スポンサード・リンク

o(^▽^)o心不全の話


「心不全」の画像検索結果

(*^^*)題名:心不全の話

心不全は生命に直結する重要な疾患である。

心不全とは構造的または機能的な障害により心臓のポンプ機能が低下し、臓器の酸素需要に見合うだけの血液量を絶対的にまた相対的に 拍出できない、または必要な血液量を心腔内に充満できない状態と定義される。

一般には肺、体循環または両系に体液貯留すなわちうっ血を来た し日常生活に障害を生じた病態であり、うっ血性心不全と呼ばれてきた。

しかし、うっ血が生じ る以前に運動耐用能の低下に基づく疲労感、呼吸困難感を生じることから、「うっ血性」 の言葉を外し単に「心不全」と呼ぶようになっている。

虚血性心疾患、心筋疾患、弁膜疾患などの心臓の構造的な異常でおこるが、それ以外にも頻拍発作などの心臓の機能的な異常によってもおこる。

また、心筋そのものの異常による場合が最も多いが、心外膜に異常を生じた場合や内膜に異常を生じた場合、大血管に異常を生じた場合にも 「心不全」 を引き起こす。

このようにひとことで心不全といっても多くの病態が含まれる雑多な疾患単位であることを理解しておく必要がある。

とても勉強になる内容ですね。

(^_^)参考文献

医療学習レポート.心不全


スポンサード・リンク