スポンサード・リンク

(o⌒∇⌒o)原発性悪性肺腫瘍と原発性肺癌の話


「原発性悪性肺腫瘍と原発性肺癌」の画像検索結果

(^◇^)題名:原発性悪性肺腫瘍と原発性肺癌の話

原発性悪性肺腫瘍(原発性肺癌)とは、気管支から細気管支・肺胞領域までの肺組織に由来する癌腫である。

非上皮組織の由来の肉腫発生は、肺では極めて少ない。

肺癌の発生原因の第1は喫煙で、扁平上皮癌、小細胞癌の発生に大きく関与している。

環境因子としては、放射線照射、アスベスト曝露、6価クロム曝露などが知られている。

初発症状:咳嗽、喀痰・血痰、発熱、胸痛が主症状である。

嗄声:肺門部に原発巣があるリンパ節によって反回神経が浸潤されると声帯麻痺を起こして嗄声が起こる。

喘鳴:気管や主気管支など太い気管支に腫瘤が発生して気道を閉塞すると喘鳴が聞かれ、喘息様の症状がみられる。しかし気管支拡張薬は無効である。

呼吸困難:腫瘍浸潤による高度の気道閉塞のほか、横隔膜神経麻痺、無気肺、胸水貯留などによる。

胸痛:側壁胸膜、縦隔、太い血管への刺激によって発生する。

上大動脈症候群:上大動脈が浸潤圧迫された場合に静脈圧が上昇して上半身の静脈怒張がおこる。顔面・頸部・上肢のうっ血、浮腫がみられる。

パーキンソン症候群:肺尖部肺癌が肺外に浸潤して肋間神経、上腕神経叢、交感神経に及んだ時に発する症状である。肩から尺骨側へかけての疼痛と上肢萎縮およびHorner症候群(縮瞳と眼瞼下垂)がみられる。

腫瘍随伴症状:肺癌組織からホルモン様物質が分泌されてホルモン作用が現れる。多くはホルモンの前駆物質の形で産生され直接ホルモン作用を呈するものは少ない。主なものはACTHによるCushing症候群、ADHによる抗利尿ホルモン不適合分泌症候群、低Na血症、MSHなどのほか、バチ状指・肺性肥大性骨関節症、筋炎・筋無力症様症状など多彩である。

「原発性悪性肺腫瘍と原発性肺癌」の画像検索結果

( *´艸`)参考文献

実習対策レポート.原発性悪性肺腫瘍と原発性肺癌


スポンサード・リンク