スポンサード・リンク

(* ̄∇ ̄*)森田療法と手法の話

2017年9月20日 0

森田療法とは、森田正馬によって創始された、禅の思想とかかわりの深い、東洋的・日本的な治療法である。 不安や恐怖に直面し、現在の状況をあるがままに受け入れ、逃げ出さずに、そのなかで不安・恐怖に打ち勝って […]

(о´∀`о)ユングの話

2017年3月11日 0

ユングは人間のこころの構造として、三つの層を分けて考えている中で、意識、個人的無意識のさらに基層に集合的無意識を仮定している。 ユングの定義によると、無意識が、「純心理学的な概念であって、形而上学的な […]

(°Д°)学習理論と詳細の話

2016年11月12日 0

(+o+)題名:学習理論と詳細の話 1)学習の成立に不可欠なもの (1)動因 (2)辛がかり (3)反応 (4)報酬   2)強化 種類:(1)連続強化(100%強化) 条件付けの成立が速い […]

(*^_^*)エリクソンの話

2016年7月23日 0

(^◇^)題名:エリクソンの話 精神分析科学者 日本では、1970年以降、とくに青年期に関する自我同一性(アイデンティティ)という概念を中心に、彼の理論が広く受け入れられてきている。 アイデンティティ […]

(#^.^#)ロジャーズの話

2015年10月23日 0

(--〆)題名:ロジャーズの話 心理治療というと当時、医師による精神分析のみが代表的であった米国の1940年代に、C.R.ロジャースはそれと同等の効果が確認されたカウンセリング技法を非医師にも解放しま […]

(*´-`)シュルツと自律訓練法の話

2015年10月19日 0

(*´-`)題名:シュルツと自律訓練法の話 自律訓練法は、ドイツのシュルツによって創始されました。 内山によれば、これは、「心身安定のための心理生理学的訓練法で、一定の言語公式を心の中で反復的に唱え、 […]

(;´_ゝ`)性格の話

2015年10月16日 0

( ̄^ ̄)題名:性格の話 性格:その個人の行動パターンや思考などを生み出す持続的、恒常的な特性 基礎に先天的感情惰性(気質)があり、後天的な環境要因の影響が加わる。 人格:道徳的判断基準を含めたより総 […]

(T△T)転移の話

2015年9月23日 0

(´Д` )題名:転移の話 患者がかつて自分に関係のあった人に抱いていた感情や態度を、現在の人間関係の中である人物(治療者)に対して無意識的に反復することで感情転移ともいう。 精神分析療法の過程では、 […]

((o(^∇^)o))ユングの話

2015年7月3日 0

( ^)o(^ )題名:ユングの話 ユングは人間のこころの構造として、三つの層を分けて考えている中で、意識、個人的無意識のさらに基層に集合的無意識を仮定している。 ユングの定義によると、無意識が、「純 […]

(*^O^*)来談者中心療法の話

2015年6月22日 0

(・_・;)題名:来談者中心療法の話 来談者中心療法とは、ロジャーズ(Rogers,C.R.,1902-1987)によって1940年代に開発され、彼や彼の共同研究者たちによって展開されてきたカウンセリ […]

(〝⌒∇⌒〝)学習の話

2015年5月25日 0

(*´з`)題名:学習の話 人間が複雑な運動行動(motor behavior)を遂行するためには、いろいろな運動パターンの組合わせを必要とする。 そのような運動行動は、学習(learning)によっ […]

(/。\)学習と転移の話

2015年5月6日 0

(^0_0^)題名:学習と転移の話 学習の転移とは、以前に行った学習が後に行う学習に影響を及ぼすことであり、前の学習が後の学習を促進するときに“正の転移(positive transfer)”、妨害す […]

(´;ω;`)防衛機構の話

2015年1月26日 0

(・_・;)題名:防衛機構の話 防衛機構を一言で言うと、切迫した状況に置かれたとき、自我が傷ついたり崩壊するのを防ぎ、その統合を維持しようとする心の働きのこと、といえます。 誰もが経験しているフラスト […]

( v^-゜)♪レスポンデント条件づけの話

2015年1月20日 0

(*^。^*)題名:レスポンデント条件づけの話 古典的条件づけとは、パブロフの実験に示されるように、無条件反応(唾液分泌)を引き起こす無条件刺激(食物)に中性刺激(ベル)を繰り返し対呈示することにより […]

(*^。^*)催眠療法と自律訓練法の話

2015年1月11日 0

(~_~;)題名:催眠療法と自律訓練法の話 催眠は古くから医療に用いられているが、J.H.Schultz(シュルツ)はこれを応用して自律訓練法を創始した。 いずれも暗示によって症状の改善をはかるもので […]

( ´,_ゝ`)フロイトの話

2014年12月27日 0

(^0_0^)題名:フロイトの話 フロイト 精神分析によってヒステリーや強迫性障害の治療に取り組んだ。 催眠によらない日常意識状態において、主として過去の記憶・感情・家族関係などを想起させていくという […]

(*^-^*)学習理論の話

2014年12月8日 0

(^O^)題名:学習理論の話 行動療法の治療では、代表的な学習理論として①古典的条件付け、②オペラント条件付けなどが用いられる。 生体の反応は、大きく①先行する刺激に誘発される行動(レスポンデント反応 […]

(*^_^*)認知行動療法の話

2014年11月22日 0

(。-_-。)題名:認知行動療法の話 認知行動療法とは、行動療法、認知療法を源流とする。 人間の行動の複雑性や主体性を説明するためには、古典的条件付けに代表される図式だけでは不十分であるとし、刺激と反 […]

《*≧∀≦》心理療法の話

2014年11月17日 0

(@_@;)題名:心理療法の話 心理療法(Psychotherapy)とは、物理的、化学的手段に拠らず、教示や対話、訓練などを通して認知と行動に変容をもたらすことで、精神疾患や心因性疾患の治療や援助、 […]

o(*⌒―⌒*)oスキナー,B.F.の話

2014年11月16日 0

(~_~メ)題名:スキナー,B.F.の話 スキナーは学習すべき条件反応をした時だけ強化を与えるオペラント条件づけをスキナー箱を使って証明した。 学習理論の代表である条件反射説、行動理論の主張者である。 […]

( ´,_ゝ`)心理検査の話

2014年5月15日 0

( ´,_ゝ`)題名:心理検査の話 ①意義 見立て、状態把握、治療方針の参考材料、経過、治療効果の把握、予後の見通し、関わりの手段   ②検査の分類 (a)作業検査法 内田クレペリン精神作業 […]

o(^o^)o心理検査の話

2013年12月27日 0

( ̄▽ ̄)題名:心理検査の話 知能検査、人格検査、その他の検査(精神作業能力検査、発達検査など)に分けられる。これらの検査によって、心理面を数量で客観的に評価したり、言語的には表出してこないような深層 […]

(。・ ω<)ゞP-Fスタディの話

2013年11月13日 0

( ´ ▽ ` )ゞ題名:P-Fスタディの話 絵画欲求不満テストと呼ばれる投影法による性格検査である。 4歳以上に適用され、児童用、青年用・成年用がある。 2人の人物が描かれた24枚の絵があり、欲求不 […]