スポンサード・リンク

(^O^)日本脳炎の話


( ´ ▽ ` )題名:日本脳炎の話

コガタアカイエカなどの蚊により、伝染します。

ウィルスを持つは人や豚を刺した蚊に刺されると感染するが、日本では、まれである。

高熱や頭痛、嘔吐があらわれます。

昏睡状態になり死亡することもある。

熱が下がっても意識が回復しなかったり、知能が低下したり、流行地域では、予防接種を受けることが大切である。

予防接種が努力義務となっていたが、呼吸停止などの重い副作用が報告されたことを受けて、厚生労働省は2005年5月に事実上の緊急中止勧告を出した。

 

日本脳炎は、日本脳炎ウイルスの感染によって起こる中枢神経の疾患です。

ヒトからヒトへの感染はなく、ブタなどの動物の体内でウイルスが増殖した後、そのブタを刺したコガタアカイエカ(水田等に発生する蚊の一種)などがヒトを刺すことによって感染します。東アジア、南アジアにかけて広く分布する病気です。

症状が現れずに経過する(不顕性感染)場合がほとんどですが、症状が出る場合には、6日から16日が間の潜伏期間の後に、数日間の高熱、頭痛、嘔吐などで発病し、引き続き急激に、光への過敏症、意識障がい(意識がなくなること)、けいれんなどの中枢神経障がい(脳の障がい)を生じます。

脳炎を発症した場合、20パーセントから40パーセントが死亡に至る病気と言われています。

(*゚∀゚*)参考文献

医療学習レポート.日本脳炎


スポンサード・リンク