スポンサード・リンク

(o^・^o)線維筋痛症の話


「線維筋痛症」の画像検索結果

(@_@;)題名:線維筋痛症の話

全身に激しい痛みが生じる病気である。

原因は不明であり、通常の医師が行なう血液検査では異常が現れない。

CTスキャン、MRIを検査しても異常がなく、この病気が診断できる特別な検査は今の所なく、治療法も確立されていない。

男性より女性が7倍と多く、中高年に発生率が高いと言われている。

しばしば膠原病などの自己免疫疾患と併発する。

 

症状

全身に激しい痛みが生じる。

痛みの種類は普通の人が日常経験する痛みと異なり、「電気が走るような痛み」や「ガラスの破片が流れるような痛み」などという表現で患者に形容される。

症状には個人差があり、軽度なら仕事を続けられる場合もあるが、重度の場合は日常生活に支障をきたし自力で生活できない場合がある。

症状が重くなると髪やつめに触っただけで痛みが走り、意識がもうろうとなり寝たきりになる。

通常の日常生活すら困難になる。

多くの患者に筋力の低下、運動能力の低下、筋肉の激しい疲労、関節痛、重度では立ち上がれない、起き上がれない、以前歩けた距離が歩けなくなるなどの症状が見られる。

そのため多発性筋炎と診断される事もある。

付随する症状として、こわばりや全身倦怠感と疲労感、頭痛、微熱、睡眠障害、抑うつ、筋力の低下、眼の奥の痛みなどがある。

この病は患者のストレスや精神状態が症状に与える影響が大きく、神経や精神状態の改善が症状を改善させるという臨床例が多く認められている。

この病は原因が不明で、患者の痛みの理由が周囲にわかりにくいことから、しばしば怠け病や詐病と周囲に誤解されやすいところが、患者のストレスを更に増加させるものと考えられる。

うつ病に対する場合と同様、周囲のこの病に対する理解が必要である。

発症してから初期は適切な治療を受ければ社会復帰も可能であり自然治癒する可能性がある。

しかし検査で異常がないため、長年病院を転々とするケースも多く、医師との信頼関係が築けずにPTSD(心的外傷)を起こし、それが引き金となって病状が悪化してしまう場合が多い。

発症から時間が経過する程治りにくいと言われている。

「線維筋痛症」の画像検索結果

(・.・;)参考文献

医療学習レポート.線維筋痛症


スポンサード・リンク