スポンサード・リンク

o(*⌒―⌒*)oスキナー,B.F.の話


(~_~メ)題名:スキナー,B.F.の話

スキナーは学習すべき条件反応をした時だけ強化を与えるオペラント条件づけをスキナー箱を使って証明した。

学習理論の代表である条件反射説、行動理論の主張者である。

オペラント法:患者が適応的な行動をした時には積極的に賞賛し、何らかの報酬を与えることによって、適応的な行動をとることを強化していく方法。

この療法の適応範囲は広く、摂食障害、幼児自閉症、神経症性習癖などである。

 

人間を理解するために、客観的な「行動観察」をベースにし、そしてその行動の生起に影響を及ぼしている環境要因、特に後続事象と行動との関係を明らかにしました。

そして、その行動と環境との因果関係を厳密な「実験操作」によって統制、制御したのです。

つまり、こういう環境要因の条件設定をすれば、こういう行動が生起する(あるいは消去する)という一連の法則を見つけ出した、ということです。

 

行動分析学は、人間を中心とした生物全般の諸活動を主として環境と個体との相互作用 という 側面から探求し、行動に関する因果法則を明らかにしていこうとする学問です。

心理学者スキナーが創始した行動分析学とは、人間も含めた動物の行動が周囲の環境からどのような影響を受けるのかを実験的に検証し、そこから導かれた原理を用いて、複雑な行動を説明したり、応用場面での実践に用いたりする学問である。

(--〆)参考文献

医療学習レポート.スキナー,B.F.


スポンサード・リンク