スポンサード・リンク

(^o^)変形性股関節症と症状の話


「変形性股関節症と症状」の画像検索結果

(^0_0^)題名:変形性股関節症と症状の話

股関節症の主要症状は、股関節痛と運動障害である。

これによって跛行をきたしたり、腰掛け、正座、靴下の着脱、足趾の爪切りなどの日常生活動作に支障をきたす。

股関節症の初発症状は股関節痛である場合が多い。

前期や初期股関節症の股関節痛は運動や歩行後に出現する。

疼痛の好発部位は鼠径部や大腿前部であり、関節構成骨の破壊、非特異的な滑膜炎、股関節周囲筋の攣縮などによって起きる。

初期股関節症の痛みは休息によって寛解するが、進行期になると痛みの程度は増強し、安静時にも痛みが持続するようになる。

安静時痛の出現には骨内血流のうっ滞によって骨内圧が上昇することが、関与していると考えられている。

末期ではこれらの痛みはさらに増悪し、歩行に際して杖や松葉杖が必要になる。

しかし、それを過ぎて関節の動きがほとんどなくなると、痛みは逆に軽くなることもある。

関節の可動域制限は、痛みによる股関節周囲筋の攣縮と関節拘縮によって起きる。

前期や初期では可動域制限はないが、進行すると関節拘縮をきたし、屈曲、内転、外旋位をとるようになる。

骨頭に骨棘ができ、球形から楕円形に変形が強くなると外転、内旋、伸展障害が高度となる。

屈曲制限も出現し、足趾の爪切りや靴下の着脱などに支障をきたすようになる。

跛行は股関節症の代表的所見の1つで、早期から外転筋力の低下によるTrendelenburg跛行を呈する。

痛みが増強すると、これに患側への荷重時間を短くさせるための有痛性跛行が加わる。

「変形性股関節症と症状」の画像検索結果

(*^。^*)参考文献

医療学習レポート.変形性股関節症と症状


スポンサード・リンク