スポンサード・リンク

(*^O^*)悪性黒色腫の話


(~_~;))題名:悪性黒色腫の話

メラニン細胞の悪性増殖は通常先行する母斑の時期を経ることなく新規に発生するが、良性母斑を経て悪性化する場合もある。

太陽光線(とくに紫外線)への曝露は最も重要な発生原因と考えられている。

慢性曝露-多年にわたって日光に曝露されている状態で、とくに老人によく認められる。

急性曝露-皮膚に熱傷をひき起こす程度の強い日光曝露の状態であり、黒色腫の発生にとってとくに重要である。

 

●発生部位

顔面、足底部,手掌および爪床の皮膚、女性の下肢、男性の躯幹に発生する。

口腔粘膜、上肢および生殖器にまれに発生する。

眼(網膜)、髄膜にまれに認められる。

メラニン色素を含まない悪性黒色腫も発生することがある。増殖の速さはいろいろである.次の4つの型の黒色腫が認められている。

悪性ほくろ:老人の顔面に発生する上皮内悪性黒色腫のことである。このほくろの一方の端では増殖するのに対し,ほかの端では黒色腫細胞は退縮していくこともある。

表在浸潤性黒色腫:女性の下肢、あるいは男性の躯幹に認められる。北方の国々ではで皮膚黒色腫全体の50%を占めている。

肢端ほくろ型黒色腫:手掌、足底部、粘膜に発生する。

結節性黒色腫:通常、躯幹に発生する。早期に浸潤性となり、潰瘍化するのが一般的である。

(p_-)参考文献

医療学習レポート.悪性黒色腫


スポンサード・リンク