スポンサード・リンク

(*^O^*)来談者中心療法の話


「来談者中心療法」の画像検索結果

(・_・;)題名:来談者中心療法の話

来談者中心療法とは、ロジャーズ(Rogers,C.R.,1902-1987)によって1940年代に開発され、彼や彼の共同研究者たちによって展開されてきたカウンセリング(もしくは心理療法)の立場です。ロジャーズは相談に来る人、来談者を、もともと「顧客」「依頼人」などの意味がある言葉、「クライエント」と呼ぶようにした。

カウンセラーが提供するであり、操作的でない人間関係の中で、人間が本来持っている自己実現傾向が開花していくこと、これこそがクライエントにとって本物の治療的変化のためには、クライエントの心理的成長が醸成されるような安心かつ受容的なカウンセリングの場を提供すること、クライエント中心療法が強調したのはこの点である。言い換えると、カウンセラーがするべきなのはクライエントに対し、原因の指摘や解決法の提供などではなく、クライエントが自分の問題に責任を持って取り組めるよう、今まさにクライエントが経験しつつあることを、解釈や分析抜きでそのまま受け止めて、その気持ちや見方など共感を持って理解していくことだとした。そして、そういった基本的な態度がカウンセラーには最も重要であると強調した。いわば従来の医学や精神分析などで特徴的であった、タテの権威的な治療関係を超えて、カウンセラーとクライエントが人として対等であるという、横の援助関係を明確に打ち出したのである。

来談者中心療法3条件

無条件の肯定的配慮

共感的理解

純粋性および自己一致

「来談者中心療法」の画像検索結果

(・.・;)参考文献

医療学習レポート.来談者中心療法


スポンサード・リンク