スポンサード・リンク

( 〃▽〃)拘縮と強直の話

2016年10月8日 0

(^_-)題名:拘縮と強直の話 ●はじめに 関節は、骨、関節軟骨、靭帯、関節半月、関節半月など非収縮的と筋を含む収縮要素でなりたっているが、さまざまな原因で関節可動域が正常より制限された状態を関節硬着 […]

(*´∀`)免疫系器官の話

2015年10月16日 0

o(^▽^)o題名:免疫系器官の話 ①胸腺 胎児肝や骨髄から受け入れた血液幹細胞を成熟したTリンパ球へと分化させる。被膜と中隔で多数の小葉に分かれており、各小葉には上皮細胞が充満している。上皮細胞の間 […]

(;´д`)免疫の話

2015年10月9日 0

(*≧∀≦*)題名:免疫の話 「免疫」とは本来、ある特定の病原体に1度感染して回復できると抵抗性をもつようになり、同じ病にかからなくなることをいいますが、危険なものだけを攻撃し排除するという、自らの体 […]

(  ̄▽ ̄)疼痛と障害の話

2015年9月7日 0

“(-“”-)”題名:疼痛と障害の話 疼痛を主体とする障害  肩甲帯周囲の痛みは骨、骨膜、関節包、滑膜、靭帯、腱、皮膚など一次知覚神経の自由神経終末が分 […]

(*´ー`*)骨壊死の話

2015年9月2日 0

(゚∀゚)題名:骨壊死についての話 骨への血流の遮断によって骨壊死が起こる。広義の骨壊死には、成長期に起こる骨端症、原因のはっきりしない一次性(特発性)骨壊死、直接の原因がはっきりしている二次性(症候 […]

(゚-゚*;)骨壊死の話

2015年8月12日 0

( ̄ー ̄;)題名:骨壊死の話 骨を構成する細胞の死滅した状態で、骨髄細胞の消失と骨小腔の空胞化を特徴とする。 骨への血液供給が停止もしくは低下した場合に発生する。 典型例は、大腿骨頭を栄養する動脈(支 […]

(|| ゜Д゜)老化と筋肉量減少の話

2015年7月30日 0

(~_~メ)題名:老化と筋肉量減少の話 ① 運動神経と神経筋接合部の数の減少 ② 筋における蛋白合成能の低下 ③ 酸化ストレスによるミトコンドリアの損傷 ④ 遊離型テストステロン濃度の低下 ⑤ 成長ホ […]

(´д`)炎症の話

2015年7月22日 0

(^ω^)題名:炎症の話 病的刺激を受けた生体の防御的な反応で、組織や細胞が損傷を受けた時から、修復するまでの一連現象。 炎症は生体の防御的な反応、すなわち病的刺激を受けて障害を受けた組織、その原因と […]

( 〃▽〃)炎症の話

2015年7月1日 0

(´・ω・`)題名:炎症の話 感染症や外傷によって組織が傷害されたとき、細菌などの有害因子を排除し、組織を修復するために起こる治癒過程を炎症inflammationという。 具体的には、①局所の血流量 […]

(“⌒∇⌒”)癌と検査の話

2015年5月28日 0

(+_+)題名:癌と検査の話 CT検査(CTスキャン)は、いろいろな角度から体内の詳細な画像を連続的に撮影しコンピュータを使って非常に鮮明な画像を得ることができます。 周囲の臓器やリンパ節転移の有無を […]

(*´-`)高所障害の話

2015年5月28日 0

(/_;)題名:高所障害の話 高所障害とは、高所に登ったとき現れる障害であり、急性期には末梢の浮腫、あるいは脱水、眼底出血、激しい頭痛、不眠、嘔気、嘔吐、周期性呼吸、 運動失調などが現れる。 症状が現 […]

(*´ω`*)糖質コルチコイドの話

2014年12月28日 0

(^O^)題名:糖質コルチコイドの話 他の免疫抑制薬とともに、臓器移植時の拒絶反応の予防・治療、あるいは自己免疫疾患の治療に用いられる。 多くの副腎皮質ステロイ ドの中で免疫抑制薬として用いられる。 […]

(^^;形態学と老化の話

2014年12月21日 0

(´Д` )題名:形態学と老化の話 老とは? 寿命とは? 最長寿命とは? 寿命と老化はと きに混同して用いられているが, 別の概念である。 老化とは、生物個体が生を受けてから後、死までの間、発育から成 […]

(゜ロ゜)がん患者と廃用症候群の話

2014年11月20日 0

(=_=)題名:がん患者と廃用症候群の話 がん患者においての廃用症候群は生命予後にも直結する重大な問題である。 がんのリハビリの目的は、「がんとその総合的な治療過程において受けた身体的および心理的な種 […]

(* ̄ー ̄)免疫グロブリンの話

2014年10月31日 0

(・_・;)題名:免疫グロブリンの話 免疫グロブリンを作る働きは新生児では、きわめて弱く、生後数か月の間に少しずつ発達して行く。 この聞は母親から与えられた免疫グロブリンで食いつなぐことになる。 Ig […]

(゜ロ゜)癌と骨転移の話

2014年9月29日 0

(+_+)題名:癌と骨転移の話 癌の骨転移は全骨腫瘍の26%を占め、第1 位の発生頻度である。しかし癌患者における正確な骨転移の頻度を把握することは困難である。   〔発生年齢〕 癌の好発年 […]

(^ー^)免疫反応と役割の話

2014年4月27日 0

(ーー゛)題名:免疫反応と役割の話 免疫反応の主役的な役割を果たしているT細胞が抗原を認識するには、抗原をT細胞に提示する機能をもった抗原提示細胞と呼ばれる細胞が必要です。 この抗原提示細胞の表面には […]

(σ≧▽≦)σ炎症の話

2014年3月28日 0

(´∀`)題名:炎症の話 細胞や組織が傷害を受けると、その程度により局所の退行性病変(変性・壊死)や循環障害をおこす。 次に生体は被害を最小限にとどめ、傷害因子を除き、細胞や組織の損傷を再生・修復しよ […]

(^◇^)萎縮の話

2014年3月20日 0

(*´ω`*)題名:萎縮の話 いったん正常に発達した臓器、組織の容積が傷害のため縮小する変化を萎縮といい、正常の大きさまで発育しなかった低形成とは区別される。 臓器の萎縮は細胞個々の縮小によって臓器全 […]

(/ー ̄;)腫瘍の話

2014年3月1日 0

(>_<)題名:腫瘍の話 良性腫瘍 悪性腫瘍 発育の形式発育の速度 組織破壊 転移 再発 全身への影響 異型性 分化度 色調 形状 周囲との癒着 周囲との境界 膨張性(境界明瞭)遅い 軽い […]

(・∀・)免疫と薬物過敏症の話

2014年1月23日 0

( ´ ▽ ` )題名:免疫と薬物過敏症の話 免疫系は正常では身体の構成物質とは異なる侵人してきた分子や粒子を除去する役割を持つ。 何らかの理由により免疫反応が過度に進行し、生体を傷害する場合がある。 […]

(^∇^)リンパ球の話

2014年1月21日 0

(^-^)題名:リンパ球の話 免疫の主役(リンパ球) リンパ球にはT細胞とB細胞の2種類がありますが、中でもT細胞は、免疫系全体での司令塔的な役割を果たす最も重要な免疫担当です。 マクロファージが異物 […]

(●^o^●)炎症の話

2013年11月15日 0

(*゚∀゚*)題名:炎症の話 炎症とは、身体に何らかの障害性の刺激が加わった時、それに対応して起こるさまざまな変化を総称して炎症と呼ぶ。 その特徴は発赤、腫脹、発熱、疼痛を炎症の4徴候と呼び、これに機 […]

(・∀・)血沈の話

2013年10月30日 0

ヽ(;▽;)ノ題名:血沈(ESR)の話 正しくは赤血球沈降速度(Erythrocyte Sedimentation Rate)。 別名、赤沈とも言う。 採取した血液に抗凝固剤クエン酸ナトリウムを加えて […]