スポンサード・リンク

(^O^)転倒と評価法の話


(@_@;)題名:転倒と評価法の話

転倒歴、歩行障害、バランス障害および下肢筋力の低下は、他の要因と比べて転倒に対する相対リスク比(オッズ比)が高いことが報告されている。

転倒予防教室などでは、Timed Up & Go Test(以下、TUG)2) 、Functional Reach Test(以下、 FRT)および膝伸展筋力が転倒評価として取り入れられている。

TUG と FRT は評価法としての感度や特異度が報告により異なる。

FRT に関 してはスクリーニングテストとしての判別性は低いとの報告がある。

膝伸展筋力においては、転倒経験のない者(以下、非転倒群)と転倒経験のある者(以下、転倒群)では有意な差は認められず、評価法として適切な変数ではないと報告されている。

転倒予防には転倒を回避するための敏捷性、いわゆる“身のこなし”が重要であると報告されている。

敏捷性はピラミッドの頂点に位置する能力とされ、筋・骨系や平衡性などの下位要素の総和で構成されている。

歩行を含んだ機能的移動能力は、TUG の遂行時間10 秒未満が自立歩行の目安とされる。

バランス能力は FRT で評価し、前方への最大到達距離は25 cm が目安とされている。

25 cm 前後では重心を前方移動しているとは限らないとの報告もある。

この結果を踏まえて34 cm以上では重心の前方移動をと もなったFRTが行われていると報告されている。

立位姿勢での外乱刺激に対するステッピング反応は若年者に比べると高齢者では反応時間が遅くなり、足の踏み換えスピードも遅くなると報告されている。

(^o^)参考文献

American Geriatric Society: Guideline for the prevention of falls in older persons. J Am Geriatr Soc, 2001, 49: 664-672.

Podsiadlo D, Richardson S: The timed “up & go” : a test of basic functional mobility for frail elderly persons. J Am Geriatr Soc, 1991, 39(2): 142-148.

Duncan PW, Studenski S, Chandler J, et al.: Functional reach: predictive validity in a sample of elderly male veterans. J Gerontol, 1992, 47: M93-98.

Shumway-Cook, Brauer S, Woollacott M: Predicting the probability for falls in community-dwelling older adults using the timed up & go test. Phys Ther, 2000, 80(9): 896-903.

Murphy MA, Olson SL, Protas EJ, et al.: Screening for falls in community-dwelling elderly. J Aging Phys Act, 2003, 11: 66-80.

Lin MR, Hwang HF, Hu MH, et al.: Psychometric comparisons of the timed up and go, one-leg stand, functional reach, and Tinetti balance measures in community-dwelling older people. J Am Geriatr Soc, 2004, 52(8): 1343-1348.

Skelton DA, Kennedy J, Rutherford OM: Explosive power and asymmetry in leg muscle function in frequent fallers and nonfallers aged over 65. Age Aging, 2002, 31(2): 119-125.

村永信吾,伊能幸雄:高齢者の敏捷性と理学療法.理学療法, 1999,16(9): 725-730.

山口宗明,山田義久,林田昌子:敏捷性の測定方法.理学療法,2005,22(1): 66-72

岡持利亘,飯田 裕:Up&Goテスト.理学療法,2005, 22(1): 129-136.

Weiner DK, Duncan PW, Chandler J, et al.: Functional reach: a marker of physical frailty. J Am Geriatr Soc, 1992, 40: 203-207.

藤澤宏幸,有末伊織,梁川和也・他:ファンクショナル・リー チにおける姿勢の最適化に関する研究―幾何学モデルによ る検証―.理学療法学,2008,35(3): 96-103.

木村容子,氏家伸也,江川建太・他:足指把持力と立位バ ランスの関係.理学療法学,2009,36: 1219.

Rogers MW, Kukulka CG, Brunt D, et al.: The influence of stimulus cue on initiation of stepping in young and adults. Arch Phys Med Rehabil, 2001, 82: 619-624.

Lord SR, Fitzpatrick RC: Choice stepping reaction time: a composite measure of falls risk in older people. J Gerontol A Biol Sci Med Sci, 2001, 56 A: M627-M632.


スポンサード・リンク