スポンサード・リンク

(o^・^o)ニューラプラキシアと一過性神経伝導障害の話


「ニューラプラキシアと一過性神経伝導障害」の画像検索結果

(*^。^*)題名:ニューラプラキシアと一過性神経伝導障害の話

末梢神経損傷の分類・・損傷は、原因および発生機序によって各々分類される。

①一過性神経伝導障害

②軸索断裂

③神経断裂

 

ニューラプラキシア(一過性神経伝導障害)

神経伝導に一部障害を認めるが、器質的には全く障害を認めないが(麻痺が変性などの器質的変化を伴わないもの)、あるいは髄鞘の一部にごく軽度の障害を認める状態で、軸索には異常がない。

そのため損傷部より近位での電気刺激には支配筋は反応しないが、損傷部の遠位の刺激に対しては筋収縮が生じる。

神経回復には損傷部からの再生神経の伸長を必要としないため、麻痺筋には損傷部からの再生神経の伸長を必要としないため、麻痺筋は損傷部からの距離とは無関係にほぼ同時に完全に回復する。

回復に要する時間は髄鞘の程度により、数分から数週である.正座の痺れや運動障害が最も軽い。

ニューラプラキシアは比較的軽度の牽引損傷の結果生ずる。

運動神経繊維は感覚神経繊維よりも障害を受けやすく、通常6週間以内に自然回復が見込まれる。

 

 

病態

1)神経の変性

Waller変性(神経細胞と分離された神経突起は死滅し、末梢側の神経線維全体に変性が発生する。

2)神経の再生

神経再生に関してはシュワン細胞とシュワンチューブの存在が重要で、再生してきた軸索はこれらの組織に導かれ末梢にいたる。

 

ニューラプラキシアの治療

運動麻痺が完全であるのに知覚障害が比較的軽微である。

筋力はしばしば同時に回復する。

その期間は3週~3ヶ月ほどである。

治療は自然回復を待つ。

 

(^0_0^)参考文献

医療学習レポート.ニューラプラキシアと一過性神経伝導障害


スポンサード・リンク