スポンサード・リンク

(p^-^)p小児白血病患児の話


「小児白血病患児」の画像検索結果

(*^。^*)題名:小児白血病患児の話

 小児期の悪性腫瘍のなかで最も発生頻度が高く、年間1000人の発症がある。発症のメカニズムについては、癌遺伝子についての研究が進んでいる。急性白血病の80%は、急性リンパ芽球性白血病(ALL)である。大きくT細胞系とB細胞系とに大別される。急性白血病の20%が急性非リンパ芽球性白血病=急性骨髄性白血病(ANLL)である。形態的に、FAB分類でM0-M7に分けられる。小児の全白血病の5%にすぎないが、慢性骨髄性白血病(CML)がある。最近では、単クローン抗体による白血球細胞の表面抗原の解析や染色体あるいは、遺伝子解析による詳細な分類が可能になり、その診断によって予後も異なるため、治療戦略には工夫が必要である。

病態アセスメント

 小児白血病は不治の病から治りうる疾患へと変貌し、小児白血病の看護も治療中心の看護から患児や家族のQOLを見据えたトータルケアーの時代に入ってきた。診断により悪性疾患の告知で家族のショックは計り知れない。又、患児にとって長期となる入院生活、さまざまな治療、検査、処置は苦痛を伴うものである。小児白血病の看護にかかわる医療者は、小児白血病治療に関する知識の他に、QOLを高めるためのトータルケアーの実態についても学び、QOLを考えた質の高い看護を提供できるようにしていく必要がある。(※QOLとは、人間らしく生きるための生活の質・その人自身が感じる生に対する満足度・命の輝き)

症状

 1.正常骨髄細胞の減少

白血病細胞の骨髄内での増殖のため正常細胞が骨髄から駆逐される(骨髄の占拠)。それによって3血球系統とも減少する。

1)赤血球の減少→貧血(顔面の蒼白)、呼吸困難

2)好中球の減少→細菌感染、発熱

3)血小板の減少→出血傾向(歯肉出血、紫斑など)

 2.白血病細胞の他臓器への浸潤

骨髄で増殖した白血病細胞はさらに他臓器へと浸潤し、多様な症状が出現する。

1)髄膜や脳実質への浸潤による意識低下、視力障害、難聴などの脳症状

2)内臓浸潤による臓器肥大(肝脾腫、腎腫下)

3)精巣、卵巣への浸潤による肥大

4)骨・関節への浸潤による骨折や関節痛

5)皮膚浸潤による発疹(皮膚白血病)

 3.細胞破壊の亢進

白血病細胞は一方的に増殖を続けるだけでなく、増殖する細胞が多い分、自壊していく細胞も多い。その結果、細胞のなかの酵素や尿酸などが肝・腎などの排泄器官の機能以上に高値となることがある。

1)GOT・GPT・LDHなどの上昇

2)尿酸の上昇による腎排泄障害、腎不全

3)播種性血管内凝固症候群(DIC)による出血、フィブリノーゲンの低下、FDPの上昇

検査

  • 定期的身体所見の観察
  • 骨髄検査
  • リンパ節生検
  • 血液一般検査
  • 胸部・骨のレントゲン撮影
  • 尿検査
  • CTスキャン

治療

 1.化学療法(多剤併用療法)

1)寛解導入療法(骨髄中の芽球を減少させる)

2)強化療法(骨髄中に残存している芽球を減少させる)

3)維持療法(芽球が再び増加しないようにする。身体の免疫機構が残存白血病細胞を排除してくれるのを維持する)

4)中枢神経系白血病予防療法(全脳放射線照射髄腔内注入:白血病性髄膜炎の予防。メソトレキセート、サクシゾンの使用。)

 2.骨髄移植

化学療法ではあまり期待できない白血病にたいして適応がある。大量の抗癌剤や全身放射線照射によって白血病細胞のみならず、正常な骨髄中の造血細胞を全て破壊した上で他人の正常な骨髄造血細胞を移植する。

 3.補助療法

貧血、易感染、出血に対して行なう新鮮血、あるいは血小板、顆粒球輸注。感染に対し、抗生物質の投与、無菌環境への隔離。他、治療によって起きる症状に対し、高カロリー補液、制吐剤の投与。

経過と管理

 1.診断、入院治療時期

子供の病気の重大さを知る両親の気持ちを思いやり、入院、治療に必要とする情報の提供し、困難な状況を乗り切れるよう医師と協力して援助する。検査、治療による著しい身体的苦痛と不快を最小限にするため、子供に応じた適切な援助が必要となる。発達段階に応じた日常生活への援助が必要である。

1)乳幼児期 → 生活そのものが遊びであるが、治療中でも楽しく遊べるよう喜びのある日常生活であるよう援助。

2)幼児期 → 基本的生活習慣の獲得の時期でもあり、症状に応じて生活習慣への適切な援助。

3)学童・思春期 → 学習が発達課題でもあり、子供の可能性を引き出す援助。気分転換やストレス発散の援助。

 2.退院、通院時期

退院後にも患児にとって良い状態が維持されるよう、退院に向けて指導を入院中から行ない、病棟から外来への看護の継続を行なう。

1)両親に対して → 悪化防止のための観察点の理解、感染防止の留意点、服薬、外来通院などについて指導する。退院後の予測される問題点を整理し、患児にとって最善であるよう相談に乗って対応する。

2)患児にとって → 普通の子供と同じ日常生活に戻れるよう、自信を持って行動できるように、可能な行動内容、禁忌を理解させる。

 3.再入院、入退院を繰り返す時期

両親に対して、子供のニーズにあった接し方ができるように援助する。子供に対して、長期入院によって生ずるストレスを配慮する。子供自身が疾患をどのように認識しているか把握し、納得のいく対応が必要とされる。

 4.ターミナル時期

子供の痛み、不快を軽減し、気持ちを安定させることが最も大切である。子供と両親が適切な関係であるよう援助する。

看護計画

Ⅰ.病態アセスメント

 白血病は正常な造血の抑制による貧血、出血傾向、白血球減少などによる易感染性、骨や関節痛、その他発熱や全身倦怠感、食欲不振などが症状としてあらわれ、経過によって症状や訴えは変化する。毎日の一般状態の観察(バイタルサインのチェック・出血斑及び出血傾向、児の機嫌や活動状況など)や検査結果をもとに、常に情報を正しく把握する必要がある。また精神的問題に対しては、親と患児それぞれに大きな援助が必要となる。年少児であれば、主に親への対応が中心となり、年長児では患児と親への対応となり、思春期にある児には患児自身の問題が深刻となることを念頭におき接することが大切である。

「小児白血病患児」の画像検索結果

(・_・;)参考文献

医療学習レポート.小児白血病患児


スポンサード・リンク