スポンサード・リンク

d=(^o^)=b膀胱・尿道と神経支配の話


「膀胱・尿道と神経支配」の画像検索結果

(+_+)題名:膀胱・尿道と神経支配の話

膀胱に分布する遠心性線維には、交感神経線維と副交感神経線維がある。

ここでの交感神経の節前線維は、胸髄下部と上部腰髄(L1~L2, T11~T12)から起こり、上下腹神経叢を作った後、下腹神経となり、下下腹神経層を経て膀胱神経層に達する。

分担解剖学によると、膀胱神経叢内の神経節でニューロンを交代し、その節後線維は排尿筋と膀胱括約筋に分布する。

主として排尿筋の弛緩に関係している。

膀胱括約筋に対してはその収縮に働いている。

また、副交感神経の節前線維は、第3から第4仙髄から起こり、骨盤内臓神経を経て膀胱神経節に達して節後線維となり、排尿筋と膀胱括約筋に分布する。

これは特に排尿筋の収縮に働き、さらに膀胱括約筋の弛緩に働いている。

尿道括約筋には、体性神経である陰部神経が、仙髄(S2~S4)から出発し、そのまま到達する。

膀胱壁からの求心性線維は、大部分が骨盤内臓神経と走行をともにし、第3から第4仙髄へと入る。

一部の線維は、交感神経とともに走る。

陰部神経の知覚線維は尿道粘膜などに分布する。

とても大事な知識ですね。

「膀胱・尿道と神経支配」の画像検索結果

(・_・;)参考文献

医療学習レポート.膀胱・尿道と神経支


スポンサード・リンク