スポンサード・リンク

(o^・^o)モビライゼーションと効果の話


(´・ω・`)題名:モビライゼーションと効果の話

安静肢位あるいは実際の安静肢位におけるたわみを取り除く範囲内での牽引のモビライゼーションは、治療の選択肢として、症状をコントロールするためにまず試みられる治療である。これはマニュアルセラピストにとって患者を最も安全に処置できる手技で、適切に利用するならば非常に効果がある。たわみを取り除く範囲内での牽引のモビライゼーションによって痛みを軽減して、筋を弛緩させることが出来る。これらの効果は短期間であるが、それによって患者をさらにより持続性のある効果的な集中的治療へと進めることができる。また、滑液の粘性を正常にし、短縮した周囲組織よりも関節液によって関節の運動が制限されている症例において関節の運動を改善する。

たわみを取り除く範囲内での牽引に対して、痛みを和らげ、リラクセーションをもたらし、腫脹を軽減するような治療方式を付随するとその効果は顕著に出現する。

明白に神経根症状が、あるいはそのような可能性が疑われて重篤な疼痛がある症状に対して間欠的な牽引は最も安全で、神経根の障害に対して最も効果的な治療法である。

たわみを除去した範囲内での牽引によるモビライゼーションは血管組織を介して行われる代謝産物の交換の改善と、炎症のある神経組織からの老廃物の排除を改善することによって、神経根の刺激を軽減することが出来る。

第3段階の伸張によるモビライゼーションは、正常な関節の遊びを回復させるのに最も効果的な方法の一つである。短縮した組織のたわみの状態を超えて組織を伸張することによって伸張を増し、そして可動性を維持し、慢性の骨格筋の異常における進行性の硬直と運動の可動域の消失を遅らせることが出来る。

“(-“”-)”参考文献

医療学習レポート.モビライゼーションと効果


スポンサード・リンク