スポンサード・リンク

o(T□T)o聴覚器の話


「聴覚器」の画像検索結果

(・.・;)題名:聴覚器の話

聴覚器は外耳、中耳、内耳に区別される。

①外耳

軟骨性の耳介と外耳道がある。

・外耳道…耳介から鼓膜に向かって緩やかにS字状に彎曲して走る。耳垢を作る腺があり、毛がわずかに生え、異物の侵入を防ぐ。

②中耳

鼓室(側頭骨内にある含気性の小腔)に存在。鼓膜(外耳と中耳の境界をなす)と中耳内の骨壁は上皮で覆われる。中耳の骨壁には、前庭窓(膜で閉ざされる)と蝸牛窓があり、内耳と連絡している。鼓室の後方は乳様突起の中にある乳突蜂巣という空洞と連絡する。

耳管(エウスターキオ管)は中耳と上咽頭をつなぐ管。中耳と上咽頭の気圧のバランスを調節する。通常、耳管は閉鎖しているが、嚥下運動によって開く。咽頭鼻部(上咽頭)の感染が耳介を介して鼓室に波及し、急性中耳炎を起こすことがある。

鼓室の中には3つの耳小骨(ツチ骨、キヌタ骨、アブミ骨)がある。耳小骨は鼓膜に当たった空気の振動を骨の振動に変換し、増幅する。

③内耳

聴覚と平衡覚の感覚受容器がある。

・骨迷路…側頭骨の錐体にある複雑な中腔構造。

前庭、半規管、蝸牛からなる。外リンパ液で満たされる。

内部には骨迷路とほぼ同じ形をした内リンパ液が入った膜性の閉鎖腔がある(→膜迷路)。前庭と半規管には平衡覚に関する受容器がある。蝸牛には聴覚に関する受容器が入っている。

・蝸牛…らせん状に巻いた蝸牛ラセン管からなる骨の腔所。隔壁によって蝸牛ラセン管は2つの階に仕切られる。

(ⅰ)前庭階は前庭窓に始まり、蝸牛頂で下の鼓室階に移行、蝸牛窓に終わる。前庭階と鼓室階は外リンパ液で満たされる。

(ⅱ)蝸牛管は蝸牛ラセン管の中にある。内リンパ液で満たされた膜迷路の一部をなす。管の底部には基底板があり、その上に感覚細胞が並んでいる。この感覚細胞の表面には小毛が生えているため、有毛細胞と呼ばれる。小毛は蝸牛管の内リンパに突出し、ゼリー状の蓋膜に接する。基底部では有毛細胞は蝸牛神経につながる。

「聴覚器」の画像検索結果

(^0_0^)参考文献

医療学習レポート.聴覚器


スポンサード・リンク