スポンサード・リンク

o(T□T)o大脳基底核の話


「大脳基底核」の画像検索結果

尾状殻、被殻、淡蒼球、前障、扁桃核から構成される

新線状体(線状体) 尾状核と被殻
レンズ殻 被殻と淡蒼球

大脳基底核は、脳幹と大脳皮質の間に位置する神経回路で、大脳半球と同様で終脳の派生物である。

錐体外路系の中継核として、網様体と同様、中枢側の大脳(特に前頭葉)、末梢側の小脳や脊髄などと複雑に連絡し合い、筋緊張を保ったり、不随意運動をコントロール上で重要な役割をしている。

これには音声言語も含まれる。

大脳基底核は、脊髄運動ニューロンの活動をコントロールせず、視床を経由して、皮質活動領野に後ろ向きに投与することで運動機能に参加する。

大脳基底核の障害としては、不随意運動、運動弛緩あるいは運動低下、姿勢支持の障害、筋緊張の障害のがある。

入力部の線条体は大脳皮質からの興奮性の入力と、中脳からのドーパミン性の入力を受ける。

その出力は複数の抑制シナプス結合を経て大脳皮質に戻されるループ構造を持つ。

大脳皮質‐基底核ループは、運動野、前頭前野など異なる皮質領域を投射先とする並列的な構造を持つ。

精密な協調運動をするためには、大脳皮質‐基底核、視床‐間脳、赤核‐黒質、小脳の共同作業が必要となる。

大変勉強になりました。

「大脳基底核」の画像検索結果


スポンサード・リンク