スポンサード・リンク

(^◇^)パーキンソン病と変性疾患の話

2017年1月15日 0

(´・ω・`)題名:パーキンソン病と変性疾患の話 ○疾患像 1診断 1817年にJ.Parkinsonは振戦、筋固縮、姿勢反射障害を特徴とする1つの疾患群を記載した。パーキンソニズムは1つの症候群であ […]

( ´,_ゝ`)パーキンソニズムと嚥下障害の話

2015年11月4日 0

( ・∇・)題名:パーキンソニズムと嚥下障害の話 臨床的に振戦、無動、筋強剛、姿勢反射異常など錐体外路系の特徴的な症状を呈するものをパーキンソニズムと呼称します。 パーキンソニズムを呈する症例で最も代 […]

o(*⌒―⌒*)oパーキンソン病と嚥下障害の話

2015年11月4日 0

((o( ̄ー ̄)o))題名:パーキンソン病と嚥下障害の話 パーキンソン病の死因は肺炎が多いです。 嚥下障害は肺炎発症のリスク因子です。 パーキンソン病の嚥下機能はパーキンソニズムが重症であるほど悪い傾 […]

(´∇`)パーキンソン病の話

2015年7月24日 0

(・_・;)題名:パーキンソン病の話 黒質緻密層のメラニン含有細胞(ドパミン産生細胞)の変性脱落により、黒質ドパミン性ニューロンから線状体への入力が著明に減少した状態になる。 残存した黒質緻密層の細胞 […]

(゜ロ゜)パーキンソン病の話

2015年7月13日 0

(・_・;)題名:パーキンソン病の話  中高年の男女に発症する進行性の神経変性疾患であり、神経難病の一つとして厚生省特定疾患に指定されている。病態として不明な点もあるが、中脳の黒質病変のためドーパミン […]

(*´ー`*)パーキンソン病の話

2015年6月11日 0

(@_@;)題名:パーキンソン病の話 病理:中脳黒質の変性 原因:不明 病態生理:黒質変性により、ドパミン生成が減少し、線条体はドパミン欠乏状態に陥る。種々の運動症候が出現。また、黒質の内側にある腹側 […]

(*´∀`)パーキンソン病の話

2015年1月8日 0

(~_~;)題名:パーキンソン病の話 病理:中脳黒質緻密層、青斑核などの脳幹のメラニン含有神経細胞の変性・脱落と残存する神経細胞原形質内に多数の円形封入体であるレビィ小体が出現する。 原因:脳幹の特定 […]

(´・ω・`)パーキンソン病と理学療法の話

2014年12月27日 0

(;_;)題名:パーキンソン病と理学療法の話 近年パーキンソン病の理学療法の効果に関するランダム化比較試験が増加し、2012 年のコクランシステマティックレビューにおいて理学療法は歩行速度、歩幅、6 […]

(´ε` )進行性核上性麻痺とパーキンソン病の話

2014年12月21日 0

(^_-)題名:進行性核上性麻痺とパーキンソン病の話 近年、パーキンソン症候群されてきた疾患が細分化されるようになっている。 我が国における進行性核上性麻痺(PSP)の有病率は、パーキンソン病(PD) […]

(´;ω;`)パーキンソン病の話

2014年10月25日 0

(p_-)題名:パーキンソン病の話 A.解剖・生理 パーキンソン病は黒質、青斑核、淡蒼球、基底神経核部、中脳などが中心に侵される疾患であり、錐体外路系の運動などを受け持つものである。そのため、かつては […]

(;・∀・)パーキンソン病の話

2014年7月11日 0

(p_-)題名:パーキンソン病の話 初発年齢は多くは40歳以降に緩徐に進行し、女性にやや多い。黒質線条体系におけるドーパミン代謝障害が主要で、Lドーパを中心とする薬物療法が有効である。 腱反射は正常、 […]