スポンサード・リンク

f(^_^)5月22日水曜日の日記

(゜ロ゜)meal(゜ロ゜)

朝ごはんは、トースト2枚とコーヒー牛乳とおにぎりを食べました。

昼ごはんは、すき屋で牛丼を食べました。

晩ごはんは、お魚と納豆ご飯を食べました。

 

(`ω´)event(`ω´)

今日は、残業の日です。

妻に電動自転車をかりて出勤です。

午前は外回りをして、午後は病棟を行いました。

午後から帰るスタッフが多く、カンファレンスがあるのに困ります。

残業を終えゆっくり家に帰ると、長男はお風呂を終えており、次男をお風呂へ入れました。

自然と眠たくなったので、就寝です。

 

(ToT)health(ToT)

残業をすると地味に疲れます。

 

(@_@)study(@_@)

今日は、脳動脈瘤について勉強しよう。

脳動脈瘤の殆どを占めるのは嚢状動脈瘤です。

好発部位はWillis動脈輪(脳底部)に多いです。

三大好発部位は、内頚動脈・後交通動脈分枝部、前交通動脈、中大脳動脈分枝部です。

椎骨脳底動脈系では、脳底動脈先端・椎骨動脈・後下小脳動脈の分枝部などに好発するが、その頻度は5%程度です。

嚢状動脈瘤は、瘤状の動脈瘤です。

この動脈瘤の破裂はくも膜下出血となります。

粥状硬化性動脈瘤は、粥状硬化に続発する動脈瘤で紡錘系をしています。

この動脈瘤は破裂することは少ないが血栓症に合併していることが多いです。

巨大動脈瘤は、2.5cm以上のものをいいます。

動脈瘤の5%を占め、女性に多いです。

動脈瘤が大きいと脳神経を圧迫したりします。

前・中大脳動脈の動脈瘤は脳実質の圧迫により、てんかん発作や片麻痺を起こします。

椎骨動脈・脳底動脈の動脈瘤は脳幹・下位脳神経・小脳を圧迫し、眼球運動障害・球麻痺・運動失調などを呈します。

巨大動脈瘤はくも膜下出血を起こす確率が通常の動脈瘤より高いです。

未破裂の動脈瘤は、生涯にわたって気づかれないままに経過することがあります。

しかし一旦動脈瘤が破裂すると、死亡する可能性があり、出血性脳卒中、血管攣縮(破裂動脈瘤による後遺障害や死亡の最大の原因)、水頭症、昏睡状態、短期または長期の脳損傷などの原因となります。

 

(~_~)count(~_~)

日記64日目です。

スポンサード・リンク