スポンサード・リンク

(^o^)4月22日月曜日の日記

(・・;)))meal(・・;)))

朝ごはんは、トースト2枚とコーヒー牛乳とおにぎりを食べました。

昼ごはんは、台湾まぜそばとランチパックと缶コーヒーを食べました。

晩ごはんは、豚のしょうが焼きを食べました。

 

(/。\)event(/。\)

自転車で職場行きました。

午前は外回りを行い、午後は病棟で勤務しました。

仕事をさらっと終わらし、帰路へ。

帰りにローソンでコーラを飲んで一服しました。

そのまま家へ帰るよりは、気持ちに余裕が持てます。

帰宅すると、小さな鯉のぼりが飾られていました。

食事と風呂を済まし、少し大きな鯉のぼりを飾り付けしました。

子供が、鯉のぼりの前で写真を撮ってくれと言ってきました。

0歳の頃、写真を撮ったこと覚えてるのかな。

子供たちが寝たあと、ゆっくり録画したテレビを見ました。

 

(T-T)health(T-T)

月曜日はまったり過ごすことが良い。

 

(^人^)study(^人^)

今日は、肝癌について勉強しよう。

肝癌は肝臓自体から発生した原発性肝癌と、他の臓器に発生し血管やリンパ管を通じて肝臓に転移した転移性肝癌に分類されます。

原発性肝癌のうちでは、肝臓の最も重要な働きをする肝細胞に由来する肝細胞癌が90%以上をしめます。

そして、肝臓から分泌される胆汁を輸送する胆管の上皮細胞に由来する胆管細胞癌が数%みられます。

小児の肝癌として胚芽腫があります。

良性の腫瘍で最も多いのが肝血管腫です。

肝細胞癌は肝炎ウイルスの感染が90%以上(B型肝炎ウイルス20%弱、C型肝炎ウイルス70%強)を占め、肝細胞癌発生に重要な役割を担っています。

また、アルコ-ルや喫煙も癌発生に関与していると考えられます。

肝細胞癌は多中心性発生することと血管侵襲により、肝内転移しやすく、再発率が極めて高く、多発例が多いです。

肝細胞癌の殆どは肝硬変や慢性肝炎を合併しており、肝硬変から高率に肝細胞癌が発生することが知られています。

ウイルス性肝炎では、肝硬変への進展を阻止する事が重要です。

 

(´・ω・`)count(´・ω・`)

日記34日目です。

スポンサード・リンク