スポンサード・リンク

(~O~;)痴呆の話


(=_=)題名:痴呆の話

治療については様々な研究がなされているが、アルツハイマー型老年痴呆や脳血管性痴呆に代表的されるような痴呆のほとんどにおいて、いったん羅患すると治癒するのは困難であるのが現状である。

社会的対応として、環境的な整備や、福祉資源の向上などの課題は多い。

予防対策を考えていくことも今後はさらに必要になってくると思われる。

日本人の平均寿命は著しく延びて、男性では平均76歳、女性では平均82歳となり現在世界一である。

その老人の全人口に占める割合は2025年には4人に1人は65歳以上の老人であるという予測がされている。

その背景には医学の進歩や少子化が考えられる。

そして、今後30年間に現在60万人と推定される老年期痴呆は180万人に増加されると予測している。

痴呆の病態は疾患とは呼ばれないが、痴呆を疾患とすると今後これほどまでに増加する疾患は他にはないといわれている。

また、核家族化、デジタル化など社会の変容も痴呆の増加に関与しているのではないだろうか。

このような高齢化社会への移行や社会背景についても、医療に携わるものとして把握する必要があると思われる。

(・。・;参考文献

医療学習レポート.痴呆


スポンサード・リンク