スポンサード・リンク

(o⌒∇⌒o)動脈硬化症の話


(^_-)題名:動脈硬化症の話

動脈硬化症arteriosclerosisの中では臨床上最も重要である。

比較的初期に見る内膜の隆起はアテローム斑と呼ばれ線維性被膜が飛沫細胞とその壊死産物、中性脂肪、コレステロールなどの蓄積を含んでいるものである。

粥腫は合併病変として潰瘍形成、石灰化を伴い、血栓形成へと発展する。

粥状硬化は大動脈および総腸骨動脈などの分枝、さらに冠動脈、脳動脈、腎動脈などに好発する。

大動脈では弾性線維の断裂、破壊、壊死のため動脈瘤(とくに腹部)を生ずる。

臨床的意義は冠動脈、脳動脈のごとき重要臓器の潅流動脈の内腔狭窄、閉塞、血栓形成により心筋梗塞、脳梗塞を生ずることである。

本症の発生と最も関係するのは高脂血症hyperlipemiaである。

高脂肪食をとる住民では冠硬化が多発することがわかり、また心筋梗塞患者に高脂血症が認められる。

高脂血症対策によりアメリカでは狭心症、心筋梗塞の死亡数が減少している。

今後も粥状硬化症は高血圧とともに成人病、老人病の対策上の重要な目標とされよう。

 

動脈硬化が起こると、さまざまな臓器に影響が起こります。

動脈硬化によって起きる代表的な病気としては、心筋梗塞や狭心症といった心臓の病気、脳梗塞のような脳の病気、閉塞性動脈硬化症などがあります。

(--〆)参考文献

医療学習レポート.動脈硬化症


スポンサード・リンク