スポンサード・リンク

(o^・^o)片麻痺の運動障害と姿勢制御の話


「片麻痺の運動障害と姿勢制御」の画像検索結果

(*´з`)題名:片麻痺の運動障害と姿勢制御の話

現実の環境での適応行動の学習は、能動的に動くときと、受動的に動かされるときで違いがあるかである。

私たちが現実の環境の中で適応した行動がとれるのは外部の環境だけでなく、自分の状態を正しく知ることができるからである。

現実の世界の行動場面では、環境を知るということは、自己を知るということでもある。

自分以外の外部についての情報と自分の身体についての情報という2つのことが切り離せないかたちで共存している。

つまり知覚経験においては、外部の世界と自己という二つの世界が別々に存在するのではなく、自己の運動で環境を探索する。

環境から情報をピックアップして知覚し、それに応じて行動するというように常に作用して二つが一つになって分けられないかたちで存在している。

受動猫と能動猫の実験において、受動猫は正常な視覚運動と環境に適応した行為の学習がされなかった。

このことは私たちが現実的な生活場面で患者を治療するとき、患者が能動的に動くことが重要である。

他動的に介助して行っても知覚―運動行動の学習という活動にはつながらないことを意味している。

身体の動きは、知覚するための根源的な役割を果たすことになる。

現実の世界で様々な感覚モダリティを統合する共通感覚としての作用をすることになる。

「片麻痺の運動障害と姿勢制御」の画像検索結果

“(-“”-)”参考文献

医療学習レポート.片麻痺の運動障害と姿勢制御


スポンサード・リンク