スポンサード・リンク

o(*⌒―⌒*)o自然気胸の話


(~_~;)題名:自然気胸の話

自然気胸とは、肺あるいは胸壁を介して胸腔内に空気が漏れ出した状態である。

男女比は約6.5:1。

好発年齢は20~30歳代が最も多く、10~30歳代の症例が約80%を占める。

一時性特発の気胸は身長・痩軀の症例で目立つ。

喫煙者に気胸発生頻度が高い。

非喫煙者に比し、軽喫煙者で7倍、中等度喫煙者で約20倍、重喫煙者で約100倍。

 

臨床症状:

3徴候は突然の胸痛、乾性咳嗽、気胸の程度に対応した種腫の程度の呼吸困難である。

最も頻度高く見るのは突然の胸痛である。

緊張性気胸では縦隔が健側に偏位する。

患側縦隔も下方に偏位する。

静脈還流が障害されると、頸静脈が拡張し、球記事に胴部の虚脱が低下あるいは消失する。

肺が高度に虚脱すると、頻脈、血圧低下、呼吸数上昇、チアノーゼも出現する。

 

自然気胸とは、肺の一部が破れて穴から空気がもれ、肺が虚脱した状態のことをいいます。パンクしたタイヤを想像すると分かりやすいかもしれません。再発を起こしやすく、3回以上繰り返した場合は手術をすることもある病気です。

 

肺の表面から胸の中に空気が漏れ出して、肺を圧迫し、肺が縮んでしまい、十分に膨らむことができなくなります。

肺の表面から漏れ出る空気の量が多くなると、片側の肺がすっかり縮んでしまうだけでなく、反対側に圧迫されて心臓や血管もおされてしまいます(縦隔転移といいます)。

このような状態の気胸を緊張性気胸と呼び、大変危険な状態です。

軽い自然気胸を繰り返して、突然起こってくることが多いので、正しい治療を受ける必要があります。

(^O^)参考文献

医療学習レポート.自然気胸


スポンサード・リンク