、腕神経叢内で複雑二分子と吻合を繰り返しながら多くの末梢神経を分枝し、上肢全体を支配する。 […]

(´・_・`)進行性筋ジストロフィーとADLの話

2015年10月11日 0

(´;ω;`)題名:進行性筋ジストロフィーとADLの話 Ⅰ.はじめに 進行性筋ジストロフィーとは、「骨格筋の変性、壊死を主病変とし、臨床的には進行性の筋力低下と筋萎縮を示す遺伝性の疾患である」と定義さ […]

(*´ー`*)頚髄損傷と発生機序の話

2015年10月8日 0

( `ー´)ノ題名:頚髄損傷と発生機序の話 1)過伸展(強力な外力で首を背屈したとき) 脱臼を伴うこともあるが、多くは骨に異常はなく、椎間板が損傷され隣接する前縦靱帯が損傷される。 このタイプの損傷は […]

p(^^)q小脳症候の話

2015年9月29日 0

(・_・;)題名:小脳症候の話 起立位の障害(体幹運動失調) 起立位で身体は前後左右に不規則にゆれ動き、この不安定さのため両足を左右に広げて支持面を広くし、上肢を外転させて平衡を保とうとする。軽症例で […]

( ☆∀☆)筋ジストロフィーの話

2015年9月18日 0

(〝⌒∇⌒〝)題名:筋ジストロフィーの話 筋ジストロフィーは、骨格筋の変性および壊死を主症状とし、進行性の筋力低下や萎縮をきたす遺伝性疾患の総称である。   Duchenne型 症状: ① […]

(´ー`)筋萎縮性側索硬化症とADLの話

2015年8月26日 0

( ´ ▽ ` )題名:筋萎縮性側索硬化症とADLの話 1.原因:不明.上位および下位運動ニューロンが選択的に変性(慢性進行性変性疾患)。 遺伝・外傷・中毒・代謝・栄養・ウィルス・金属などが指摘されて […]

(´ω`)失調症と歩行の話

2015年8月17日 0

(^0_0^)題名:失調症と歩行の話 失調症の分類として、障害された体部位により四肢失調と体幹失調に分けられ、失調症による歩行障害には、下肢の失調による下肢接地障害よりも体幹失調によるバランス障害が影 […]

(´∇`)パーキンソン病の話

2015年7月24日 0

(・_・;)題名:パーキンソン病の話 黒質緻密層のメラニン含有細胞(ドパミン産生細胞)の変性脱落により、黒質ドパミン性ニューロンから線状体への入力が著明に減少した状態になる。 残存した黒質緻密層の細胞 […]

( ; ゜Д゜)筋萎縮性側索硬化症と福祉機器の話

2015年7月15日 0

(*´з`)題名:筋萎縮性側索硬化症と福祉機器の話 福祉機器(自助具、福祉用具など) Ⅰ 福祉機器を導入するうえで留意すべき点 ALSは進行し続ける病気であるため、1~数年で全介助となる。このため、ど […]

(゜ロ゜)パーキンソン病の話

2015年7月13日 0

(・_・;)題名:パーキンソン病の話  中高年の男女に発症する進行性の神経変性疾患であり、神経難病の一つとして厚生省特定疾患に指定されている。病態として不明な点もあるが、中脳の黒質病変のためドーパミン […]

(^∇^)脊髄損傷の話

2015年6月12日 0

(・_・;)題名:脊髄損傷の話 交通事故や高所からの転落、特に高齢者では転倒によって脊髄に屈曲、伸展、回旋、圧迫などの外力が加わって、骨折、脱臼、椎間板損傷などが起こると同時に、脊髄の挫滅、圧迫などを […]

1 2 3