スポンサード・リンク

(*^O^*)リネン交換の話


($・・)/~~~題名:リネン交換の話

●目的

リネンを清潔なものにすることにより、保温力・吸収力を高め、皮膚の排泄機能を正常に保つ。また、気分を爽快にする。

 

●使用物品

シーツ2、ベッドブラシ、ランドリーバッグ、綿毛布、スクリーン

 

●手順

手順

根拠

(1)必要物品を準備する

(2)患者に説明する

(目的、方法など)

(3)スクリーンをする

(4)窓を開け換気する

(保温に注意しながら換気を忘れない)

(5)床頭台と椅子をベッドから離す

(椅子は背もたれが床頭側に向くように置く)

(6)ランドリーバッグを足元のベッド柵に結びつける

(7)車輪を内側に向け

(8)枕元からマットレスを片手で持ち上げ、マットレスの下のリネンを全部一緒に引き出す

(患者に振動を与えないよう最小限持ち上げる)

(9)足元のリネンをほぐしてベッド柵にかける

(10)スプレッドを8つ折りにし、椅子にかける

(患者の体の下では行わない)

1)枕元のスプレッドの中央線を右手で持ち、そのまま足元へ折り返して2つに折る

(リネンの輪が入り口に向くように椅子を置く)

2)左手でもう一方の中央線を持ち上げ、さらに2つに折る

3)ベッドから離れてさらに2つに折り、椅子の背にかける

(11)毛布をスプレッドと同様に8つ折りにし、椅子の背にかける

 

→協力が得られ、安全・安楽に行える

→プライバシー保護

→リネンのほこりが立つ

 

→交換しない毛布、スプレッドをかけておくため

 

→安全のため

 

→振動が伝わるとそのたびに体が揺れ不快である

 

 

→体が圧迫され不快である

 

 

→外観がよいため

 

 

 

 

手順

方法

(12)掛シーツの上に綿毛布をかける

 

(13)掛シーツを綿毛布の下から取り外し、横シーツにさばき替え、椅子の背にかけておく

(掛シーツが汚れている場合は新しいシーツを用いる。スプレッドと同じように2つ折りにし、広いヘムが狭いヘムと重ならないようにずらす)

(14)床頭台と反対側へ行き、患者を手前側に向かせる

(手前には移動しない。基底面を広くとり、ベッド柵を用いて十分安定させる。介助者がいれば肩と腸骨稜を支え、患者を観察しながら行うのが望ましい)

(15)床頭台側に戻り、横シーツを扇子折りにし、患者の体の下に差し入れる

(肩幅程度に両手を広げて持ち、静かに入れる)

 

 

 

 

 

 

(16)ゴムシーツはベッドブラシをかけ、患者の体の上に静かに置く

(掃き方のポイント⇒枕元→足元、中央→外側、ほこりを立てない、自分にかからないよう掃き出す方向をややずらす、ほうきの先が患者の体に当たらないようにし、他方の手でガードしながら掃く)

 

 

 

 

 

 

 

→保温とプライバシーの為

→掛シーツは比較的汚れにくいので、シーツの枚数が少ないときなど代用ができる

 

 

→マットレスの振動で体位を崩す可能性がある

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

→塵がベッドの中央に残らないように。患者は看護師より低い位置にいるのでほこりを吸いやすい。

手順

根拠

(17)敷シーツを扇子折りにし、患者の体の下に入れる

(18)マットレスパッドの上にブラシをかけて患者の背に静かに乗せ、マットレスパッドの裏とマットレスの上と側面にブラシをかける

(19)マットレスパッドを元に戻し、新しい敷シーツを広げる

(汚れたシーツの表の清潔なシーツが接しないように、また汚れたシーツと清潔なシーツが完全に重ならないようにする)

1)中央線に合わせて広げ、手前側に垂らす

2)反対側になるシーツは扇子折りにし、汚れたシーツの下側に入れる

3)枕側と側面をマットレスの下に入れる

(マットレスを持ち上げるのは最小にし、静かに行う。しわを十分伸ばしながら行う)

 

 

(20)ゴムシーツを広げ、手前側を作る

(21)横シーツを下シーツの中央線に合わせて広げ、手前側をつくり、反対側の分は扇子折りにして汚れたシーツの下に入れる

(22)患者に背部にシーツの段差があることを説明し、静かに手前側へ側臥位にする

(ベッド柵を移動する)

(23)ブラシを持ち、床頭台と反対側へ行く

(24)横シーツのごみが散らないように包み込むようにして外し、ランドリーバッグへ入れる

(25)新しい横シーツを手前側に伸ばし、静かに患者の上に置く

(26)ゴムシーツの上を掃き、静かに患者の上に置く

(27)敷シーツを包み込むように枕元から外し、ランドリーバッグ

(28)新しいシーツを手前側に広げ、静かに患者の上に置く

 

 

 

 

→清潔なシーツを落屑などで汚染させないため

 

 

 

 

→患者の転落の危険および振動が伝わり不快になるので。側臥位から仰臥位になる時、背部が不快になるので

 

 

 

 

 

 

→転落の危険性がある

手順

根拠

(29)マットレスパッドとマットレスにブラシをかける

(30)敷シーツ、ゴムシーツ、横シーツを作る

(患者の体の下側になっている部分にしわがないようにリネンをよくのばす。臀部が沈みすぎているときは臀部の所のリネン類を先にマットレスの下にいれ、次に両側を入れるようにする)

(31)患者をマットレスの中央に仰臥位にし、病衣を整える

(32)ランドリーバッグを外し、ワゴンに乗せる(33)敷シーツの足元の部分を作る

(対角線の引っ張り、しわを伸ばす)

(34)枕を外し、枕に空気を含ませ、今まで当てているほうと反対側を当てる

(ベッドの足元で行う)

(35)掛シーツをさばき、襟元を折り返し、中央線に合わせて広げる

(掛シーツへのさばきかえは患者の体の上で行わず、椅子を利用する)

(36)綿毛布を取り除く

(37)掛シーツの足元に四角の角を作る

(患者が横になっているのでダーツを取る必要はないが、圧迫しないよう緩みを持たせて角を作る)

(38)毛布をかけ、足元に四角の角を作る

(毛布の襟元は掛シーツで軽く覆っておく)

 

(39)スプレッドの襟を掛シーツと同様に折り返してかけ、足元に三角の角を作る

(40)襟元を作る

(患者の肩が十分覆えるようにする)

(41)反対側に回り、掛シーツ、毛布、スプレッド、襟元を作る

(42)ベッドの車輪、ストッパーを確認する

(43)患者に寝心地を確認する

(44)床頭台、椅子などを元の位置に戻す

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

→ほこりがたつので

 

 

 

 

 

 

 

 

 

→直接毛布が顔に当たると不快なため

 

 

 

→保温のため

手順

根拠

(45)スクリーンを元に戻す

(46)室温、湿度、換気を整える

(47)後片付けをする

1)取り外したリネン類は洗濯する

(汚染状況を確認し、部分洗い、染み抜きなどの必要があれば行う)

2)ランドリーバッグ、ベッドブラシを元の位置へ戻す

(破損などがあれば担当者に報告する)

 


スポンサード・リンク