スポンサード・リンク

( ´∀`)神経性大食症の話

2017年10月7日 0

発作的に繰り返される過食と体重のコントロールに過度に没頭することが特徴である。 神経性無食欲症の経過中に過食になる場合もあるが、最初から過食をもって、神経性大食症が発症することもある。 信じがたいほど […]

ヽ(^。^)ノ点頭てんかんの話

2017年10月4日 0

 瞬間的または長くとも数秒以内に終了する痙攣発作である。ほとんどが乳児期(特に3~9ヶ月)に発症する。また、特発性のものが30%、症候性が70%(精神遅滞・脳性麻痺が多い)であり、症候性の原因として、 […]

(///ω///)♪解離性障害の話

2017年3月22日 0

過去の記憶、同一性と直接的感覚の意識、身体運動のコントロールの間の統合が失われることをいう。 ●精神症状を主とする解離性障害 人間は生活上困難な事態に直面すると、「忘れたい」、「消えてなくなればよい」 […]

(//∇//)うつ状態と躁状態の話

2017年3月17日 0

●うつ状態 感情の障害 誘因の有無に関わらず、徐々に気分が沈み、憂うつになる。また周囲の出来事に生き生きと感じられなくなり、さらに進むと喜怒哀楽の感情も薄れ、何事にも無感動となる。(無感情) 自我感情 […]

(*´∀`)統合失調症と急性期の話

2017年3月10日 0

統合失調症(急性期)とは  主として青年期に発病し、特異な精神症状を呈するとともに人格の解体をきたし、放置すれば特有の精神荒廃状態に陥る慢性の精神疾患であり、内因性精神病の代表的なものである。この病気 […]

(#^.^#)アルコール精神病の話

2017年2月27日 0

アルコールてんかん 断酒後、離脱症状の一つとしててんかん発作をみることがある。 大発作(強直・間代けいれん)が主で、振戦せん妄に移行する場合がある。 脳波検査でてんかん原性の異常所見は認めないことが多 […]

(* ̄∇ ̄*)統合失調症の話

2017年2月17日 0

特徴は、内因性の精神障害、病因はいまだ不明である。 一般に、10代後半から30代前半に発病することが多い。   ①比較的急性に症状が出現する場合から、発病の仕方が潜行性で、疾患と受け止められ […]

(*´-`)ヒステリーと解離性障害の話

2017年1月16日 0

(+_+)題名:ヒステリーと解離性障害の話 ヒステリー(解離性障害)とは一般的に、ヒステリーを単に感情的に興奮した状態を示すことが多いのですが、医学的には、神経病の一つの型で、自分では意識していないよ […]

(ToT)精神分裂病の話

2016年11月11日 0

(*´з`)題名:精神分裂病の話 ●特徴 人格の病といわれ、主として思春期~中年に発症。出現頻度は約0.8%で男女差はない。原因不明で多くは慢性の経過をたどる。近年軽症例が増えている。内因性精神病。 […]

(T_T)精神分裂病の話

2016年10月9日 0

(^O^)題名:精神分裂病の話 主として青年期に発病し、特異な精神症状を呈するとともに人格の解体をきたし、放置すれば特有の精神荒廃状態に陥る慢性の精神疾患であり、内因性精神病の代表的なものである。 こ […]

(/o\)痴呆と臨床症候の話

2016年8月19日 0

( ☆∀☆)題名:痴呆と臨床症候の話 痴呆の臨床症候 老年期痴呆の症候は、中核症状と周辺症状に分けて考慮することが、治療などを考える意味において必要である。 A.痴呆の中核症状 痴呆の中核症状として下 […]

( ´△`)自閉症と類似疾患の話

2016年7月21日 0

(@_@;)題名:自閉症と類似疾患の話 ①知的障害 コミュニケーション障害 コミュニケーション困難には反応に乏しい場合と逆によく喋る割りに理解が乏しい場合がある。 言語による会話、サインやシンボルによ […]

(*^.^*)躁うつ病と気分障害の話

2016年4月17日 0

(@_@;)題名:躁うつ病と気分障害の話 躁うつ病は気分障害ともいい、躁状態と抑うつ状態の2病相が交互に繰り返される双極性と、うつ病相を繰り返す単極性がある。多くは欠陥を残さず社会生活が可能であるが、 […]

ヽ(^。^)ノ高齢者の転倒骨折と痴呆の話

2016年1月8日 0

!(^^)!題名:高齢者の転倒骨折と痴呆の話 ●はじめに 今回、高齢者の骨折にアプローチしていく中で、痴呆が問題点の回復の遅延を起こしている要因であると考えたために高齢者の転倒骨折と痴呆の関係を調べ以 […]

(*ノ▽ノ)てんかんと痙攣の話

2015年12月19日 0

(^_-)題名:てんかんと痙攣の話 てんかんとは、脳の神経細胞に突然過剰な興奮が起こり、そのあいだ脳の機能が障害されて、種々の脳機能障害、意識障害、痙攣、運動、感覚障害、自律神径症状などを繰り返し起こ […]

(。-∀-)妄想と種類の話

2015年10月26日 0

(--〆)題名:妄想と種類の話 それまでの経験や客観的事実とは矛盾しており、ありえない誤った内容でありながら、他者からの説得や反証を受け入れず、訂正不能な主観的確信です。 妄想の内容によって被害、関係 […]

(*´∇`*)統合失調症とWHO国際分類の話

2015年10月20日 0

(^○^)題名:統合失調症とWHO国際分類の話 統合失調症とは、妄想や幻覚などの多彩な症状を示す、精神疾患の一つ。 医学が進歩した今日でもなお治療が困難な病であり、患者には障害者手帳が交付される。 & […]

( ^∀^)昏迷の話

2015年10月18日 0

(´・_・`)題名:昏迷の話 昏迷は、意志の発動が高度に障害されるため、意識は清明で外界は認知されているのに、精神的・身体的に反応することができない状態である。横臥したままで、食事をとることも、発語も […]

O(≧∇≦)O初老期痴呆の話

2015年9月29日 0

(^-^)題名:初老期痴呆の話 初老期痴呆(初老期とは歴年齢上の定義は45歳~65歳)の代表疾患がアルツハイマー病とピック病であり、いずれも原因不明(アルツハイマー病は解明されつつあります)の大脳萎縮 […]

( ; ゜Д゜)Pick病の話

2015年9月22日 0

(^q^)題名:Pick病の話 Pick病は、Alzheimer病とならんで初老期痴呆の代表的な疾患とみなされているが、頻度ははるかに少なく、Alzheimer病の1/10~1/15である。孤発性の発 […]

( ̄▽ ̄)統合失調症の話

2015年9月22日 0

(´;ω;`)題名:統合失調症の話 ●特徴 ①主として思春期に発病し、中年期以上の発病はきわめて稀である ②明確な原因はいまだ明らかではないが、脳の生化学的変化に原因を求める研究や、脳に構造的な変化が […]

(* ̄∇ ̄*)レビー小体型認知症の話

2015年9月9日 0

(ーー゛)題名:レビー小体型認知症の話 レビー小体型認知症(れびーしょうたいがたにんちしょう、英Dementia with Lewy Bodies、通称DLB)はアルツハイマー型認知症や脳血管性認知症 […]

( ̄▽ ̄)痴呆と老化の話

2015年8月29日 0

(^-^)題名:痴呆と老化の話 老化とは何らかの「衰え」であり、生物の一生のうち特に老年期に見られる現象であり、将来の死につながるものである。人間の老化は神経細胞の死が連続して起こるものであり疾患では […]

(*゚∀゚*)意識障害と評価の話

2015年8月19日 0

(^O^)題名:意識障害と評価の話 1.意識障害の概要 A.定 義 脳幹網様体賦活系または大脳皮質を含めた神経細胞の可逆性の障害による、脳活動の低下状態(刺激に対す る反応性の低下・消失状態).意識水 […]

(´・ω・`)認知症と予防の話

2015年8月15日 0

(^ω^)題名:認知症と予防の話 高齢化に伴い認知症を有する高齢者が年々増加している。 65歳以上の認知症高齢者は、2008年の段階で150万人ほど(65歳以上の人の7%前後)であったが、2020年代 […]

(;つД`)痴呆と予防の話

2015年8月14日 0

(^O^)題名:痴呆と予防の話 A.痴呆の予防  <脳血管性痴呆の予防> 1.規則正しい食事 2.バランスのとれた生活 3.適度の運動や気分転換 4.過労やストレスの回避 5.嗜好品の適度な使用 6. […]

(`・ω・´)痴呆と評価スケールの話

2015年7月25日 0

o(^▽^)o題名:痴呆と評価スケールの話 A.痴呆の診断基準について 痴呆の症状には中核症状といわれている見当識・知的機能障害と周辺症状と言われている異常行動、精神症状、性格変化に大別できる。前者は […]

(*´∇`*)アルツハイマー病の話

2015年7月24日 0

(;_;)題名:アルツハイマー病の話 Alzheimer病は大脳皮質の神経細胞が異常老化によって広範に変性、脱落する疾患である。発病年齢は40代から見られるが、高齢になるにつれて発病率が高くなる。多く […]

( ☆∀☆)思考障害の話

2015年7月18日 0

( ´ ▽ ` )題名:思考障害の話 ●思路障害 観念奔逸、思考滅裂(連合弛緩、言語新作、言葉のサラダ)、思考抑制、思考途絶、思考散乱、迂遠、保続、粘着、錯乱、常同思考など 思考滅裂とは、思考の流れに […]

o(T□T)oてんかん発作の話

2015年7月12日 0

( ̄ー ̄)題名:てんかん発作の話 ●全般発作 発作症状や脳波所見のいずれから見ても、一側大脳半球に限局した脳部位に 由来する兆候を示さないもの。臨床症状は意識障害と、身体両側同時に起こる運動現象(けい […]

ヾ(@゜▽゜@)ノ痴呆と鑑別の話

2015年7月1日 0

(^_-)題名:痴呆と鑑別の話 1.意識障害(せん妄) 老年者では脳以外の色々な臓器の疾患あるいは病的状態においても意識障害が出現することが多い。意識障害は、傾眠・昏迷・反昏睡・昏睡の如く単純な形では […]

(^ω^)ピック病の話

2015年6月14日 0

(・∀・)題名:ピック病の話 A.概念と頻度 ピック病はアルツハイマー型痴呆と並ぶ初老期痴呆の代表的疾患であるがその頻度はアルツハイマー型痴呆に比べるとはるかに少ない。本例は一般に40~60歳代に発症 […]

1 2