スポンサード・リンク

o(*⌒―⌒*)o一過性脳虚血発作の話


( *´艸`)題名:一過性脳虚血発作の話

脳虚血に基づく症状が一過性に出現し、24時間以内に消失するものである。

頭蓋内あるいは頭蓋外の血管内の微小塞栓が剥離し脳末梢血管に小塞栓を起こすことによると考えられる。

 

●臨床所見

内頸動脈系のTIAでは片麻痺、単麻痺、片側性感覚障害、失語などの高次脳機能障害、一側眼の失明(黒内障)、半盲などが出現することが多い。

TIAではめまい、複視、構音障害、嚥下障害、運動失調などが出現する。

これらの症候は一過性(1時間以内のものが50~70%、多くは数分以内に消失)に出現する。

1日数回から数年に1回まで多様である。

 

●経過と予後

TIA患者の約1/3は3~4年に脳梗塞が発症する。反復してTIAを繰り返す例では予後も悪い。

(´・ω・`)参考文献

医療学習レポート.一過性脳虚血発作


スポンサード・リンク