スポンサード・リンク

o(*⌒―⌒*)oレイノー現象の話


(p_-)題名:レイノー現象の話

レイノー現象とは、発作的に四肢末梢に乏血を起こし、皮膚に蒼白、チアノーゼをきたし、次いで回復すると逆に充血、発赤が起こる現象。

原因不明(一次性または原発性レイノー病)、何らかの原因による二次的なもの(二次性レイノー病)に分ける。

二次性レイノー病の原因としては、

①神経血管症候群

②閉塞性動脈疾患

③膠原病

④神経疾患

⑤多発性硬化症

⑥中毒

⑦内分泌障害

⑧血液疾患がある。

レイノー現象とは、発作的に手足の血の流れが悪くなって、皮膚の色が蒼白または紫色(チアノーゼ)になり、痛み、冷感、しびれ感を自覚し、次いで血液の流れが回復すると、逆に充血し赤くなる現象をいいます。

身体全体や手足が冷たい空気や水などにさらされたり、強い精神的緊張やストレスなどが引き金となり、手足の細い動脈の強い収縮が起こることによって生じます。

 

レイノー現象には原因不明のもの(レイノー病と呼びます〉と何か他の病気があって起きる場合(レイノー症候群と呼びます)の2つに分けられます。

後者の場合には、

・動脈硬化などによって血管の内腔が狭くなる場合(器質性動脈疾患)

・振動工具、ピアノ、タイプなどの反復使用による局所の外傷

・手指などに分布する神経や血管が肩の部分で骨や筋肉などによって圧迫される場合(神経血管症候群)

・未梢神経炎などの神経障害

・薬物や重金属(鉛、砒素など)

・甲状腺や膵の腺腫などの内分泌障害

・リウマチ膠原病

・赤血球増多症や異常蛋白など血液成分の異常などによる場合があります。

(^O^)参考文献

医療学習レポート.レイノー現象


スポンサード・リンク