スポンサード・リンク

(/o\)血管内手術とアンギオの話


「血管内手術とアンギオ」の画像検索結果

経皮的に大腿動脈より頭蓋内血管にカテーテルを挿入し、目的の血管を閉塞・開通・拡張する治療である治療後、血栓形成、閉塞予防のため抗凝固療法を行なう

対象及び目的

  1. 脳動脈瘤:瘤内にコイルを留置し出血を予防する
  2. 脳動静脈奇形:ガンマナイフ治療可能な大きさに縮小させる
  3. 硬膜動静脈瘻:出血量を最小限に食い止め、術前処置として有用である
  4. 脳腫瘍:開頭術前の栄養動脈を塞栓し、手術の際の出血を軽減する
  5. 脳梗塞:血栓溶解する
  6. 脳血管狭窄症:狭窄している血管にステントを挿入し、拡張する

治療

1.血管内手術の種類と適応

 1)血管病変を塞栓物質により閉塞する

  (1)コイルによる閉塞:未破裂・破裂脳動静脈瘤、硬膜動静脈瘻、脳動静脈奇形など

  (2)NBCA(アロンアルファのようなもの)による閉塞:脳動静脈奇形など

 2)狭窄化した血管をバルーン内部より拡張する

     動脈硬化性血管狭窄、くも膜下出血後に生じる脳血管攣縮

 3)血管を閉塞させた血栓の近傍にウロキナーゼなどの薬剤を注入して溶解させる

     急性期脳梗塞

 4)狭窄した血管にステントを挿入し、拡張する

     血管が狭窄しており、脳梗塞になる可能性が高い

 5)開頭術時、大量の出血が予測される場合、腫瘍への血流を閉塞する

     脳腫瘍

2.抗凝固療法

 1)術中…マイクロカテーテルや塞栓材料による血栓塞栓症を防ぐ目的で、ヘパリン、スロンノンの全身投与を行う

 2)術後…血栓形成、閉塞予防のため、抗凝固・抗血小板剤を投与する

主な術後合併症

1.頭蓋内合併症

虚血性合併症、出血性合併症、脳浮腫、頭蓋内圧亢進、痙攣、感染

2.全身性合併症

1)造影剤によるショック、腎機能障害、血小板減少症など

2)穿刺部の血腫形成、末梢の循環障害など

看護計画

Ⅰ.病態アセスメント

 血管内手術術後の合併症(虚血性合併症、出血性合併症、頭蓋内圧亢進、痙攣、感染など)の発現を想定しつつ慎重な観察を行い、患者のバイタルサインズ、神経症状に変化が認められた場合には迅速に適切な処置を開始しなければならない。

「血管内手術とアンギオ」の画像検索結果


スポンサード・リンク