(~o~)10月1日火曜日の日記

(*^O^*)meal(*^O^*)

朝ごはんは、トースト2枚とコーヒー牛乳を食べました。

昼ごはんはパンとコーヒーを食べました。

晩ごはんは、魚を食べました。

 

(^0_0^)event(^0_0^)

火曜日は余裕をもってがんばります。

朝の準備を済ませると、電動自転車出勤です。

午前は病棟で働き、午後は外回りを行いました。

外回りは時間が早く感じます。

帰宅すると子供達をお風呂へ入れてご飯食べました。

毎日のルーティングワークですが、これが大事なんだと思います。

金融商品もたんたんと利益積み立ててるし、大事なのはコツコツだね。

 

(゜ロ゜)health(゜ロ゜)

普通とコツコツが意外と大事なんだと。

 

(>_<)study(>_<)

今日は、慢性関節リウマチ患者と社会活動について勉強しよう。

RA患者ではいわゆる勤め人の生活を営んでいる人は非常に少ないです。

これは、中年以上の女性に多く、職業に就く必要性が高くないという理由のほか、就業していた者でも移動能力の低下や体力の低下などで、発症後短期間で退職する例が多いという理由にもよります。

しかし、本人の希望が強く、家族の理解も得られるならば可能な限りADL能力の維持、あるいは改善をはかり、内職や自営の道をも含め、社会との接触を最大限に模索することをあきらめてはならないです。

趣味活動は、社会との接触を保つための手段であると同時に内的な豊かさを保つための重要な要素です。

長い間続けてきた趣味があればそれが続けられるように援助していきます。

本人の精神的なサポートを十分にしながら趣味の内容によって必要ならば自助具を工夫したり、手指使用上注意を促したり、作業時間の調整についてアドバイスを行い趣味継続の動作上の阻害因子を少しでも取り除くように指導します。

友人や仲間との交流の機会を多く作るよう援助するべきです。

外出できないまでも電話や手紙を活用する習慣があれば望ましいです。

また、友人の来訪の機会を閉ざしてしまうことのない様に留意しなければならない。

 

(@_@)count(@_@)

日記196日目です。