スポンサード・リンク

(^o^ゞ5月5日日曜日の日記

(o^O^o)meal(o^O^o)

朝ごはんは、トースト2枚とコーヒー牛乳を食べました。

昼ごはんは、厚切り豚カツランチを食べました。

晩ごはんは、きんぴらごぼうと玉子焼きとウインナーなど食べました。

 

(´Д`)event(´Д`)

今日はこどもの日です。

子供と遊ぼうと思います。

ご飯を食べて、長男と大きな公営公園へ行きました。

長男は三輪車で名一杯遊んで、遊具で遊んで、だんだん疲れてきたの帰ろうとしていました。

抱っこして欲しいと言ってきたので、三輪車もあるため怒りました。

長男と一緒に三輪車を引っ張って帰りました。

妻に公園近所まで迎えに来てもらい、義父母の家に行きました。

義父母と共にランチへ行きました。

厚切り豚カツは絶品でした。

焼きたてのパンも美味しかったです。

帰宅して洗車をしました。

晩ごはん前になると、長男はわがまま放題になっていたので、説教しました。

子供達をお風呂へ入れたあと、ゆっくりアベンジャーズ見てから寝ました。

 

\(^^)/health\(^^)/

長男の説教で体力消耗しました。

 

(´・д・`)study(´・д・`)

今日は、肝移植について勉強しよう。

肝移植はアメリカ合衆国において研究がはじまり、1980年代に免疫抑制剤の進歩とともに末期肝臓病に対する治療として確立されてきました。

肝移植という治療法については、これまで主として海外で多数行われてきた脳死肝移植という方法と、日本で症例が重ねられてきた生体肝移植という方法があります。

日本では脳死ドナーの不足という問題があることから、血縁者あるいは配偶者から提供された肝臓の一部を用いる生体肝移植が主流になっています。

こうして生体肝移植が1989年に我が国で施行されて以来、本格的に導入され現在では生体肝移植は末期的肝疾患に対する最終治療手段として根づいてきました。

 

(^∧^)count(^∧^)

日記47日目です。

スポンサード・リンク