スポンサード・リンク

(*^O^*)放射線療法と骨転移患者の話


「放射線療法と骨転移患者」の画像検索結果

適応

 悪性腫瘍の骨転移の治療の主目的は疼痛の緩和、病的骨折・麻痺の予防、日常生活[ADL]の維持であり治療法は対症療法として放射線治療、整形外科治療、化学療法、内分泌療法が種々の組み合わせで行われる。

感受性

 転移性骨腫瘍の放射線感受性はその腫瘍の母組織により異なる。骨原発の骨腫瘍は放射線感受性が低いが骨リンパ腫や骨髄腫などの骨髄細胞原性の骨腫瘍放射線感受性が高い。疼痛の緩和には有効である。

照射方法

 骨転位が限局性でも、侵された骨全体を局所照射するのが一般的である。各部位別における放射治療法の方法は、脊椎転移の場合、疼痛の強い椎体と上下各椎体を照射野に含む。頸椎は左右向2門、胸椎は後方1門照射、腰椎では前後対向2門照射が一般的である。長管骨の場合、照射野は侵された骨をできるだけ長く含むようにする。治療後のリンパ浮腫を予防するため、軟部組織の一部を照射野外にする。骨盤の場合、全骨盤の照射は時に必要となるが、消化管への副作用を考慮して照射範囲を設定する。特に化学療法が併用されている症例では注意が必要で、適宜消化管の遮蔽を行う。仙腸関節の転移では両側治療が必要なことも多い。肺の照射容量の減少のため可能なら接線照射を行う。肋骨転移では、侵された部分に限局して照射する。肺の照射容量の減少のため可能なら接線照射を行う。肋骨起始では一般的に椎体とともに照射することが必要である。頭蓋骨の場合、弓隆部の頭蓋骨転移では放射線治療が必要となることは多くない。頭蓋底、トルコ鞍あるいは蝶形洞の骨転移は放射線治療が奏効する。この場合、全頭蓋か少なくとも頭蓋底全体を照射野に含む必要がある。

照射線量

 一般に骨転移のような対症療法的治療では、できるだけはやく治療効果を得るために1回線量を3~5Gyとした短期間照射が行われる。肺癌や食道癌からの転移では、症状寛軽を目的として30Gy/10回/2週または20Gy/5回/1週位での照射適応となる。

副作用

 全身的に照射野が広範囲の場合特に全身倦怠感、食欲不振、悪心などの放射線宿酔症状が現れやすい。放射線宿酔の発生機序は、放射線による化学反応の過程で、過酸化物質が多量に発生し、肝臓で処理される。肝臓自体が疲弊に伴い、宿酔症状を呈する。さらに血液中に存在する炎症細胞(白血球)よりヒスタミン系物質の遊離によりアレルギー性症状を呈する。
宿酔症状には、過酸化物質の蓄積とヒスタミン系物質の両者が関与すると言われている。放射線に対する不安が強い人も起こりやすい。放射性皮膚炎を起こしやすい部位としては、鼠径部、会陰部、腹部である。頭蓋底の場合、脱毛もおこる。
骨転移の放射線治療の副作用に特別のものはないが、主に骨髄抑制と消化器症状である。骨髄抑制の程度は照射範囲内の赤色髄の全赤色髄に対する割合に依存する。一般に放射線治療独自で看護ケアを必要とする骨髄抑制は少ないが、化学療法併用時強く現れる。頸椎や胸椎に照射を受ける患者は、唾液腺の障害(口内炎、唾液分泌の低下)や上部消化器症状(食道炎、胃炎)を起こしやすい。骨盤や腹部の場合は、照射期間中に胃腸の急性障害に伴う吐き気、下痢、腹痛、腹部膨満感などの消化器症状を起こしやすい。照射野に膀胱が含まれている場合、放射線による膀胱の基底細胞への障害により、膀胱炎、尿道狭窄なども起こりやすい。骨の晩期障害として、骨折、骨壊死などがある。口腔内の晩期障害は、唾液腺の萎縮が起こる。唾液腺の障害(分泌の低下)はほとんど回復は難しい。消化管の晩期障害は比較的まれであるが、血管障害に起因する二次的変化であり比較的急速な血管閉塞によって潰瘍が生ずるか、または徐々に進行する微小循環障害により消化管の線維性狭窄が生じ保存的治療で改善しない場合は外科的処置が必要になる。

看護計画

Ⅰ.病態アセスメント

 照射野に含まれる臓器にも影響が出ることを知り、早期より対処していくことが大切である。照射する場合、照射野の皮膚障害を起こすこと可能性が高いので、常に念頭においておくことが大切である。頭蓋底では脱毛と皮膚炎を、頸椎から骨盤では皮膚炎を、また骨盤では特に陰部の粘膜も障害を受けるので早期から観察を行う。
頸椎から胸椎の場合、上部消化管に障害が起こることがある。このことにより、食摂取量の低下に伴い、低栄養状態、脱水、電解質異常を起こしやすい。また骨盤の照射でも下部消化管が障害され、下痢や膀胱炎などから低栄養状態を起こしやすい。このことに留意し、上部・下部消化器症状、食摂取量、下痢などの自覚症状を把握する。客観的指標として、体重の変化や血液データにも注意する。上記以外にも、頸椎の場合は、唾液腺も障害を受け、唾液分泌が抑制され、口腔内の自浄作用の低下が起こる。口腔内の症状の観察や、感染症状を観察する。胸椎・骨盤の場合は造血機能が盛んな胸椎や腸骨が障害されるため骨髄抑制が起こる。これにより患者は易感染状態に陥りるため、感染症状とバイタルサイン、血液データに注意する。また、骨盤の場合は、膀胱に影響をうけ膀胱炎をおこす。特に女性の場合は解剖学的理由からも膀胱炎を起こしやすいので、症状や、バイタルサインを治療の早期より注意していく。
骨に病変があることより、病的骨折をおこしやすいため生活行動や環境に注意する。骨転移による痛みも伴うこともあるため、痛みのアセスメントを行い、適切なペインコントロールを行う必要となってくる。脊椎の転移では、病状が進むと腫瘍が脊髄を圧迫して横断麻痺が起こることがある。特に頸椎の高いレベルでは、呼吸が止まるなど生命の危険にも関与するため、神経症状の出現にも着目する。また、骨病変は、他臓器からの転移ということが多いため、広がる病変に悲観的になっていたり、中には度重なる転移に対しての放射線治療となることもある。患者の不安やそれに起因する身体症状を早期に把握することが大切である。放射線治療が2回目以上の場合は、前回の照射の経過のイメージが悪いと今回の治療の受け入れが悪くなったりする。また、前回の照射の副作用の有無を知ることで今回の副作用も予測しやすいので、前回の情報も入手しておく。さらに、照射が終了しても再発に対しての不安を患者、家族とももっていることが多い。これに対する不安の把握も大切である。

「放射線療法と骨転移患者」の画像検索結果


スポンサード・リンク