スポンサード・リンク

(´∀`)義足と種類の話

2015年6月18日 0

(´・ω・`)題名:義足と種類の話 ●殻構造義肢 外骨格義肢ともよばれ、外表面の壁で義肢にかかる外力を支持するものであり、カニやエビなどの甲殻類と同じような構造である。 以前はアルミニウムなどを叩いて […]

(゜´Д`゜)大腿切断の話

2015年4月19日 0

(。-_-。)題名:大腿切断の話 大腿切断では股関節は温存されており、股関節のコントロールは良好であるが、膝関節、足関節は直接動かすことはできない。 また、大腿骨遠位の大腿骨果部が残されたものは、膝関 […]

v(・∀・*)下肢切断者とADLの話

2015年4月6日 0

!(^^)!題名:下肢切断者とADLの話 ●ADLにおける下肢の働き ADL動作において下肢は、①動作が行われる場所への移動(歩行など)、②動作が行われる姿勢の保持とその変更(しゃがむなど)、③下肢へ […]

(*^_^*)切断者とリハビリテーションの話

2015年4月6日 0

(*^。^*)題名:切断者とリハビリテーションの話 術前理学療法 1)チームの各メンバーの決定、カンファレンス 医師より患者へ説明状況を聞く。 医師より切断高位、手術方法を聞く。 術後の治療計画の決定 […]

(´・c_・`)義肢と非適応例の話

2015年3月21日 0

( ^)o(^ )題名:義肢と非適応例の話 下肢切断の大部分は義足によって歩行可能になるが、少数ではあるが、義足の適応とならない切断者が存在する。義肢装着が適応となりにくい症例には以下のようなものがあ […]

( ^∀^)切断と解剖生理からリハビリの話

2014年12月31日 0

( -ω-)題名:切断と解剖生理からリハビリの話 切断の三大原因は外傷・悪性腫瘍・末梢循環障害である。 ①外傷‐創部治癒不良→感染→生命危機 挫滅創やdegloving injury、粉砕骨折で治癒が […]

d(⌒ー⌒)!切断と評価の話

2014年10月25日 0

(・_・;)題名:切断と評価の話 1.切断の術前評価の意義 リハビリテーションはチーム・アプローチであることは言うまでもなく、切断については医師、看護婦、PT、OT、義肢装具士、SWが初期から緊密なチ […]

(T_T)下肢切断の話

2014年7月8日 0

(@_@;)題名:下肢切断の話 1.切断者の概要 切断者のリハビリテーションを学ぶうえで、わが国には切断者が何人くらいいるのか、どこで切断された人が多いのか、また切断に至った原因は何かなど、基本的な知 […]

(゜ロ゜)切断部位と決定の話

2014年6月29日 0

(#^.^#)題名:切断部位と決定の話 切断の部位は機能傷害をほぼ決定するものである。 残される機能が多ければ多いほど機能的予後はよいわけであるが、断端の長さが長ければ長いほどよいというわけではない。 […]

( ´ ▽ ` )切断と手技の話

2014年1月10日 0

(。-∀-)題名:切断と手技の話 切断術は創治癒のみを目標とするものではなく、義肢の装着に適する強固な支持性を有し、痛みのない安定した断端を獲得することが必要であるから、理想的な切断を実現することは一 […]

(゜´Д`゜)切断と原困の話

2013年12月29日 0

(^O^)題名:切断と原困の話 切断の適応となる原因には、外傷、末梢循環障害、悪性腫瘍、感染、先天性奇形、その他等がある。 1.外傷 すでに完全に切断されているもの、切断はされていないが広範な組織の破 […]

(´д`)断端管理の話

2013年12月25日 0

(゚∀゚)題名:断端管理の話 切断術後の断端管理には次のような方法がある。   ●弾性包帯法(soft dressing) 切断端の創縫合部を滅菌ガーゼで覆い弾性包帯を巻いて圧迫し、断端を固 […]

(;´д`)切断術後とケアの話

2013年11月9日 0

(。-∀-)題名:切断術後とケアの話 切断術後の早期の合併症には、皮膚創部の壊死、皮膚縫合部の遷延治癒、感染、浮腫などがある。 【皮膚創部の壊死】 切断では断端の皮膚縫合部の壊死が起こりやすく,特に循 […]