スポンサード・リンク

(゜ロ゜;甲状腺癌の話

2017年11月11日 0

 甲状腺癌は、体内の甲状腺刺激ホルモンの増加が原因とみられ、病理組織学的により乳頭腺癌・濾胞癌・髄様癌・未分化癌・悪性リンパ腫の5種類に分けられ、それぞれ臨床上の特徴など病態に違いがあるという特徴があ […]

\(゜o゜;)/ステロイドパルス療法の話

2017年9月13日 0

ステロイドとは副腎皮質ホルモンで、副腎皮質という身体の一部の臓器から作られ、強力な抗炎症作用と免疫抑制作用を有する。そして、ステロイドパルス療法は即効作用があり、その効果は数日から1週間程度維持する。 […]

(゜ロ゜)甲状腺機能亢進症の話

2017年6月21日 0

甲状腺で過剰に甲状腺ホルモンが生成され、それが血中に分泌されることにより体内の代謝が亢進し、いろいろな臨床症状が生じた状態である。この疾患は糖尿病についで多く、女性は男性の4~5倍かかりやすく、思春期 […]

(●^o^●)下垂体腺腫の話

2016年10月14日 0

(´◉◞౪◟◉)題名:下垂体腺腫の話  間脳下垂体疾患の中で87%を占めている。18歳以上で発生してくる。一般的に良性腫瘍である。機能性下垂体腺腫は60%で何らかのホルモンを産生する腺腫、非機能性下垂 […]

( ̄∇ ̄*)ゞステロイド内服の話

2015年7月9日 0

(^_-)題名:ステロイド内服の話 ●副腎皮質ステロイド 皮膚科では、糖質ステロイドの作用を有する薬剤が用いられる。膠原病や天痘瘡などの自己免疫性水痘症などのほか、自家感作性皮膚炎・重症の接触皮膚炎・ […]

(*ノ▽ノ)甲状腺機能亢進症とバセドウ病の話

2015年6月30日 0

!(^^)!題名:甲状腺機能亢進症とバセドウ病の話 本症はTSH受容体を自己抗原とする自己免疫疾患である。 自己抗体が甲状腺の受容体を刺激して甲状腺ホルモンを多量に分泌し、びまん性甲状腺腫と甲状腺機能 […]

(´・c_・`)甲状腺と機能低下の話

2015年5月31日 0

(^0_0^)題名:甲状腺と機能低下の話 組織に甲状腺ホルモンが作用しないことにより甲状腺機能が低下する疾患である。 甲状腺ホルモン作用が発揮されないのは血中に甲状腺ホルモンが欠乏しているか、あるいは […]

(  ̄▽ ̄)クッシング症候群の話

2014年11月12日 0

(+o+)題名:クッシング症候群の話 クッシング症候群は、副腎過形成あるいは副腎腫瘍からコルチゾールが過剰に分泌されて起こる疾患である。 本症の原因となる副腎腫瘍には、副腎皮質腺腫および副腎皮質癌があ […]

(^〇^)周期性四肢麻痺の話

2013年11月12日 0

( ´ ▽ ` )題名:周期性四肢麻痺の話 周期性四肢麻痺は、発作性に弛緩性の四肢筋の麻痺を起こす比較的まれな疾患で、血清のカリウム値によって、低カリウム血性、高カリウム血性、正カリウム血性に分類され […]

(* ̄ー ̄)粘液水腫の話

2013年11月11日 0

(;´д`)d題名:粘液水腫の話 粘液水腫は、甲状腺の欠如あるいは障害により、甲状腺ホルモンの分泌低下をきたし、その欠乏症状を示す疾患である。甲状腺機能低下は先天性あるいは若年性に起こればクレチン病と […]