スポンサード・リンク

((o(^∇^)o))ユングの話


「カール・グスタフ・ユング」の画像検索結果

( ^)o(^ )題名:ユングの話

ユングは人間のこころの構造として、三つの層を分けて考えている中で、意識、個人的無意識のさらに基層に集合的無意識を仮定している。

ユングの定義によると、無意識が、「純心理学的な概念であって、形而上学的な概念として用いられる哲学上の用語ではない。

意識的でない、つまりはっきりそれと知覚されるような形では自我とつながりをもっていない、あらゆる心的内容ないしは心的過程の総称」とされている中で、個人的無意識は、「第1に、意識内容が強度を失って忘れられたか、あるいは意識がそれを回避した(抑圧した)内容、および、第2に意識に達するほどの強さを持っていないが、なんらかの方法で心の内に残された、感覚的な痕跡の内容から成り立っている」とされ、「個人的存在が取得したもののすべて―――すなわち忘却されたもの、抑圧されたもの、識域下で知覚され、考えられ、感じられたこと―――が含まれる」とされる。

これに対して集合無意識は、「表象可能性の遺産として、個人的ではなく、人類に、むしろ動物にさえ普遍的なもので、個人の心の真の基礎である」と定義され、「歴史的な伝統という縦の連絡も、移住という横の連絡もないのに、いつどこにでも新しく発生することのある、もろもろの神話的連関、主題、像」の内容を指すとされている。

また、「集合的」とは、「一つの個体だけに特有なのではなくて、同時に多くの個体、つまり一つの社会なり、民族なり、あるいは人類全体の特色をなしているような心的内容のことである」とし、「個人的の反対概念としている。

「カール・グスタフ・ユング」の画像検索結果

(^◇^)参考文献

医療学習レポート.ユング


スポンサード・リンク