スポンサード・リンク

(・_・)腰部脊柱管狭窄症の話

2017年4月4日 0

1.概論 脊柱管が狭くなり中に存在する馬尾・神経根が慢性的に絞扼されて神経症状が生じた状態の総称。   2.原因 ①先天性(発育性)脊柱管狭窄:脊柱管が正常より狭く成長したもの。特に軟骨無形 […]

(*^O^*)関節リウマチと治療の話

2017年3月31日 0

RAの病像によって病期を4つに大別し、それぞれに対応した治療手段を選択する。RA患者の病態も常に変化するので、治療方針を固定化せず、一定期間治療を行った後はその評価を正確に行い、再度治療計画を立て直す […]

( 〃▽〃)関節リウマチと物理療法の話

2017年3月17日 0

現在では物理療法より運動療法が主のように見えるが、RAは痛みが前面に出る疾患なので、物理療法で筋肉のこわばりをとり疼痛の軽減を図ることが極めて大切である。 RAの疼痛を軽減するためにはまず薬物療法があ […]

( 一一)むち打ちメカニズムの話

2017年3月13日 0

むち打ちメカニズムとは、鞭を空中で打った時の鞭の先(頭部)と紐(頚部)の運動を示したものである。 追突事故の場合、座席を介して体幹部に急激な加速運動が加えられるのに対し、頭部は慣性によって現在位置を保 […]

( 〃▽〃)鼠径ヘルニアの話

2017年3月3日 0

ヘルニアとは  体腔の中の臓器が本来あるべき腔所から、それを容れている筋層と筋膜層を貫いて、被膜をかぶったまま突出してくる状態をさす。 ヘルニアの三要素は、①ヘルニア門(筋膜層、腹壁の間隙)、②ヘルニ […]

Ψ( ̄∇ ̄)Ψ頚髄損傷と発生原因の話

2017年2月27日 0

1)外傷性脊髄損傷の発生原因(日本パラプレジア医学会全国集計) 交通事故  :43.7%⇒四輪車45.8%、単車30.1%、自転車15.5%、歩行者5.9% 転落    :28.9% 転倒    :1 […]

(。^。^。)大腿骨と骨折の話

2017年2月11日 0

○大腿骨頸部外側骨折 ・外側骨折は関節外で起こり、血流が豊富で海綿骨からなるため内側骨折に比べると骨折治療の条件はよい。 ・統計上では高年齢に多く、老人骨折治療の原則である早期離床、早期日常生活復帰を […]

(*^¬^*)特発性骨壊死の話

2017年1月18日 0

(^0_0^)題名:特発性骨壊死の話 特発性という語がついているものは原因が不明ということである。 特発性骨壊死は例外としてアルコールやステロイドによるものも含まれる。 理由は壊死する機序が解明されて […]

(“⌒∇⌒”)頚髄損傷と家庭復帰の話

2017年1月16日 0

((+_+))題名:頚髄損傷と家庭復帰の話 頚髄損傷者は、下肢及び体幹が全く機能せず上肢の残存機能も少ないため、家屋環境によって生活の自立度が大きく異なってくる。頚髄損傷者の住宅改造の特徴としては、介 […]

(*´∇`*)変形性頚椎症と頚椎骨軟骨症の話

2017年1月7日 0

(~o~)題名:変形性頚椎症と頚椎骨軟骨症の話 頭部の環軸関節は回旋運動に大きく関与し、頚椎の回旋運動の約半分を受け持っている。 軸椎以下では頚椎椎間関節は主に頚椎の前後屈に関与するが、左右屈、回旋運 […]

( ; ゜Д゜)頚髄損傷と解剖生理の話

2017年1月7日 0

(+o+)題名:頚髄損傷と解剖生理の話 1)脊柱 脊柱33個 頚椎 7個、胸椎12個、腰椎5個、仙骨(5個の脊椎が融合)により成り立つ。   2)脊髄 脊髄は脳と延髄を介してつながり、脳と末 […]

v(^o^)顎骨骨折の話

2016年12月17日 0

(^0_0^)題名:顎骨骨折の話  顎骨骨折のほとんどは機械的外力の作用で起こった外傷性骨折であり、病的骨折など他の原因による骨折も少数認められる。外傷性骨折では一般に交通外傷によるものが最も多く、そ […]

( ´∀`)変形性股関節症の話

2016年10月9日 0

“(-“”-)”題名:変形性股関節症の話 変形性股関節症とは  関節の機能は関節にかかる力と、これに抗する軟骨と軟骨下骨の生理的な支持力のバランスにより […]

(≡^∇^≡)大腿骨骨幹部骨折の話

2016年9月20日 0

(^_-)題名:大腿骨骨幹部骨折の話 ●概念 本骨折には、病的骨折を除けば強力な外力が加わってのみ生じる。   ●頻度 Ⅰ.強力な外力によるもの ・通常は青壮年や小児の交通事故や、高所からの […]

(@_@;)ロコモティブシンドロームの話

2016年5月4日 0

(・_・;)題名:ロコモティブシンドロームの話 日本整形外科学会では運動器の機能不全のみならず運動器障害による要介護の状態や要介護リスクの高い状態を表す概念として「ロコモティブシンドローム(運動器症候 […]

(^_-)大腿骨頸部骨折と栄養の話

2016年5月4日 0

(・_・;)題名:大腿骨頸部骨折と栄養の話 大腿骨頸部骨折の問題点は、骨折後の安静臥床中に心身機能の低下を引き起こし、退院時までに歩行が自立できず、要介護状態に陥るリスクが高い。 効率的に歩行能力を回 […]

(“⌒∇⌒”)慢性関節リウマチと特徴の話

2016年3月20日 0

( `ー´)ノ題名:慢性関節リウマチと特徴の話 ・概念 慢性関節リウマチ(RA)は全身の関節を中心とする慢性炎症性疾患で自己免疫現象が病態に深く関与している。 男女比は1:4で女性に多く、年齢は20~ […]

(T△T)脊椎圧迫骨折と安静臥床の話

2016年3月19日 0

(*ノ▽ノ)題名:脊椎圧迫骨折と安静臥床の話 近年の高齢化に伴い、脊椎圧迫骨折患者は増加傾向を示している。 これは、骨粗鬆症患者が1,200万人ともいわれ加齢に伴う易転倒性により脆弱性骨折が増加してい […]

(о´∀`о)アキレス腱断裂の話

2016年3月7日 0

(@_@;)題名:アキレス腱断裂の話 ●受傷機転 床を蹴ったとき、ジャンプ、ストップ、急激な方向転換、踏ん張ったときなどに見られる。 足関節背屈位、膝関節軽度屈曲位にて膝が急に伸展されるときや、遠心性 […]

(o^O^o)ACL損傷の話

2016年1月8日 0

(^o^)題名:ACL損傷の話 バレーボールやバスケットボールにおいて着地や方向転換、あるいは急停止といった非接触動作で損傷する、あるいはサッカーやラグビーにてタックルなどの相手との接触動作で膝に外力 […]

(〃^ー^〃)変形性骨関節症の話

2016年1月8日 0

(+o+)題名:変形性骨関節症の話 変形性骨関節症は非炎症性で、進行性に可動関節、特に荷重関節を侵す疾患で、病理学的に関節軟骨の変性、摩耗による荒廃と軟骨および関節縁の骨新生、つまり摩耗相と増殖相とが […]

(*^-^*)関節リウマチと運動療法の話

2016年1月7日 0

(^o^)題名:関節リウマチと運動療法の話 RA患者では運動と安静のバランスが大切であるといわれている。 炎症期には運動療法などの訓練は休ませたほうがよいと考えられる傾向にあるが、全身の安静が必要な場 […]

(゜▽゜*)大腿骨頸部骨折と治療の話

2016年1月7日 0

(+_+)題名:大腿骨頸部骨折と治療の話 ●はじめに 大腿骨頸部骨折による手術には高齢者が多いため、様々なリスクを本人・家族が背負わなければならず、術後においても合併症の管理が重要になる。 わが国では […]

(*^_^*)変形性関節症とADLの話

2016年1月2日 0

(・.・;)題名:変形性関節症とADLの話 各疾患、障害のADLの特徴 変形性関節症(osteoarthrosis:OA) Ⅰ.概念 変形性関節症(以下OA)とは、中高年にみられる疾患で進行性の関節軟 […]

v(・∀・*)関節リウマチ検査の話

2016年1月2日 0

(ー_ー)!!題名:関節リウマチ検査の話 ●臨床検査 1.赤沈値(赤血球沈降速度:ESR) 凝固を阻止して放置した血液における赤血球の沈降速度を測定する方法で、最も簡便な炎症反応の検査である。 (1) […]

(* ̄∇ ̄)ノ慢性関節リウマチとADLの話

2016年1月2日 0

(・_・;)題名:慢性関節リウマチとADLの話 ●概要 Ⅰ.疼痛の影響 RA患者の活動能力は、疼痛の状態により大きく左右されるということを常に念頭に置かなければならない。 RAの疼痛の状態は、病勢、薬 […]

(  ̄▽ ̄)踵骨骨折の話

2015年12月28日 0

(^○^)題名:踵骨骨折の話 踵骨は足の縦アーチ構造の後方部分で、多くの足底筋が付着し、ほかの足根骨と強靭な靭帯によって連結して体重を支え、底屈運動においてアキレス腱のレバーアームとして作用する。 ま […]

(〃^ー^〃)関節リウマチと装具療法の話

2015年12月28日 0

(´∇`)題名:関節リウマチと装具療法の話 RAに対する装具治療の目的 1.関節痛の軽減 2.関節変形の進行防止 3.変形の矯正 4.関節の動揺性に対する支持性の補助 5.脊椎可動域制限による脊髄の保 […]

(^o^)高齢者と腰痛の話

2015年11月5日 0

(^0_0^)題名:高齢者と腰痛の話 成人の脊柱は頸椎前弯、胸椎後弯、腰椎前弯という生理的な矢状面彎曲を有します。 とくに腰椎前弯は四足動物ら二足動物へと長い進化の過程で獲得された彎曲です。 個体発生 […]

ヽ(^。^)ノ頚髄損傷とリスク管理の話

2015年10月29日 0

(^〇^)題名:頚髄損傷とリスク管理の話 リスク管理 1)褥瘡 脊損者のリハビリテーションでは常に褥瘡の発生を念頭に入れて予防手段を講じていかねばならないです。 安静臥位の状態を保たなくてはならないと […]

v(・∀・*)骨萎縮と骨粗鬆症の話

2015年10月25日 0

(=_=)題名:骨萎縮と骨粗鬆症の話 ●病態 骨粗鬆症は、閉経後女性や高齢者でみられる原発性と、他の疾患に伴ってみられる続発性のものがあります。 低骨量を呈する疾患で、続発性骨粗鬆症を引き起こす疾患と […]

(~_~メ;)変形性膝関節症と歩行の話

2015年10月23日 0

(@_@;)題名:変形性膝関節症と歩行の話 本邦における膝OAの潜在患者数は2530万人、有疾患者数は780万人と推定されて います。 膝OA患者は健常者と比較して歩行速度が有意に低下することを報告さ […]

( ;∀;)足関節と不安定性の話

2015年10月20日 0

(´・ω・`)題名:足関節と不安定性の話 足関節捻挫後において構造的な不安定性や機能的な不安定性を有する場合があり、さらに両方が混在するケースに分類することが出来る。 足関節の機能的不安定性を有する場 […]

1 2 3 5